ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

CLOUとは?クラウド中心のETF|QQQを上回る成長率に期待【米国株ETF】

おすすめ記事

 

米国株のETF「グローバル X クラウド コンピューティング ETF」ティッカーシンボルは【CLOU】の解説を行っていきたいと思います。

 

 

CLOUはナスダックに上場しているクラウド事業を行っている企業に分散投資できるETFです。 『 Indxx・グローバル・クラウド・コンピューティング・インデックス 』に連動する投資成果を出すよう設計・運用されています。

 

特質すべきは、AmazonやGoogleを含んだ人気のETFである【QQQ】を上回る成長期待ができることになります。(チャートは後述しております)

 

f:id:umihiroya:20200719023159p:plain

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

f:id:umihiroya:20200706222228p:plain

運用会社は「Global X Management Company」というところです。

 

CLOUは歴史の浅いETF

設立は、2019年4月とまだ歴史の浅いETFです。

 

設定以来の伸び率は40%を超えています。

 

 

  関連記事はこちらから

 

 

CLOUのチャート

 

設立が直近のため長いデータは取れませんが、年初以来確実に成長を遂げています。 2020年はすでに、33%の伸び率を見せています。 *1

 

よく比較される、NASDAQの上位100銘柄のインデックスファンドのQQQのチャートです。

 

 

最近では、クラウドやSaaS銘柄も落ち着きを見せているので押し目とも言えるかもしれません。

経費率は高め

経費率は0.68%とやや高めの設定となっています。

配当も期待できない銘柄ですので完全に売却益狙いの投資となります。

 

  関連記事はこちらから

 

【CLOU】の構成銘柄

【CLOU】の構成銘柄2022年6月13日

【CLOU】の構成銘柄2022年6月13日

構成銘柄は、クラウド事業を行っている企業になります。

有名所で言えば、セールスフォースや、ネットフリックス、ビデオ会議システムの「ZOOM」なども組み込まれています。

デジタルオーシャン DOCN 5.38
ズーム・ビデオ ZM 4.64
セールスフォース CRM 4.6
ドロップボックス DBX 4.51
ネットフリックス NFLX 4.33
アカマイ・テクノロジー AKAM 4.28
ペイコム・ソフトウェア PAYC 4.25
クオリス QLYS 4.17
アナプラン PLAN 4.08
デジタル・リアリティ・トラスト DLR 3.99
 Wix.com WIX  
 ワークデイ WDAY  
 ジースケーラー ZS  
SPSコマース SPSC  
ボックス BOX  
ファイブ9 FIVN  

 

 

※2022年6月14日現在

 

クラウド関連銘柄 前日比 騰落率

クラウド関連銘柄 年間 騰落率

【クラウド関連銘柄】週間&年間 騰落率マトリクス

 

 

CLOUが買える証券会社

f:id:umihiroya:20200708232221p:plain

 

【CLOU】は楽天証券、SBI証券、マネックス証券で購入することが出来ます。

 

  関連記事はこちらから

 

CLOUの弱点

  • GAFAMは含まれていない
  • コロナショック後からの急上昇後の利上げなどの影響によって急激に下落している銘柄が多く含まれている
  • アメリカ国外企業も組み込まれている

 

CLOUはGAFAM銘柄を含んだ人気ETF「QQQ」に勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮しています。

 

しかしながら、市場を牽引しているAmazonなどは構成銘柄に含まれていません。

さらに言えば、アメリカ企業以外の銘柄や、コロナショックから立ち直っていない銘柄も含まれています。

 

この3点がCLOUの弱点です。

 

  関連記事はこちらから

 

 

CLOUに投資する理由

f:id:umihiroya:20200714011756p:plain

 

GAFAMが含まれていないということは、GAFAM以外の銘柄でここまで株価を押し上げてきたという実績があります。

 

さらに時価総額がそこまで高くない銘柄が多いため非常に機動力があると言えます。

 

よって、新しいビジネスを展開するたびに、株価は暴騰する可能性を秘めたETFです。 確かに、リスクは大きい銘柄ですが、クラウド分野の成長性や市場規模の拡大によってこれらの銘柄が火を吹く可能性はまだまだあります。

 

設定が2019年と浅く、まだ取得単価も安いため買いやすいということもあります。 私位は、QQQはさすがに高くあまり枚数が買えなかったのでCLOUである程度利益が見込めたら早めに利確をしようと思っています。

 

ただ、長期でホールドする場合も市場がこれから大きくなっていく業界であるためある程度のリターンは見込めると思います。

 

ただ株式市場が落ち着きを取り戻し、成長を織り込んだ現在のハイテク産業の銘柄が売られる様になったときは株価の値上がりも鈍化するかもしれません。

 

CLOUの株価を毎日ウォッチします

米国株の様子を振り返る記事を毎日(市場が空いた日の日本時間の朝)に公開しています。

仕事に行く前に書いているので情報量はそこまでは多くないですが一生懸命書かせてもらっています。

その際にセクターでも「CLOU」をウォッチして動向を探っていきたいと思っています。

良かったら一緒にチェックしていきましょう。

 

 

 

 

 

  毎日更新!米国株の振り返り記事

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事はこちらから

 

 
 
  関連記事はこちらから

 

  関連記事:お金に関する記録
●この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。投資の参考にしてみてください。 ●こっち記事は、毎月の収支を家計簿として記録しています。給料から支出も公開しています。特に社会人の人は参考にしてみてください。

 

 

 

参加お題