ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株】ハイテク中心に下落で全面安。大型テック中心に終始売られる展開。その中TSMCが過去最高益で大幅上昇!

おすすめ記事

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。

終始厳しい1日となちGAFAMを中心に大型テックが売られる展開になって全面安となっています。

ハイテク中心に下落で全面安。 大型テック中心に終始売られる展開。 その中TSMCが過去最高益で大幅上昇!

ハイテク中心に下落で全面安。 大型テック中心に終始売られる展開。 その中TSMCが過去最高益で大幅上昇!



*1

毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。

ブログを読みに来てくださってありがとうございます。

昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。

今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ

そうだね!では、まずは結論からまとめていきます。

【今日の結論】チェックポイント

f:id:umihiroya:20220106224340p:plain

 

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】主要指数は全面安になり、特にハイテクを中心としたNASDAQは大きく下落しています。その中でも大型ハイテク企業のGAFAM関連の銘柄が売られており、FANG+指数は-3.72%と大幅下落となっています。12月の生産者物価指数が発表され伸びが市場予想を下回っています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000は-0.76%となっています。
  • 【セクター】上昇したセクターは少なく、航空はデルタ航空の決算が良かったこともあり上昇しています。また公益、生活必需品、資本財とオルエコ関連が若干ですが上昇しています。多くのセクターが下落しています。中でもグロース株関連がかなり下落しておりARKやフィンテック、クラウド関連は大きく下落しております。また半導体、一般消費財、ヘルスケア、旅行、クリエネ、エネルギー、素材関連も下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は全体で-3.72%と大きく下落しています。10銘柄ともに下落し、特にテスラが-6.75%、エヌビディア-5.09%とひどい有様です。一番よかったAppleですら-1.90%とやられており大型テックには厳しい日となっています。
  • 【予定】決算が始まり、前期の業績なども加味した株価の動きになり不安定な相場が続くことが予想されますのでご注意ください。

 

 

【投資は自己責任】投資に対しての注意事項
投資に対しての注意事項…(クリックで下に詳細を表示します) この記事は私が投資している銘柄を中心に主要指数・セクター別の動きなどをまとめていきます。主に私が投資しているのはハイテクグロース株でありFANG+銘柄とNASDAQ100になります。
レバレッジ型の投資やハイテクグロース株には元本を大きく損なうリスクも有るためご注意ください。投資に対してはリスクを許容した上で投資してください。本記事・ブログにおいての個別銘柄・投資信託・ETFなどについては売買を推奨するものではありませんので予めご理解の上、お読みください。本ブログに掲載された銘柄において損失を被った場合においても責任は一切負いません。

 

先に言い訳をさせていください、出社前の朝の時間に作成しており誤字脱字・数字の間違いなどがある場合があります。帰宅後すぐに修正しますのでご承知の上お読みください

社畜はつらいわね

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

まずは、指数と私のパフォーマンスからお伝えします。

まずは指数からね

2022年1月13日の主要指数と投資成績

この項目では指数と私のポートフォリオの金額の増減をお伝えします。

 

主要指数

f:id:umihiroya:20210330000407p:plain

NYダウ DJX -0.48% 361.14
S&P500 .INX -1.42% 4,659.03
 NASDAQ総合 .IXIC -2.51% 14,806.81
NASDAQ100 NDX -2.57% 15,495.62
FANG+index NYFANG -3.72% 7,151.24
       
ラッセル2000 RUT -0.76% 2,159.44
日経平均 NI225 -1.39% 28,092.85
TOPIX INDEXTOPIX:TOPIX -1.52% 1,975.18
深セン総合 SHE:399106 0.00% 2,434.92
インドSENSEX指数 SENSEX 0.14% 61,235.30

 

 

今日は全体的に言えば、かなり下がってるね、FANG+なんか3.7%ってかなりきついね。

 

主要指数2022年1月13日

主要指数2022年1月13日



 

*2

私のポートフォリオのパフォーマンス

f:id:umihiroya:20211117004107p:plain

 

昨日の結果を踏まえて、私のポートフォリオのパフォーマンスはこの様になっています。

 

 

詳しい情報は、12時ごろに公開予定の「投資成績」の記事を御覧ください!

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

前日の投資成績はこちらから

 

umihiro.hateblo.jp

 

 

前日のデイリー記事はこちらから

 

※私のポートフォリオには「投資信託」が含まれているため前日の成績だけではなく前々日の結果が含まれています。

※元本を引いた運用損益の結果となっています。

あと、この数字には仮想通貨(暗号資産)の状況については組み込まれていなわよ

当ブログの投資成績につきましては資産管理、家計簿アプリのマネーフォワードを活用しています。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

 

気になるニュース

f:id:umihiroya:20211111231002p:plain

気になるニュースをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

個別銘柄のニュースについては「注目銘柄」で紹介します。

 

PPI 生産者物価指数

生産者物価指数 PPI

生産者物価指数 PPI

 

PPIは予想下回る前月比0.2%上昇、インフレ沈静化の兆しか
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 2021年12月の米生産者物価指数(PPI)は予想を下回る伸びにとどまった。エネルギーと食品の価格低下が指数を押し下げ、コスト圧力が和らぎ始めた可能性を示唆した。
  • 食品とエネルギー、貿易サービスを除くPPIは前月比0.4%上昇。前年同月比では6.9%上昇した。
  • 最も変動の大きい要素を取り除いていることから、一部のエコノミストはこの指標を重視している。
  • ガソリンと食品のコスト低下が12月の指数減速に反映された。
  • サービスの価格は前月比で上昇したものの、ペースは鈍化。
  • 資材と労働力の不足に輸送網の目詰まりが加わったことによる昨年の急激なインフレは、沈静化に向かう可能性が示唆された。
  • ただ新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染拡大が労働者を職場から遠ざけ、向こう数カ月の財価格に上振れリスクをもたらしている。
  • オックスフォード・エコノミクスのエコノミストらはリポートで、「PPIは予想を下回る上昇となり、明るいムードで1年を終えた」と指摘しつつ、「供給制約がなかなか解消されず、生産者物価はこの先も短期的に記録的な水準近辺にとどまるだろう。オミクロン株の急速な感染拡大がインフレ圧力をあおることを考慮すれば、なおさらだ」と解説した。
  • 12月は生産過程における比較的早い段階での物価を反映する中間財が、前月比で0.3%低下した。
  • この数字が下げたのは2020年4月が最後。前年比では12月に24.4%上昇した。

www.bloomberg.co.jp

 

アメリカ・PPI 生産者物価指数とは?
アメリカ・PPI生産者物価指数とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 労働省が発表する生産者物価指数(PPI)は、国内生産者が販売する商品やサービスの価格を測定する指標です。
  • PPIは製造段階別(原材料、中間財、最終財)や品目別、産業別などで分類されてます。
  • PPIが上昇していれば、インフレの傾向であり、逆に下落すればデフレの傾向と見ることができます。
  • PPIの変動は連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を推測する手がかりとなります。
  • 予想より高い結果となれば米ドルにとって買い材料とされますが、予想より低い結果であれば米ドルにとって売り材料と解釈ます。*3

 

失業保険申請数

f:id:umihiroya:20210625001443p:plain

 

 

米新規失業保険申請23万件、予想外の増加 オミクロン拡大で
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米労働省が13日に発表した1月8日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比2万3000件増の23万件となった。
  • 新型コロナウイルスのオミクロン変異株が流行する中、市場の減少予想(20万件)に反し増加したものの、労働市場がタイトな状況であることを示す水準にとどまっている。

jp.reuters.com

 

 

失業保険申請数とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米新規失業保険申請件数は、失業者がはじめて申請した失業保険給付の申請件数を測定する指標です。
  • 労働省によりまとめられ、毎週木曜日に発表されます。
  • 週次の失業保険申請件数は、速報性が高いため失業率や非農業部門雇用者数の先行指標として注目されており、雇用市場の健全性を測定する方法として使用されます。
  • 予想より高い数値は米ドルにとって売り材料であるとされるが、予想より低い数値は米ドルにとって買い材料であると解釈されます。*4

 

 

 

 

 

  用語解説などはこちらから

 

長期金利の動きと恐怖指数【VIX指数とVXN指数】

f:id:umihiroya:20211117004234p:plain

 

ここでは、ハイテクグロース株に大きく影響のある長期金利(米国10年債)の動きと、恐怖指数(VIX指数とVXN指数)をまとめます。

 

恐怖指数は投資家の心理状態を数値化しているものとして多くの投資家が参考している指数よ

長期国債(米国10年債利回り)

f:id:umihiroya:20211118223342p:plain

 

米国債2022年1月13日

米国債2022年1月13日



 

長期国債とグロース株の関係とは?
長期国債とグロース株の関係とは…(クリックで下に詳細を表示します) 基本的に長期国債と、グロース株については「逆相関」の関係があるといいます。長期国債が上がれば、グロース株が売られてグロース株の値段が下がってしまいます。
リスクの高いハイパーグロース株よりも安全資産である国債の利率があがればお金が「安全で稼げる」方に流れると行った感じです。

長期国債が上がっていくとハイテクグロース株にとっては逆風になっていくわ

一般的にハイテクグロース株とは逆相関関係にあると言われてるね

 

 

  金融の進化フィンテックとBNPLなど

 

恐怖指数

f:id:umihiroya:20211118223450p:plain

 
VIXの動き(S&P500)

VIX 15.27% 20.31

 

VXNの動き(NASDAQ100)

VXN 15.40% 27.05

 

かなり急上昇してるね…

 

VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)ついて
VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • VIX指数はS&P500VXN指数はNASDAQ100に対する恐怖指数です。
  • 平常時のVIXは、だいたい10〜20程度
  • 30を超えてくる場合は警戒領域
  • NASDAQ100の恐怖し指数を表すVXNは、だいたい30〜39程度(30台で推移)
  • 40を超えてくる場合は警戒領域
参考比較(VIX)
  • 2008年9月  リーマン破綻 48.4
  • 2008年10月 リーマンショック 89.53
  • 2020年3月 コロナショック 85.47
VIX指数は数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。別名「恐怖指数」とも呼ばれています。VIX指数はVolatility Indexの略です。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表しているボラティリティ指数になります。

 

米国株市場(S&P500)の状況

f:id:umihiroya:20211117004744j:plain

 

S&P500ヒートマップ

まずは、S&P500のヒートマップを御覧ください。

S&P500ヒートマップ2022年1月13日

S&P500ヒートマップ2022年1月13日



*5

 

 

S&P500グロース【IVW】orバリュー【IVE】

S&P500グロース -2.50% 79.22
S&P500バリュー -0.18% 158.77

 

全体的に下落しているんだけど、特にグロース株の銘柄が大きく売られてるね。

かなりグロース株にとって厳しい展開になってきてるね。

SPYのチャート

これはS&P500のETFである【SPY】のチャートになります

 

※【SPY】「SPDR S&P500 ETF」

 

ETF【SPY】とは?
SPYとは…(クリックで下に詳細を表示します) SPYは正式名称「SPDR S&P500 ETF」でNY【SPY】、東京証券取引所【1557】にも上場しています。1993年1月に設定されたS&P500(S&P 500 Index)に連動した米国において最初のETFです。

 

S&P500個別銘柄の上昇率上位

アラガン AGN 8.05 17.35% 医薬品企業。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の製造・販売に従事。米国内で約250種類のジェネリック医薬品を扱う ヘルスケア
コンチョリソーシズ CXO 0.86 6.83% 米国の石油・天然ガス会社。石油や天然ガス田の探査、取得、開発に従事する。 エネルギー
バイオジェン BIIB 236.67 5.03% バイオ医薬品企業。神経疾患治療の医薬品の開発・製造・販売に従事する。 ヘルスケア
クローガー KR 49.48 4.96% スーパーマーケット・薬局チェーン店を運営する企業。食料品店と薬局の併設するコンボ店、マルチ売場店、マーケットプレイス店、ディスカウント店に分類される。 必需品
アメリカン航空
American Airlines Group
AAL 19.34 4.54% 米国の大手航空会社。旅客事業と貨物事業をグローバルに展開する。 資本財
ボルグワーナー BWA 49.88 4.28% 米国の自動車用動力関連機器サプライヤー。主要製品はエンジンとドライブトレインで、軽自動車のOEMメーカー向けに製造。エンジン関連では、ターボチャージャー、タイミング・デバイスとチェーン製品、排出システムやガソリン点火技術を含む。 消費財
アライアンスデータシステムズ ADS 74.87 4.07% 米国のマーケティング企業。主に顧客ロイヤルティー・プログラムや航空会社マイル・プログラム、マーケティング戦略のコンサルティング、クレジットカード事業などのサービスを提供。 情報技術
ノルウェージャン・クルーズ・ライン NCLH 23.11 4.01% 米国のクルーズ船運航持株会社。すべてのクルーズ船において、フリースタイルクルージングと呼ばれる形式を取り入れ、リゾートスタイルの雰囲気と食事を提供する。 消費財
ギャップ GPS 18.43 3.83% 衣料品小売店。米国、欧州、アジア、中東、アフリカに直営店およびフランチャイズ店を展開 消費財
モルソン・クアーズ・ビバレッジ TAP 50.28 3.50% 米国の飲料メーカー。主に北米でビールの醸造・販売を行う。「クアーズ・ライト」、「ミラー・ライト」、「モルソン・カナディアン」、「カーリング」、「ブルームーン」などのビールのほか、スパークリングカクテル、ワインなどの酒類や清涼飲料水も製造・販売 必需品
ユナイテッド航空 UAL 48.17 3.50% 米国の航空持株会社。完全子会社ユナイテッド航空と地方航空会社を通じて乗客、貨物輸送を展開する。ユナイトテッド・エクスプレスは米国内の地域路線を運航。 資本財
バイアコムCBS VIAC 36.19 3.49% 米国のマスメディア企業。地方系列局とラジオ局も含む。 通信
プルトグループ PHM 56.93 3.47% 住宅金融サービス事業に従事。住宅建設事業は、一戸建て住宅、タウンハウス、コンドミニアム、デュープレックスハウス(2棟戸建)を開発、建設を行う。 消費財
SLグリーン・リアルティ SLG 81.31 3.11% 自己管理型の米国不動産投資信託会社。米国ニューヨーク市マンハッタンにオフィス物件を取得、管理、賃貸する。 不動産
レスメド RMD 251.70 3.08% 米国の医療機器メーカー。睡眠呼吸障害(SDB)およびその他の呼吸器疾患を治療、診断、管理するための医療機器を開発、製造、販売。 ヘルスケア
ユニバーサル・ヘルス・サービス UHS 133.05 3.05% 救急病院、問題行動医療センター、外科病院、外来手術センター、腫瘍の放射線治療センター、女性センターを米国内、プエルトリコ、米国領バージン諸島で運営。 ヘルスケア

 

S&P500個別銘柄の下落率上位

サービスナウ NOW 521.26 -9.09% 情報技術(IT)サービスを提供する米国のグローバル企業。ITサービス自動化アプリケーションのほか、HRサービス自動化アプリケーションを提供する。 情報技術
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA 1,031.56 -6.75% テスラは米国の電気自動車メーカー。電気自動車と関連製品の開発・製造・販売に従事する。 資本財
 エヌビディア
NVIDIA Corporation
NVDA 265.75 -5.09% グラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)などのビジュアルコンピューティング技術を提供。PC向けグラフィックプロセッサ「GeForce」とメモリ製品を販売する。 情報技術
アンシス
ANSYS, Inc.
ANSS 352.08 -4.88% 米国のCAE(コンピュータ支援設計)ソフトウエア開発会社。 情報技術
ダナハー DHR 292.05 -4.68% 計測装置と医療機器を扱う米国のメーカー。世界50カ国以上で事業を展開。環境用の測定装置、救急診断、病理診断、ライフサイエンス研究用の関連製品、歯科用機器を提供。 ヘルスケア
MSCI MSCI 533.41 -4.59% 投資意思決定支援ツールを提供。米国内外の証券の市場指数、不動産ベンチマーク、ポートフォリオ業績分析・管理ソフトウエアなどを提供 金融
マイクロソフト
Microsoft Corporation
MSFT 304.80 -4.23% 米国のソフトウエア大手。多様なコンピュータ向けにソフトウエアの開発、製造、ライセンス供与、サポートを展開。「ウィンドウズ」など。 情報技術
イントゥイット INTU 552.92 -4.22% 中小企業、消費者、会計専門家、金融機関に事業・財務管理ソリューションを提供する米国企業。 情報技術
アクセンチュア ACN 361.37 -4.19% アイルランドの経営コンサルティング企業。各業界に特化した経営コンサルティング、技術サービス、アウトソーシングサービスを世界中で展開。 情報技術
ケイデンスデザインシステムズ CDNS 163.16 -4.13% 米国の半導体開発用ソフトウェアメーカー。EDA、ソフトウェア、ハードウェア、検証IP製品などを開発する。 情報技術
ブロードリッジF BR 163.48 -4.08%   情報技術
フォーティネット FTNT 307.88 -4.02% 米国のネットワーク用セキュリティー・ソリューションのプロバイダー。 情報技術
ブロードコム AVGO 597.19 -3.99% シンガポールの半導体デバイス製造持株会社。主にアナログ半導体デバイスの開発者やサプライヤーに製品を提供する。主要市場はワイヤレス通信、有線インフラストラクチャーなど。 情報技術
コルボ QRVO 146.75 -3.98% 半導体メーカー。主にモバイル、インフラ、防衛・航空宇宙アプリケーション向けにコア技術および無線周波数(RF)のソリューションを提供。ガリウム砒素(GaAs)、窒化ガリウム(GaN系)、バルク弾性波(BAW)技術、製品およびサービスを提供する。 情報技術
サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック TMO 600.89 -3.89% 米国の科学関連サービス企業。 ヘルスケア
セールスフォース・ドットコム CRM 228.63 -3.87% ソーシャルテクノロジーを企業で活用するためのクラウドアプリケーション ・ プラットフォームを提供する会社。NYダウ銘柄。 情報技術
ツイッター
Twitter, Inc.
TWTR 38.70 -3.85% 米国のソーシャルメディア企業。個々のユーザーがインターネット上で「ツイート(つぶやき)」を発信しリアルタイムで意見交換できるプラットフォームのサービスを提供。 通信

 

 

投資が不安、苦手、勉強したくないという人はこの本を読んで毎日このブログをチェックすることとETFやインデックスファンドを購入しておけば大丈夫よ!

 

  インデックス投資とは?

 

 

 

 

ジャック・ボーグルとは?
ジャック・ボーグルとは…(クリックで下に詳細を表示します) ジョン・クリフトン・“ジャック”・ボーグルはアメリカ合衆国の投資家、実業家、慈善家です。世界初の個人投資家向けのインデックス・ファンドを設定した人物です。幅広い投資家に低コストで投資ができる機会を与えた人物としても知られています。「インデックス・ファンドの父」とも呼ばれています。経費率の比較的安価なETFで有名なヴァンガードグループを創設者です。2019年食道がんで死去。

 

世界の株価

f:id:umihiroya:20211117004919p:plain

 

ここでは、アメリカに上場(ADR)している世界の株式を中心に見ていきます。 主に、中国株・インド株を中心に見ていきます。

ワールドヒートマップ

ワールドヒートマップ2022年1月13日

ワールドヒートマップ2022年1月13日



*6

アメリカ以外のアメリカに上場している株式(ADR)の状況です。

台湾セミコンダクターがいいニュースが有って上がってるけど、他の半導体は連れ高にはならなかったね。

中国は真っ赤だね、ところどころ上がってる銘柄もあるけど相当厳しかったね。

 

中国の状況

中国株のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

中国株にも頑張ってもらわないとね。

 

  ATMX+とは?中国のFANG+?

 

インド株の状況

少額ながらインド株にも投資しているのでインド銘柄も見ていきます。

インド株銘柄のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

コロナや、宗教、貧富の差などに問題点はあるけど、これから魅力的な市場であることは間違いないので、インドにも今後とも注目していきたいですね

インドの個別株についてはこの記事で解説してるわよ

 

  インド銘柄まとめ

 



 

NASDAQ100の様子

f:id:umihiroya:20211116144150j:plain

 

ここでは、NASDAQ100に対しての分析を行います。

NASDAQに対して結構投資してるのよね?

iDeCo(イデコ)もそうだけど、レバナスや積立でもNASDAQ100に投資してるからね。かなり影響度合いは大きいよ

QQQのチャート

 

 

QQQとは?
QQQとは…(クリックで下に詳細を表示します) QQQはナスダック100指数の価格と利回りに連動する投資結果を提供するETFです。1999年3月に設定されてインベスコ社が運用しており、個人投資家からも人気のETFです。

 

 

NASDAQ100個別銘柄の騰落率上位

次にNASDAQ100銘柄のうちで騰落率が比較的高かった銘柄をピックアップしていきます。

 

NASDAQ100で上がった銘柄

バイオジェン
Biogen Inc.
BIIB $236.67 5.03%
パッカー
PACCAR Inc.
PCAR $95.32 3.00%
フォックス(クラスA)
Fox Corporation (Class A)
FOXA $40.07 1.99%
フォックス(クラスB)
Fox Corporation (Class B)
FOX $36.84 1.71%
キューリグ・ドクター・ペッパー
Keurig Dr Pepper Inc.
KDP $38.45 1.16%
ブッキング・ホールディングス
Booking Holdings Inc.
BKNG $2,458.98 0.94%
クラフト・ハインツ
The Kraft Heinz Company
KHC $37.65 0.94%
エクセロン
Exelon Corporation
EXC $56.49 0.89%
チャーター・コミュニケーションズ
Charter Communications, Inc.
CHTR $619.08 0.83%
コムキャスト
Comcast Corporation
CMCSA $51.28 0.65%
エクセル・エナジー
Xcel Energy Inc.
XEL $69.02 0.63%
アメリカン・エレクトリック・パワー
American Electric Power Company, Inc.
AEP $90.86 0.63%
ファスナル
Fastenal Company
FAST $60.75 0.61%
オライリー・オートモーティブ
O'Reilly Automotive, Inc.
ORLY $687.74 0.61%
マイクロン・テクノロジー
Micron Technology, Inc.
MU $95.62 0.54%
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
Walgreens Boots Alliance, Inc.
WBA $54.19 0.52%

 

NASDAQ100で下がった銘柄

マーベル・テクノロジー
Marvell Technology Group Ltd.
MRVL $78.65 -7.41%
デクスコム
DexCom, Inc.
DXCM $455.78 -7.06%
アトラシアン
Atlassian Corporation plc
TEAM $298.65 -6.84%
ペロトン・インタラクティブ
Peloton Interactive, Inc.
PTON $32.15 -6.78%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $1,031.56 -6.75%
メルカドリブレ
MercadoLibre, Inc.
MELI $1,131.01 -6.60%
京東 / ジェイディー・ドットコム
JD.com, Inc.
JD $71.44 -6.49%
ドキュサイン
DocuSign, Inc.
DOCU $130.59 -6.22%
モデルナ
Moderna, Inc.
MRNA $210.17 -5.71%
オクタ
Okta, Inc.
OKTA $202.00 -5.58%
エヌビディア
NVIDIA Corporation
NVDA $265.75 -5.09%
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ
Zoom Video Communications, Inc.
ZM $162.10 -5.01%
アンシス
ANSYS, Inc.
ANSS $352.08 -4.88%
ルルレモン・アスレティカ
Lululemon Athletica Inc.
LULU $336.27 -4.66%
拚多多/ピンドュオドュオ
Pinduoduo Inc.
PDD $57.62 -4.57%
網易 / ネットイース
NetEase, Inc.
NTES $101.17 -4.57%

 

やられかたがひどいねw

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次はセクター別の市場の動きを見ていきたいと思います。

▶▶セクター別に大きな動きがあるのか注目してトレンドを掴んでいきたいですね!

 

◆◆◆

 

 

 

 

セクター別の考察

本日のセクター別のパフォーマンスはこの様になっています。

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月13日

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月13日



*7

※下記のETFとは構成銘柄が違うため若干の乖離はあります。

 

注目セクター2022年1月13日

注目セクター2022年1月13日

上昇したセクター

上昇したセクターは少なく、航空はデルタ航空の決算が良かったこともあり上昇しています。また公益、生活必需品、資本財とオルエコ関連が若干ですが上昇しています。

航空 JETS $22.55 2.22%
公共事業 VPU $152.60 0.42%
生活必需品 VDC $199.46 0.28%
資本財 VIS $202.18 0.05%

下落したセクター

多くのセクターが下落しています。中でもグロース株関連がかなり下落しておりARKやフィンテック、クラウド関連は大きく下落しております。また半導体、一般消費財、ヘルスケア、旅行、クリエネ、エネルギー、素材関連も下落しています。

  

仮想通貨関連 CRYPTO -$0.05 -0.05%
GLD $170.16 -0.34%
不動産 XLRE $48.86 -0.35%
金融 VFH $101.35 -0.39%
インドETF INDA $48.30 -0.41%
素材 VAW $195.19 -0.68%
エネルギー VDE $87.83 -0.81%
クリーンエネルギー ICLN $19.57 -1.11%
通信 VOX $132.54 -1.20%
旅行 AWAY $24.01 -1.36%
金鉱株 GDX $31.24 -1.48%
ヘルスケア VHT $251.40 -1.73%
一般消費財 VCR $327.16 -1.80%
半導体 SOX $3,811.84 -2.29%
スポーツベッティング BETZ $23.28 -2.47%
Eコマース EBIZ $25.85 -2.82%
情報技術 VGT $430.00 -2.83%
AI&ビッグデータ AIQ $29.78 -3.59%
口コミ BUZZ $21.46 -3.59%
サイバーセキュリティ BUG $29.00 -3.65%
ソーシャルメディア SOCL $51.38 -3.89%
クラウド銘柄 CLOU $23.78 -4.00%
フィンテック FINX $35.83 -4.33%
ARKイノベーションF ARKK $79.98 -5.42%

 

セクターについて
セクターについて…(クリックで下に詳細を表示します) 産業分類について、S&P、FTSE Russellは11の産業分類を行っていますが、ヴァンガード社のETFを参考にさせていただきます。 不動産はスパイダーシリーズを採用しています。
  • エネルギー(Energy):【VDE】
  • 素材(Materials):【VAW】
  • 資本財(Industrials):【VIS】
  • 一般消費財(Consumer Discretionary):【VCR】
  • 生活必需品(Consumer Staples):【VDC】
  • ヘルスケア(Health Care):【VHT】
  • 金融(Financials):【VFH】
  • 情報技術(Information Technology):【VGT】
  • 通信サービス(Communication Services):【VOX】
  • 公益事業(Utilities):【VPU】
  • 不動産(Real Estate):【XLRE】
なお、現在の情勢を踏まえて、景気の回復などを中止するため航空業界【JETS】・半導体関係【SOX】、金価格【GLD】、旅行【AWAY】クリーンエネルギーETF【ICLN】5G関連銘柄を私が詰め合わせたオリジナルETFeコマース【EBIZ】スポーツベッティング【BETZ】フィンテック【FINX】ソーシャルメディア【SOCL】インドETFの「iシェアーズMSCIインドETF」【INDA】ARK社のARKK(後述)も追加しておきます。

 

注目セクターについては、セクター別の記事にて紹介しています。

  • 金融銘柄、フィンテック銘柄、BNPL銘柄
  • 中国株、インド株銘柄のADR銘柄
  • 半導体銘柄(半導体メーカー、半導体装置)
  • ワクチン銘柄(ワクチン銘柄と治療薬銘柄)
  • 仮想通貨関連銘柄(マイニング、取引所銘柄など)
  • eコマース銘柄(ネットショッピング関連銘柄)
  • 5G関連銘柄(通信など5G関連銘柄)
  • クラウド銘柄(SaaS企業やクラウド関連銘柄)
  • オンラインカジノ銘柄(スポーツベッティングやオンラインカジノ銘柄)
  • クリーンエネルギー銘柄
  • 旅行、航空銘柄(旅行関係、航空会社関連銘柄)

 

  12時ごろ公開予定の投資成績

 

 

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次は私が注視している主要銘柄になります。

▶▶ポートフォリオに対する影響力が大きい銘柄を中心に紹介していきます!

 

◆◆◆

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

AD:絶対に読んだほうがいい1冊
「ウォール街ランダムウォーカー」とは…(クリックで下に表示します) 投資家にとっての教科書であり、「ウォール街の教科書」と称される書籍です。 1973年に原著が発売されてからすでに半世紀以上が経過したいまでも増版されているロングセラーです。 投資を始めている人でこの書籍を読んでいない人は絶対に読むべき1冊です。 バブルの歴史やファンダメンタル対テクニカルやアクティ対パッシブなど詳しく書かれていると同時中身が古びない内容で書かれています。 特にこの本を参考にした記事や理論は多く、ベースとなる知識など投資家のまさに教科書的な存在として、ウォール街の教科書として書かれています。 読んだことがない人は絶対に読みましょう。

 

 

FANG+銘柄

FANG+銘柄

FANG+銘柄

 

この項目では主要銘柄の動きを見ていきたいと思います。

主に私が投資している個別銘柄やFANG+インデックス銘柄などを見ていきたいと思います。

私がメインと投資している銘柄のNASDAQ100への寄与度も高く、S&P500に対しても非常に影響力が大きい銘柄となっています。

今日のFANG+銘柄

今日のFANG+銘柄2022年1月13日

今日のFANG+銘柄2022年1月13日



今日のFANG+indexのパフォーマンスはこうなっています。

FANG+index2022年1月13日

FANG+index2022年1月13日

*8

内訳としてはこの様になっています。

テスラは絶好調でしたね!

アップルはなかなか上がってこないわね

 

アップル
Apple Inc.
AAPL $172.19 -1.90%
アルファベット
Alphabet Inc.
GOOGL $2,771.74 -2.01%
フェイスブック
Facebook, Inc.
FB $326.48 -2.03%
アマゾン
Amazon.com, Inc.
AMZN $3,224.28 -2.42%
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX $519.20 -3.35%
ツイッター
Twitter, Inc.
TWTR $38.70 -3.85%
百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $152.51 -4.30%
阿里巴巴集団 /アリババ
Alibaba Group
BABA $131.37 -4.40%
エヌビディア
NVIDIA
NVDA $265.75 -5.09%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $1,031.56 -6.75%

 

FANG+とは?

FANG+とは?

 

 

レバFANGがメインだとこれらの銘柄が重要になってくるからね!

かといって投資信託なんだし、個別で売買できるわけじゃないじゃん?

そうだけど、個別に注目しておくことは重要だよ。

 

FANG+の注目銘柄

 

テスラ【TSLA】

Tesla Inc

Tesla Inc

 

テスラ【TSLA】2022年1月13日

テスラ【TSLA】2022年1月13日



テスラ、インドのEV発売で「多くの課題」=CEO
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、インドでのEV発売について「(インド)政府と多くの課題について依然として作業を進めている」とツイッターに投稿した。
  • テスラは昨年、インドで輸入車の発売を計画。
  • インド政府に対してEVにかかる輸入税を減税するよう求めている。
  • 昨年10月にはモディ首相に減税を要請した。
  • マスク氏は具体的な「課題」の内容を明らかにしていない。
  • インドで昨年販売された乗用車240万台のうちEVはわずか5000台。
  • 高級モデルはさらに少ない。
  • インドはEVを含め、輸入車に最大100%の輸入税を課しており、アナリストはこの税率ではテスラ車を購入できる人は少ないと指摘している。
  • 一部のインド政府関係者は、国内でのEV生産を条件に優遇税制を検討する意向を示しているが、テスラはまず輸入車で市場の動向を探りたいと主張している。
  • 高級車大手メルセデスベンツは年内にEV「EQS」の組み立てをインドで開始する計画。

jp.reuters.com

 

 TSLA】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■テスラは米国の電気自動車メーカー。電気自動車と関連製品の開発・製造・販売に従事する。同社初の電気自動車はスポーツカー「ロードスター」、続いてセダン「モデルS」、SUV「モデルX」「モデルY」、新型セダン「モデル3」を展開する。充電・蓄電の電力システムも製造。地域別売上は米国が約50%を占める。本社はカリフォルニア州パロアルト。*9
  関連記事はこちらから

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

注目個別銘柄

f:id:umihiroya:20211118223700p:plain

 

 

気になる個別銘柄を見ていきたいと思います。

マイクロソフト【MSFT】

マイクロソフト【MSFT】

Microsoft Corporation

マイクロソフト【MSFT】2022年1月13日

マイクロソフト【MSFT】2022年1月13日



マイクロソフトがアップルからエンジニア引き抜き、半導体自社設計で
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米マイクロソフトはサーバー用チップを自社で開発する取り組みを拡充するため、ベテランの半導体設計者をアップルから引き抜いたことが事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。
  • 未発表の人事だとして関係者が匿名を条件に話したところでは、マイク・フィリッポ氏はマイクロソフトのクラウドコンピューティング事業「アジュール」グループでプロセッサーの開発に取り組む。
  • フィリッポ氏はアームやインテルで勤務した経歴も持つ。
  • マイクロソフトの広報担当はフィリッポ氏の採用を確認した。
  • こうした動きはマイクロソフトがアジュール用サーバーのチップを自前で開発する取り組みを加速していることを示唆する。
  • クラウド分野でマイクロソフトのライバルであるアルファベット傘下グーグルやアマゾン・ドット・コムは、同様の取り組みで先行している。
  • 半導体自社設計へのシフトは、マイクロソフトと長年提携してきたインテルアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の立場を弱める可能性がある。インテルの株価は12日、このニュースを受けて一時2%下落。
  • AMDは1.1%下げる場面もあった。アップルにとっては、フィリッポ氏の退社は有力エンジニアをまた1人失うことを意味する。
  • 同氏はインテルで5年間勤務した後、アームで10年間、半導体設計のトップとして勤務し、2019年に半導体設計者としてアップルに入社していた。
  • ブルームバーグは20年に、マイクロソフトがサーバー向けプロセッサーの自社開発を進めていると報じていた。

www.bloomberg.co.jp

 

マイクロソフト、「Xbox One」の生産終了
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • オンラインニュースサイトのVergeは13日、米マイクロソフトがゲーム機「Xbox One」の生産を停止したと伝えた。
  • 次世代機の生産に注力するためという。マイクロソフトのゲーム部門の幹部の話として伝えた。
  • それによると、マイクロソフトは2020年にXboxの「シリーズX」を発売するのに先立ち、「One X」、「One S」の生産を終了した。
  • ロイターはマイクロソフトにコメントを求めたが、現時点で返答はない。
  • 自動車、エレクトロニクスなどさまざまな業界が昨年から深刻な半導体不足に陥っている。
  • 昨年11月、日本経済新聞は、任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2022年3月期の生産が、半導体などの部材調達難で当初計画を20%下回る見通しと伝えている。

jp.reuters.com

 

  MSFT】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■マイクロソフトは米国のソフトウエア大手。多様なコンピュータ向けにソフトウエアの開発、製造、ライセンス供与、サポートを展開。「ウィンドウズ」、サーバー、パソコン、OS、クライアントやサーバー環境向けアプリケーション、業務自動化・効率化アプリケーション、ソフトウエア開発ツールに加え、家庭用ビデオゲーム機器、タブレットを提供。本社はワシントン州。*10

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

台湾セミコンダクター【TSM】

台湾セミコンダクター【TSM】

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.

台湾セミコンダクター【TSM】2022年1月13日

台湾セミコンダクター【TSM】2022年1月13日



TSMC、需要旺盛で第4四半期は過去最高益 設備投資を約3割拡大へ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が13日発表した2021年第4・四半期決算は、純利益が前年比16.4%増加し、過去最高となった。
  • スマートフォンやラップトップパソコン用などの半導体需要が好調で、市場予想を上回った。
  • また、先端半導体を製造するため、今年の設備投資を少なくとも昨年比で約3割増やし、400億─440億ドルとする方針を明らかにした。
  • 21年の設備投資は300億ドルだった。
  • 第4・四半期の純利益は1662億台湾ドル(60億1000万米ドル)。
  • リフィニティブがまとめたアナリストの平均予想は1616億台湾ドル。前年同期は1428億台湾ドルだった。
  • 新型コロナウイルス禍の影響で世界的に半導体が不足し、自動車メーカーやエレクトロニクス製品メーカーは減産を迫られる中、TSMCなどの半導体メーカーの受注は高水準を維持した。
  • 売上高は24.1%増の157億4000万ドル。自社予想レンジ(154億─157億ドル)の上限をわずかに上回った。
  • 前年同期は126億8000万ドル。
  • TSMCは昨年10月、半導体の供給不足が今年も続くとの見通しを示した。魏哲家(C・C・ウェイ)最高経営責任者(CEO)は13日のオンライン決算会見で、5Gを含む新技術に伴う旺盛な半導体需要に支えられ、自社が「より高次の構造的成長期」に入っていると指摘。
  • 今年の生産能力が引き続き逼迫し、長期的に需要が維持されるとの見通しを示した。
  • 富邦のアナリストは1月上旬のノートで「受託生産能力がフル稼働しており、TSMCの短期的な受注見通しは引き続き健全だ」と指摘している。
  • TSMCは、新技術により堅調な半導体需要が続く「数年にわたる業界メガトレンド」と呼ばれる状況にあるとし、今後数年間の売上高の年平均伸び率目標を10─15%から15─20%に引き上げた。
  • ウェイ氏は、数年以内に半導体供給が過剰になるという市場の懸念を一蹴。
  • TSMCが市場の調整を乗り切る上で、電気自動車などハイテク機器における「シリコンコンテンツ」の大幅な増加が追い風になると述べた。
  • また「仮に調整が起きたとしても、TSMCの技術面の主導的地位と構造的なメガトレンドにより、当社への影響は少ないだろう」と語った。
  • TSMCは粗利益率の長期目標を従来の「50%以上」から「53%以上」に引き上げた。第1・四半期について、売上高レンジを166億─172億ドルと予想。
  • 前年同期は129億2000万ドルだった。
  • 通年では米ドルベースで20%台半ばから後半の成長を見込んでいる。
  • TSMCの株価は今年に入ってから約7%上昇し、時価総額は6180億ドルに達している。13日は決算発表を控え0.15%高で終了。
  • 市場全体の上昇率0.33%を下回った。

jp.reuters.com

 

  TSM】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■台湾セミコンダクター・マニュファクチャリングは台湾の半導体ファウンドリーメーカー。集積回路(IC)とその他半導体デバイスの製造、販売、実装、検査、組み立て、コンピュータ支援設計に加え、フォトマスクを製造。CMOSロジック、ミックスドシグナル、高周波、組み込みメモリ、イメージセンサー、BiCOウMSミックスドシグナルICなどを扱う。*11

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ブラックストーン【BX】

Blackstone Group LP

Blackstone Group LP

 

ブラックストーン【BX】2022年1月13日

ブラックストーン【BX】2022年1月13日



豪クラウン、ブラックストーンの修正買収案支持の公算 65億ドル
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • オーストラリアのカジノ運営クラウン・リゾーツは13日、米プライベートエクイティ(PE)大手ブラックストーンが提示した最新の88億7000万豪ドル(64億6000万ドル)の買収提案について、より良い条件の提案が出てこない限り取締役会が支持するとの見方を示した。
  • ブラックストーンは、昨年提示した3度目の提案が「魅力的な価値」でないとクラウンから拒否されていた。
  • 4度目となる買収条件はクラウン株1株当たり13.10豪ドルで、前回から5%近く引き上げた。
  • 関係筋がロイターに語ったところによると、クラウン創業者で60%近くを保有するジェームズ・パッカー氏を含む大株主がブラックストーンによるデューディリジェンス(価値査定)を支持したのに伴い、条件引き上げで合意した。
  • 1月中に正式合意する可能性もあるという。クラウン株37%を保有するパッカー氏の会社コンソリデーテッド・プレス・ホールディングス(CPH)は、提案の発表を歓迎し、さらなる進展を待っていると述べた。
  • 9.2%を保有する運用会社パーペチュアルは、より良い条件の提案が出なければ修正案を支持する方針を示した。ブラックストーンはコメントを控えた。

jp.reuters.com

 

  BX】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ブラックストーン・グループは米国の投資ファンド運用会社。グローバルな代替資産運用および金融顧問サービスを提供する。代替資産運用事業ではプライベートエクイティファンド、不動産ファンド、ヘッジファンド、セカンダリーファンドなどを扱う。また、金融・戦略的顧問、企業再編・再構築顧問、キャピタルマーケットなどのサービスも手掛ける。*12

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ボーイング【BA】

ボーイング【BA】

Boeing Co.

ボーイング【BA】2022年1月13日

ボーイング【BA】2022年1月13日



ボーイングが上昇 737MAXが中国で月内にも運航再開と報じられる
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • ボーイングが上昇しており、ダウ平均をサポートしている。
  • 中国で運航停止となっている737MAX型機が、月内にも運航を再開する見通しだと伝わっている。
  • ブルームバーグが関係者の話として伝えた。
  • 中国では墜落事故により2019年3月から同型機の運航停止措置が続いている。
  • 中国の海南航空が今月9日に737MAXの準備飛行を行っており、数週間以内に運航を再開する兆しだという。
  • 具体的な運航再開日は明らかにされておらず、春節(旧正月)の連休も迫っていることから、再開は遅れる可能性もあるとも伝えている。

us.kabutan.jp

 

  BA】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ボーイングは米国大手の航空機メーカー。民間航空機部門は737、767、777、787型機を含む商業用ジェット機の製造や技術サポートを展開する。軍用機部門は「A160ハミングバード」や「AH-64アパッチ」など各種軍用機の製造や保守を行う。また通信ネットワークシステム、ミサイル防衛システム、有人宇宙飛行・着陸システムの開発、製造、サービスを展開する。*13

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

レナー【LEN】

Lennar Corp

Lennar Corp

レナー【LEN】2022年1月13日

レナー【LEN】2022年1月13日



レナーが上昇 50%増配を発表
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 住宅建設のレナーが上昇。
  • 前日引け後に四半期配当の50%増配を発表した。
  • 次回の四半期配当を1株0.375ドルに引き上げ、年配当を従来の1ドルから1.50ドルに引き上げる。
  • 1月27日時点の株主に対して、2月10日に実施する。

us.kabutan.jp

 

  LEN】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■レナーは大手の住宅建築業者。住宅建設事業は一戸建て住宅、連棟式住宅を「レナー」のブランド名で建設、販売するほか、宅地の仕入れ、開発、販売を行う。フロリダ、カリフォルニア、テキサス、ニュージャージー、メリーランド、バージニア、アリゾナ、コロラドなどで事業を展開。住宅購入者に住宅ローンを提供するほか、権原保険と住宅購入契約手続きを手掛ける。*14

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

ヴァージン・ギャラクティック【SPCE】

ヴァージン・ギャラクティック【SPCE】

Virgin Galactic Holdings Inc

ヴァージン・ギャラクティック【SPCE】2022年1月13日

ヴァージン・ギャラクティック【SPCE】2022年1月13日

こんなひどいチャートになってたんだねw

宇宙旅行どころか、海底に潜ってそう…



ヴァージン・ギャラクティックが大幅安 シニア転換社債を私募で発行
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 宇宙ロケット開発のヴァージン・ギャラクティックが大幅安。
  • 2027年満期のシニア転換社債を4.25億ドル私募で発行したと発表した。
  • アナリストからは、同社は潜在的な金利の不確実性に先立って、バランスシートを強化しようとしている可能性が高いとの声も聞かれる。
  • 同アナリストは2024年まで増資は必要なかったと考えていたという。

us.kabutan.jp

 

  SPCE】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングスは米国の航空宇宙事業持株会社。子会社を通じ、民間の個人や研究者のための有人宇宙飛行の商業化を目指す。数分間にわたる無重力体験と宇宙から見た地球の景観を含む特別な体験を顧客に提供するため、宇宙飛行システムの開発に注力する。本社所在地はニューメキシコ州ラスクルーセス。*15

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

注目決算の銘柄

f:id:umihiroya:20211118223738p:plain

 

 

注目の決算が行われております。

主要かつ、注目決算をピックアップしてお伝えしていきます。

 

デルタ航空【DAL】

デルタ航空【DAL】

Delta Air Lines Inc

デルタ航空【DAL】2022年1月13日

デルタ航空【DAL】2022年1月13日



デルタ航空が決算受け上昇 感染の影響も第2四半期は黒字回復を見込む
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • デルタ航空が取引開始前に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想の範囲内となった。
  • オミクロン株の感染拡大の影響で需要回復が60日間遅れていることも明らかにし、第1四半期については赤字の見通しを示した。
  • ただ、株価は上昇して始まっている。
  • 同社のバスティアンCEOはインタビューで、「弊社の運航は先週に安定し、休暇前のパフォーマンスに戻った。春と夏の旅行シーズンには自信を持っており、個人旅行と企業の出張の需要が大幅に増加している。2月21日のプレジデンツ・デー以降の予約パターンは非常に堅調だ」と述べた。
  • 第1四半期については赤字を見込んでいるものの、第2四半期には黒字に戻るとしている。

us.kabutan.jp

 

  DAL】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■デルタ航空は米国大手航空会社。アトランタを拠点とし、自社便および提携便を含め世界中へのネットワークで定期旅客便の運航と貨物輸送サービスを展開する。米国から中南米やカリブ海諸国へのアクセスも良好。同社はスカイチームの創立メンバーで、スカイチーム・アライアンスおよびコードシェア便を含み、世界の約100カ国、約500都市に運航する。*16

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

KBホーム【KBH】

KB HOME

KB HOME

KBホーム【KBH】2022年1月13日

KBホーム【KBH】2022年1月13日



KBホームが決算受け大幅高 22年度のガイダンス堅調
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 住宅建設のKBホームが大幅高。
  • 取引開始前に10-12月期決算(第4四半期)を発表しており、売上高は予想を下回ったものの、1株利益は予想を上回った。
  • 住宅の粗利益率も24.8%と予想を上回っている。
  • 2022年度通期の住宅販売は72億ー76億ドル、平均販売額は48万ー49万ドルを見込んでいる。
  • 粗利益率は25.4-26.2%を予想。
  • 今回の決算を受けて目標株価を引き上げるアナリストも相次いだ。
  • 22年度のガイダンスは堅調で、多くの面でポジティブな驚きがあったとしている。

us.kabutan.jp

 

  KBH】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■KBホームは米国の大手住宅建築会社。住宅地域、都市近郊、複合用途開発地域の住宅建築に従事する。住宅の新規購入者、買換え購入者及び定年退職者を対象に、注文住宅や省エネ住宅等の一戸建て住宅、2戸連棟住宅、タウンハウス、コンドミニアムなど様々な住宅を提供。また、購入者に住宅ローンや各種保険などのサービスの提供も行う。本社はロサンゼルス。*17

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

 

 

 

 

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】主要指数は全面安になり、特にハイテクを中心としたNASDAQは大きく下落しています。その中でも大型ハイテク企業のGAFAM関連の銘柄が売られており、FANG+指数は-3.72%と大幅下落となっています。12月の生産者物価指数が発表され伸びが市場予想を下回っています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000は-0.76%となっています。
  • 【セクター】上昇したセクターは少なく、航空はデルタ航空の決算が良かったこともあり上昇しています。また公益、生活必需品、資本財とオルエコ関連が若干ですが上昇しています。多くのセクターが下落しています。中でもグロース株関連がかなり下落しておりARKやフィンテック、クラウド関連は大きく下落しております。また半導体、一般消費財、ヘルスケア、旅行、クリエネ、エネルギー、素材関連も下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は全体で-3.72%と大きく下落しています。10銘柄ともに下落し、特にテスラが-6.75%、エヌビディア-5.09%とひどい有様です。一番よかったAppleですら-1.90%とやられており大型テックには厳しい日となっています。
  • 【予定】決算が始まり、前期の業績なども加味した株価の動きになり不安定な相場が続くことが予想されますのでご注意ください。

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

 

 

参加お題
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

*1:サムネイル画像の見方:中央部に主要指数を表示しています。両側にセクター別にプラスとマイナスのセクターを表示しています。注目銘柄は今回の記事でニュース記事、決算情報などをピックアップした個別銘柄になります。また下部のFANG+の銘柄は右側がプラス、左側がマイナスとわかるようにしています。

*2: https://sekai-kabuka.com/shisuu.html 

*3:Investing.com

*4:I米国 失業保険申請件数Investing.com

*5:参照:https://finviz.com/map.ashx

*6:参照:https://finviz.com/map.ashx

*7:参照:https://finviz.com/groups.ashx

*8:GoogleFinanceより

*9:ヤフーファイナンスより

*10:ヤフーファイナンスより

*11:ヤフーファイナンスより

*12:ヤフーファイナンスより

*13:ヤフーファイナンスより

*14:ヤフーファイナンスより

*15:ヤフーファイナンスより

*16:ヤフーファイナンスより

*17:ヤフーファイナンスより