ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【SOXX・SMH比較】半導体に連動したテーマETF【米国株ETF紹介】

おすすめ記事
  • 最終更新日時:

 

今回は米国株の2種類の半導体銘柄のETF【SOXX】【SMH】を紹介していく記事になります。

今回の銘柄の正式名称は

  • 「【SMH】ヴァンエック ベクトル半導体ETF」
  • 「【SOXX】iシェアーズPHLXセミコンダクターETF」

2つのETFを比較しながら紹介してきます。

 

f:id:umihiroya:20210425112900p:plain

 

※このブログではティッカーシンボルはカッコ【】の中に記載しています。

 

ティッカーシンボルとは?
ティッカーシンボルとは…(クリックで下に詳細を表示します)ティッカーシンボルは欧米の金融商品取引所に上場する際につけられるコードのことです。アルファベットで1文字から4文字程度の企業や商品、サービスなどに由来した文字をつけることが多いです。日本の取引所では4桁の数字で表示されています。

 

  【SOXX】【SMH】の特徴
  • 【SOXX】と【SMH】は、ともに半導体銘柄の詰め合わせパック。
  • 【SOXX】はPHLXセミコンダクター・セクター指数に連動します。
  • 【SMH】MVIS米国上場半導体25インデックスに連動する。

 

 

  関連記事はこちらから 私のポートフォリオ

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

よかったらフォローお願いします。

 

目次

 

ETF【SOXX】と【SMH】とは

ETF【SOXX】と【SMH】の概要

【SOXX】iシェアーズPHLXセミコンダクターETF

PHLXセミコンダクター・セクター指数に連動すします。

アメリカを中心として半導体を主力とした企業に分散投資ができます。

アメリカ国内の企業だけはなく台湾セミコンダクター【TSM】やASML(オランダ)【ASML】の割合が非常に高くなっています。

 

詳しい構成銘柄についてはあとで紹介します。

 

【SMH】ヴァンエック・ベクトル半導体ETF

MVIS米国上場半導体25インデックスに連動します。

半導体セクターを中心に米国で上場している企業に投資します。(時価総額または流動性の高い企業)

セクター別にみると、多くは情報技術に属しています。

各銘柄の保有率は20%以下となっています。

【SOXX】と【SMH】の経費率

f:id:umihiroya:20210426022301p:plain

【SOXX】の経費率
  • 0.48%
【SMH】の経費率
  • 0.35%

殆ど変わらないわね

【SOXX】と【SMH】のチャート

【SOXX】のチャート

 

【SMH】のチャート

 

【SOXX】と【SMH】の設定日

【SOXX】の設定日
  • 2001年07月10日
【SMH】の設定日
  • 2011年12月20日

SMHのほうが10年くらい新しいのね!

【SOXX】と【SMH】の組み込み銘柄数

【SOXX】の組み込み銘柄数

組み込まれた個別銘柄数は約30銘柄です。

 

【SMH】の組み込み銘柄数

組み込まれた個別銘柄数は約25銘柄です。

個別銘柄につきましては下記でご紹介します。

【SOXX】と【SMH】の運用額

【SOXX】の運用額
  • 6,270,298,690ドル(約620億ドル:6兆2000億円)
  • 2021年3月23日現在
【SMH】の運用額
  • 52億ドル(5200億円)
  • 2021年3月24日現在

 

SOXXはかなり大きいETFなのね

運用している金額が多いほど安心できるね

優秀な結果を出していれば自ずと資金は集まるものよ

【SOXX】と【SMH】の上場市場

【SOXX】と【SMH】は、ともに「NASDAQ」に上場しています。

 

ナスダック(NASDAQ)とは?
ナスダック(NASDAQ)とは…(クリックで下に詳細を表示します)ナスダック(NASDAQ)とはアメリカの株取引の市場。3000銘柄が上場しており、ベンチャー企業など多くのテクノロジー系の会社が上場しています。ナスダック上場企業の時価総額の加重平均値を「ナスダック総合指数」と呼び、アメリカの主要3指数にも加えられる。ETFでは、ナスダック上場銘柄より時価総額順で100社選んだQQQなどが人気です。(金融系・不動産などは含まれず)AmazonやグーグルなどGAFAと呼ばれる巨大プラットフォーマーも上場しています。S&P500と比較されることが多く、ナスダックは新興市場であり、上場はアメリカ以外の企業も上場できることが特徴にあげられます。
 

 

 

取引所といえば、世界最大の仮想通貨取引所って知ってる?

Binanceでしょ?

【PR】仮想通貨でおすすめの取引所は世界最大の取引量を誇る「バイナンス(Binance)」です。

数分で口座開設ができます。 開設手順を細かにまとめています。

米国株は証券口座を開いて取引できますが、仮想通貨は仮想通貨の取引所で通貨を売買することができます

仮想通貨取引所Binanceバイナンスの開設方法

 

【SOXX】と【SMH】の運営会社

【SOXX】の運営会社

ブラックロック

ブラックロック

 

ブラックロック(BlackRock)社とは?
ブラックロック(BlackRock)社とは…(クリックで下に詳細を表示します) ブラックロック社(BlackRock Inc)は世界最大の資産運用会社です。会社の運用資産学は7.4兆ドル(740兆円)となっています(2019年)。ニューヨーク証券取引所に上場しておりティッカーシンボルは【BLK】です。運用額の65%は機関投資家であり、世界24カ国に拠点を構えています。

 

【SMH】の運営会社

 

ヴァンエック(VanEck)社とは?
ヴァンエック(VanEck)社とは…(クリックで下に詳細を表示します) ヴァンエック(VanEck)社はニューヨークに本社を置く1955年創業の投資管理会社です。 世界初のゴールドファンド(INVX)を作り、多くのETF「ヴァンエック(VanEck)シリーズ」があります。テーマ別に別れており、新興国(東南アジア・インドやロシアなど)または金鉱株ETF【GDX】・石油・鉄鋼などの商品系の金融商品が強みとなっています。基金・財団・病院・年金・民間銀行なども取引しています。

 

  関連記事はこちらから

 

【SOXX】と【SMH】の組み込み銘柄(上位10社)

【SOXX】組み込み銘柄(約30銘柄)

エヌビディア【NVDA】

エヌビディア【NVDA】

割合が高い10社を紹介します。

  • エヌビディア【NVDA】8.58%
  • テキサス・インスツルメンツ【TXN】8.55%
  • インテル【INTC】8.16%
  • クアルコム【QCOM】7.74%
  • ブロードコム【AVGO】7.67%
  • アプライド・マテリアルズ【AMAT】4.42%
  • ASML【ASML】4.32%
  • ラムリサーチ【LRCX】4.29%
  • NXPセミコンダクターズ【NXPI】4.26%
  • KLA【KLAC】4.14%

 

*1

 

 

 

【SMH】組み込み銘柄(約25銘柄)

台湾セミコンダクター【TSM】

台湾セミコンダクター【TSM】

割合が高い10社を紹介します。

 

  • 台湾セミコンダクター【TSM】14.92%
  • エヌビディア【NVDA】8.14%
  • ASML【ASML】6.08%
  • インテル【INTC】5.62%
  • テキサス・インスツルメンツ【TXN】5.03%
  • ラムリサーチ【LRCX】4.92%
  • アプライド・マテリアルズ【AMAT】4.86%
  • ブロードコム【AVGO】4.81%
  • クアルコム【QCOM】4.78%
  • AMD【AMD】4.34%

*2

 

太字に関しては両ETFの上位10銘柄に組み込まれています。

 

毎日チェックしています

半導体銘柄については毎日株価をチェックしています。

株式相場が空いた翌日に記事のまとめとしてSOXをセクターで紹介しています。

また個別の半導体銘柄についても公開しています。

よかったらチェックしてみてください。

 

 

 

  毎日更新!米国株の振り返り記事

 

 

 米国でも多くの投資家が愛用している「モトリーフール」などから情報を仕入れていますので良かったら購読してみてください。

 

  関連記事はこちらから

 

 

【SOXX】と【SMH】のレバレッジ

SOXXとSMHにはそれぞれ3倍のレバッジをかけた3倍ブル商品もあります。

レバレッジ商品については非常にハイリスクではあるものの大きなリターンも狙えます。

この記事では趣旨がずれてしまいまので、割愛しますがレバレッジ商品があるということは抑えておきましょう。

 

 

 

【SOXX】と【SMH】に対する私見

f:id:umihiroya:20210426022402p:plain



結論を申しますと、【SOXX】と【SMH】については「どちらでもいい」と思います。 好みの問題でETFは選んでいいと思います。

パフォーマンス的にもほぼ同レベルです。

ブラックロック社が好きなら、「SOXX」、ヴァンエックシリーズが好きなのであれば「SMH」といった選択肢でも構わないと思います。

 

半導体は今後も非常に将来性のある業態だと考えています。

 

何をするにしても半導体は必要不可欠であり、特別な技術や信用力が必要になっています。

 

今後はより精密で企業の寡占も進んでいくことが考えられますが世界的な需要は高まることは間違いありません。

 

ここ数年で相当伸びてきた業界ではありますが、まだまだ期待ができると思います。

 

 

 

 

投資初心者が読むべきバイブル書籍
株式投資をする人ははこの書籍がおすすめです!…(クリックで下に表示します)世界の投資家が必ずと行ってもいいほど読んでいる名著です。重版に重版を重ねていることから年月が経っても不滅の原理があることが伺えます。まずはこの書籍を読んで株式投資の基本原理を学びましょう。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事
この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

 

 

参加お題
 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

*1:2021年4月25日現在

*2:2021年4月25日現在