ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国失業保険申請数】

米新規失業保険申請件数は、失業者がはじめて申請した失業保険給付の申請件数を測定する指標です。 労働省によりまとめられ、毎週木曜日に発表されます。 週次の失業保険申請件数は、速報性が高いため失業率や非農業部門雇用者数の先行指標として注目されており、雇用市場の健全性を測定する方法として使用されます。 予想より高い数値は米ドルにとって売り材料であるとされるが、予想より低い数値は米ドルにとって買い材料であると解釈されます。

【米国株】主要指数は下落、Amazonの決算結果の連れ下げ。S&P500は6ヶ月連続で上昇。アトラシアンが好決算で大幅上昇!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。主要指数は全て下げる展開となりましたが、月間で見ればプラスの人も多いのではないでしょうか。

【米国株】ダウ、S&P500は上昇で最高値更新。ナスダックは決算銘柄が重しとなる。中でも決算のフェイスブック、ペイパルが大幅下落。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。小幅な値動きでしたがダウとS&P500は3日ぶりに最高値を更新しましたがナスダックはフェイスブックやペイパルの下落が大きく小幅な上昇となっています。

【米国株】3指数とも続伸!失業保険申請数が増え景気の腰折れ懸念でハイテク銘柄が買われる。ドミノピザが決算で大幅上昇!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。3指数とも若干の上昇は見せたものの個別で見ると割と下がっている銘柄も多い展開でした。失業保険申請数が予想より増えており景気の腰折れを懸念している動きになっている模様です。

【米国株】GAFAが弱くNASDAQは3日間続落中!経済への不透明感があり好決算続く金融株も上値が重い。半導体受託最大手のTSMCが決算後大幅下落。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。ダウは小幅に上がっているものの全体のセンチメントとしては下がっています。

【米国株】全面安の調整局面に突入か。コロナ再拡大の不透明感と失業保険申請数も増加し景気はピークアウトでリスクオフの動き強まる。アマゾン、テスラはプラスで終える。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。コロナの再拡大など不透明感の強い現状でリスクオフの動きが強まっています。

【米国株】7月初日の米国株市場は3指数とも上昇!ただし今晩の雇用統計を控え警戒感。半導体関連は下落。決算だったマイクロン中心に大きく売られる。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。主要3指数は上昇しているもののハイテクが弱くそこまで楽観視できない状態。今晩発表がある雇用統計次第で大きく動くので警戒感が市場から感じ取られます

【米国株】全面高で市場は上向き!バイデン大統領1兆ドルのインフラ法案に進展が好感。アクセンチュアも好決算発表で上昇!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。昨晩の市場は大きな材料は特になかったですが上昇しています。強いていうと、バイデン大統領のインフラ法案が連日与野党の歩み寄りで進展しているということもあり現実味が出てきました。

【米国株】ハイテク株が市場を再び牽引!金利・原油が下がり金融・エネルギー銘柄が大幅下落。ダナハーが1兆円規模の買収を発表!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきます。ハイテクグロース株が強かったです。金利や原油、素材関係が下がっており関連銘柄が軒並み下がっています。

【米国株】雇用統計目前にして調整中…GAFAM中心にハイテク株は売られる!GMが明るい見通しで大幅上昇!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。2021年6月2日の市場は前日同様雇用統計前で様子見展開ですがハイテク中心に売られています。

【米国株】小型株は強く、GAFAMは売られる展開へ。AMCにイナゴが群がり株価が急騰、年初来1150%へ。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。小型株が非常に強かった日でした。

【米国株】株式市場はハイテクを中心に上昇!全面高に。仮想通貨関連は反発!テスラも反発し大幅上昇!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。仮想通貨市場の反発も有りグロース株、環境系などが上がっています。

【米国株投資】米国株はリバウンドするも、ナスダックは一時マイ転する場面も。アリババはNYSE上場以来初の赤字決算で下落しFANG+の足を引っ張る結果に

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。昨晩はリバンウドがあり、全体的にあがっているものの場中のボラティリティが大きかったので今晩も気をつけなければなりません。