ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株】順調な1日にはならずおはぎゃー。ダウは5日、S&P500とNASDAQは3日連続の下落。ペロトンが-23%の大幅下落。

おすすめ記事

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。

株式市場は順調で良好な企業決算を好感していましたが午後から金融引締等の憶測からハイテク株を中心に売り圧力が強まりました。

【米国株】順調な1日にはならずおはぎゃー。ダウは5日、S&P500とNASDAQは3日連続の下落。ペロトンが-23%の大幅下落。

【米国株】順調な1日にはならずおはぎゃー。ダウは5日、S&P500とNASDAQは3日連続の下落。ペロトンが-23%の大幅下落。



*1

毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。

ブログを読みに来てくださってありがとうございます。

昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。

今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ

そうだね!では、まずは結論からまとめていきます。

【今日の結論】チェックポイント

f:id:umihiroya:20220106224340p:plain

 

 

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】株式市場は順調で良好な企業決算を好感していましたが午後から金融引締等の憶測からハイテク株を中心に売り圧力が強まりました。ダウは5日連続で下落しており、S&P500とNASDAQは3日連続の下落です。半導体指数のSOXも-3.25%と大きく下落しており3日連続下落しています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000も売られており、-1.88%と下落しています。
  • 【セクター】多くのセクターが下落した中、数少ない上昇したセクターは旅行関係、SNS関係、eコマース、クリエネ、フィンテック、ARK、サイバーセキュリティが若干ですが上がっていました。多くのセクターが下落しています。特に半導体、一般消費財、素材、資本財、ハイテクやエネルギー関連、通信、不動心、金融、生活必需品、ヘルスケアなど下落していました。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は-0.31%と小幅な値下げにとどまりました。10銘柄すべてプラスで始まったのですが終わってみれば7銘柄が下落しており、ネットフリックスが決算でコケてしまい下落しています。また上昇した銘柄では中国のバイドゥとアリババとが下落することなくプラスで終えています。
  • 【予定】来週はFOMCと企業決算が続々と続いています。厳しい状況でありますがチェックしていきましょう。

 

 

【投資は自己責任】投資に対しての注意事項
投資に対しての注意事項…(クリックで下に詳細を表示します) この記事は私が投資している銘柄を中心に主要指数・セクター別の動きなどをまとめていきます。主に私が投資しているのはハイテクグロース株でありFANG+銘柄とNASDAQ100になります。
レバレッジ型の投資やハイテクグロース株には元本を大きく損なうリスクも有るためご注意ください。投資に対してはリスクを許容した上で投資してください。本記事・ブログにおいての個別銘柄・投資信託・ETFなどについては売買を推奨するものではありませんので予めご理解の上、お読みください。本ブログに掲載された銘柄において損失を被った場合においても責任は一切負いません。

 

先に言い訳をさせていください、出社前の朝の時間に作成しており誤字脱字・数字の間違いなどがある場合があります。帰宅後すぐに修正しますのでご承知の上お読みください

社畜はつらいわね

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

まずは、指数と私のパフォーマンスからお伝えします。

まずは指数からね

2022年1月20日の主要指数と投資成績

この項目では指数と私のポートフォリオの金額の増減をお伝えします。

 

主要指数

f:id:umihiroya:20210330000407p:plain

NYダウ DJX -0.90% 347.15
S&P500 .INX -1.10% 4,482.73
 NASDAQ総合 .IXIC -1.30% 14,154.02
NASDAQ100 NDX -1.34% 14,846.46
FANG+index NYFANG -0.31% 6,966.21
       
ラッセル2000 RUT -1.88% 2,024.04
日経平均 NI225 1.11% 27,772.93
TOPIX INDEXTOPIX:TOPIX 0.98% 1,938.53
深セン総合 SHE:399106 -0.92% 2,419.69
インドSENSEX指数 SENSEX -1.06% 59,464.62

 

 

今日は全体的に言えば、おはぎゃーだね。

 

主要指数2022年1月20日

主要指数2022年1月20日



 

*2

私のポートフォリオのパフォーマンス

f:id:umihiroya:20211117004107p:plain

 

昨日の結果を踏まえて、私のポートフォリオのパフォーマンスはこの様になっています。

 

詳しい情報は、12時ごろに公開予定の「投資成績」の記事を御覧ください!

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

前日の投資成績はこちらから

 

umihiro.hateblo.jp

 

 

前日のデイリー記事はこちらから

 

※私のポートフォリオには「投資信託」が含まれているため前日の成績だけではなく前々日の結果が含まれています。

※元本を引いた運用損益の結果となっています。

あと、この数字には仮想通貨(暗号資産)の状況については組み込まれていなわよ

当ブログの投資成績につきましては資産管理、家計簿アプリのマネーフォワードを活用しています。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

 

気になるニュース

f:id:umihiroya:20211111231002p:plain

気になるニュースをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

個別銘柄のニュースについては「注目銘柄」で紹介します。

 

 

失業保険申請数

f:id:umihiroya:20210625001443p:plain

 

失業保険申請28.6万件と3カ月ぶり高水準、コロナ拡大響く
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米労働省が20日発表した1月15日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比5万5000件増の28万6000件と、昨年10月半ば以来3カ月ぶりの高水準に達した。
  • 増加は3週連続で、昨年7月以来の大幅増となった。
  • 市場予想は22万件だった。
  • 新型コロナウイルスの感染再拡大によってビジネスや企業活動が妨げられている公算が大きい。
  • 今回のデータは1月の米雇用統計の調査期間と重なっていることもあり、1月の雇用の伸びにも影響が及ぶ可能性がある。
  • ネイビー・フェデラル・クレジット・ユニオンのコーポレートエコノミスト、ロバート・フリック氏は「オミクロン変異株流行によって感染者が過去最多に達している状況を反映しているようだ」と指摘。
  • 同時に「オミクロン株の流行はピークを迎えており、過去のトレンドが続けば、申請件数は今後2─3週間で急速に減少する見通しだ」と述べた。
  • 州別ではカリフォルニア州で申請件数が増加。一方、ニューヨーク、ミズーリ、テキサスの各州では大幅に減少した。
  • 1月8日までの1週間の失業保険受給総数は8万4000件増の163万5000件だった。

jp.reuters.com

 

失業保険申請数とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米新規失業保険申請件数は、失業者がはじめて申請した失業保険給付の申請件数を測定する指標です。
  • 労働省によりまとめられ、毎週木曜日に発表されます。
  • 週次の失業保険申請件数は、速報性が高いため失業率や非農業部門雇用者数の先行指標として注目されており、雇用市場の健全性を測定する方法として使用されます。
  • 予想より高い数値は米ドルにとって売り材料であるとされるが、予想より低い数値は米ドルにとって買い材料であると解釈されます。*3

 

 

 

 

  用語解説などはこちらから

 

長期金利の動きと恐怖指数【VIX指数とVXN指数】

f:id:umihiroya:20211117004234p:plain

 

ここでは、ハイテクグロース株に大きく影響のある長期金利(米国10年債)の動きと、恐怖指数(VIX指数とVXN指数)をまとめます。

 

恐怖指数は投資家の心理状態を数値化しているものとして多くの投資家が参考している指数よ

長期国債(米国10年債利回り)

f:id:umihiroya:20211118223342p:plain

 

米国債2022年1月20日

米国債2022年1月20日



 

長期国債とグロース株の関係とは?
長期国債とグロース株の関係とは…(クリックで下に詳細を表示します) 基本的に長期国債と、グロース株については「逆相関」の関係があるといいます。長期国債が上がれば、グロース株が売られてグロース株の値段が下がってしまいます。
リスクの高いハイパーグロース株よりも安全資産である国債の利率があがればお金が「安全で稼げる」方に流れると行った感じです。

長期国債が上がっていくとハイテクグロース株にとっては逆風になっていくわ

一般的にハイテクグロース株とは逆相関関係にあると言われてるね

 

 

  金融の進化フィンテックとBNPLなど

 

恐怖指数

f:id:umihiroya:20211118223450p:plain

 
VIXの動き(S&P500)

VIX 7.30% 25.59

 

 

VXNの動き(NASDAQ100)

VXN 5.48% 30.61

 

 

VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)ついて
VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • VIX指数はS&P500VXN指数はNASDAQ100に対する恐怖指数です。
  • 平常時のVIXは、だいたい10〜20程度
  • 30を超えてくる場合は警戒領域
  • NASDAQ100の恐怖し指数を表すVXNは、だいたい30〜39程度(30台で推移)
  • 40を超えてくる場合は警戒領域
参考比較(VIX)
  • 2008年9月  リーマン破綻 48.4
  • 2008年10月 リーマンショック 89.53
  • 2020年3月 コロナショック 85.47
VIX指数は数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。別名「恐怖指数」とも呼ばれています。VIX指数はVolatility Indexの略です。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表しているボラティリティ指数になります。

 

米国株市場(S&P500)の状況

f:id:umihiroya:20211117004744j:plain

 

S&P500ヒートマップ

まずは、S&P500のヒートマップを御覧ください。

S&P500ヒートマップ2022年1月20日

S&P500ヒートマップ2022年1月20日



*4

 

 

S&P500グロース【IVW】orバリュー【IVE】

S&P500グロース -1.30% 75.65
S&P500バリュー -0.88% 153.84

 

全体的に下落してるんだけど、グロース銘柄のほうが下落してるんだね。

グロースの方が良かったようね

SPYのチャート

これはS&P500のETFである【SPY】のチャートになります

 

※【SPY】「SPDR S&P500 ETF」

 

ETF【SPY】とは?
SPYとは…(クリックで下に詳細を表示します) SPYは正式名称「SPDR S&P500 ETF」でNY【SPY】、東京証券取引所【1557】にも上場しています。1993年1月に設定されたS&P500(S&P 500 Index)に連動した米国において最初のETFです。

 

S&P500個別銘柄の上昇率上位

モルガン・スタンレー MS 99.83 4.28% 米国の金融持株会社。米国内外で事業を展開。資金調達、合併・買収のアドバイス、事業再編支援、不動産・プロジョクト融資、貸付、投資調査、株式・債券の販売、売買、値付けのほか、自己勘定投資サービスの提供。 金融
トラベラーズ TRV 165.18 3.10%   金融
ブッキング・ホールディングス
Booking Holdings Inc.
BKNG 2,433.64 2.38% 米国のオンライン旅行サイト運営企業。予約サービスを提供。また、米国内で従来の固定価格による旅行商品の提供 消費財
F5ネットワークス FFIV 226.79 1.79% 米国のネットワーク製品開発企業。アプリケーション配信ネットワーク用のハードウエアとソフトウエアを展開。 情報技術
IQVIA IQV 244.40 1.77% 米国のライフサイエンス企業。ヘルスケア産業を対象に医療・ヘルスケア情報およびサイエンスによるテクノロジーソリューションを提供する。主にバイオ医薬品企業に対し臨床研究および臨床試験サービスを提供 ヘルスケア
センティン CNC 78.95 1.70% 米国のヘルスケア企業。メディケイド、SCHIP(州児童健康保険)、Long Term Care(長期介護)などの政府の補助金プログラムを通じて、個人への健康保険を提供。 ヘルスケア
ベーカー・ヒューズ BKR 26.72 1.64% 米国の油田サービス・設備企業。同社事業は油田サービス、油田設備・機器、プロセス・ソリューション、デジタル・ソリューションの4部門から構成。 エネルギー
 マリオット・インターナショナル
Marriott International, Inc.
MAR 156.70 1.62% 米国の大手ホテルチェーン企業。世界各地で「マリオット」、「JWマリオット」、「ザ・リッツ・カールトン」 消費財
エレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
EA 138.88 1.44% 米国のゲームソフト大手。ビデオゲーム機のほか、パソコン、携帯電話、タブレット、電子書籍端末などに対応するソフトウエア、オンラインゲームの開発と販売を行う。 通信
キャボット・オイル&ガス COG 125.24 1.41% 米国のエネルギー会社。天然ガス、原油、天然ガス液の探鉱・開発・生産事業を展開。 エネルギー
AES AES 23.39 1.39% 米国の電力・公益事業持株会社。事業は2部門で構成し、米国内外で展開する。発電部門は22カ国で98カ所の発電所を所有、運営 公益事業
ヒューマナ HUM 383.01 1.30% 医療保険と補完保険を提供する持ち株会社。事業は個人、事業主、健康・福利厚生で構成。 ヘルスケア
ベンタス VTR 51.34 1.22%   不動産
インターナショナルF&F IFF 141.00 1.21%   素材
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン BK 59.92 1.15% 米国の大手銀行持株会社。世界36カ国以上で金融機関、企業、政府機関、個人資産家、基金、財団法人に一連の金融サービスを提供。 金融
ユニオンパシフィック UNP 242.07 1.13%   資本財
ネクステラ・エナジー NEE 83.51 1.11% 公益事業持株会社。発電、送電、配電、小売事業を手掛ける。天然ガス、水力、風力、太陽、地熱、バイオマス燃料などの無公害・再生可能燃料を利用した独立系発電施設を所有 公益事業

 

S&P500個別銘柄の下落率上位

コールズ KSS 48.09 -7.22% 米国で百貨店を運営。「messenger」、写真や動画を共有できる「instagram」も提供。 消費財
ガーミン GRMN 123.29 -6.07%   消費財
メーシーズ M 23.83 -5.70% 百貨店を経営。大半の店舗は人口密度の高い都市部や郊外に位置する。 消費財
マイクロン・テクノロジー
Micron Technology, Inc.
MU 85.07 -5.48% 半導体製造会社。ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、NANDフラッシュメモリ、NORフラッシュメモリ、相変化メモリ、FLCOSマイクロディスプレイ、マルチチップパッケージ製品、相補型金属酸化皮膜半導体(CMOS)イメージセンサーなどの半導体デバイスを提供。 情報技術
M&Tバンク MTB 166.35 -5.44% 米国の銀行持株会社。子会社を通じて、個人、企業、機関・団体に貸付、預金、信託、住宅ローン、資産運用・管理、保険、リース、その他金融サービスを提供。 金融
VF VFC 66.63 -5.33% ブランド衣料、関連製品の製造、販売に従事。ジーンズ、上着、フットウエア、バックパック・旅行かばん、スポーツウエア、作業着の各種ブランドを展開し、製品は専門店、デパート、チェーン店、ディスカウントストア等で販売。 消費財
リージョンズ・ファイナンシャル RF 22.42 -5.20% 金融持株会社。事業は、企業サービス、消費者サービス、資産管理に分かれる。 金融
ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル PBCT 19.30 -5.16% 米国の金融持株会社。個人、中小企業、地方自治体向けに商業銀行、小売銀行、卸売銀行、財産管理などのサービス、また、信託、現金管理、地方自治体向け資金調達などのサービスを提供。 金融
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
Advanced Micro Devices, Inc.
AMD 121.89 -4.97% 米国の半導体メーカー。コンピュータ、グラフィックス、家電市場向けマイクロプロセッサの製造、販売に従事。 情報技術
トラクター・サプライ TSCO 209.89 -4.88% 「トラクター・サプライ・カンパニー」と「デルズ・ファーム・サプライ」の名前で農業、牧場用機器、機械の小売店を展開。 消費財
ノーザン・トラスト NTRS 120.02 -4.62% 米国の金融持株会社。企業・機関投資家に、信託、証券保管、資金管理、投資業務アウトソーシング、有価証券貸付、証券仲介、投資リスク・業績分析のほか、銀行業務を展開。 金融
ロウズ LOW 223.93 -4.59%   消費財
ライオンデルバセル LYB 96.27 -4.57% オランダの大手化学品メーカー。主要製品はポリプロピレン、ポリオレフィン、エチレンとエチレン合成物で、ヨーロッパ、アジア、その他の地域で販売する。 素材
ベストバイ BBY 94.90 -4.48% 家電、コンピューター、携帯電話、娯楽ソフトウエア、ホームオフィス製品の大手小売チェーン。 消費財
ホーリーフロンティア HFC 35.44 -4.33% 米国の石油精製業者。主要製品はガソリン、ディーゼル燃料、ジェット燃料、アスファルト、特殊潤滑油製品など。 エネルギー

 

 

 

投資が不安、苦手、勉強したくないという人はこの本を読んで毎日このブログをチェックすることとETFやインデックスファンドを購入しておけば大丈夫よ!

 

  インデックス投資とは?

 

 

 

 

ジャック・ボーグルとは?
ジャック・ボーグルとは…(クリックで下に詳細を表示します) ジョン・クリフトン・“ジャック”・ボーグルはアメリカ合衆国の投資家、実業家、慈善家です。世界初の個人投資家向けのインデックス・ファンドを設定した人物です。幅広い投資家に低コストで投資ができる機会を与えた人物としても知られています。「インデックス・ファンドの父」とも呼ばれています。経費率の比較的安価なETFで有名なヴァンガードグループを創設者です。2019年食道がんで死去。

 

世界の株価

f:id:umihiroya:20211117004919p:plain

 

ここでは、アメリカに上場(ADR)している世界の株式を中心に見ていきます。 主に、中国株・インド株を中心に見ていきます。

ワールドヒートマップ

ワールドヒートマップ2022年1月20日

ワールドヒートマップ2022年1月20日



*5

アメリカ以外のアメリカに上場している株式(ADR)の状況です。

中国の一部は下落してなかったみたいだね

全体的には死んでるね。

 

中国の状況

中国株のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

中国株にも頑張ってもらわないとね。

 

  ATMX+とは?中国のFANG+?

 

インド株の状況

少額ながらインド株にも投資しているのでインド銘柄も見ていきます。

インド株銘柄のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

コロナや、宗教、貧富の差などに問題点はあるけど、これから魅力的な市場であることは間違いないので、インドにも今後とも注目していきたいですね

インドの個別株についてはこの記事で解説してるわよ

 

  インド銘柄まとめ

 



 

NASDAQ100の様子

f:id:umihiroya:20211116144150j:plain

 

ここでは、NASDAQ100に対しての分析を行います。

NASDAQに対して結構投資してるのよね?

iDeCo(イデコ)もそうだけど、レバナスや積立でもNASDAQ100に投資してるからね。かなり影響度合いは大きいよ

QQQのチャート

 

 

QQQとは?
QQQとは…(クリックで下に詳細を表示します) QQQはナスダック100指数の価格と利回りに連動する投資結果を提供するETFです。1999年3月に設定されてインベスコ社が運用しており、個人投資家からも人気のETFです。

 

 

NASDAQ100個別銘柄の騰落率上位

次にNASDAQ100銘柄のうちで騰落率が比較的高かった銘柄をピックアップしていきます。

 

NASDAQ100で上がった銘柄

携程旅行網/トリップ・ドット・コム
Trip.com Group Limited
TCOM $25.21 7.41%
京東 / ジェイディー・ドットコム
JD.com, Inc.
JD $77.00 6.50%
百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $162.03 4.89%
メルカドリブレ
MercadoLibre, Inc.
MELI $1,091.31 2.86%
拚多多/ピンドュオドュオ
Pinduoduo Inc.
PDD $66.12 2.75%
ブッキング・ホールディングス
Booking Holdings Inc.
BKNG $2,433.64 2.38%
マッチ・グループ
Match Group, Inc.
MTCH $118.66 2.06%
マリオット・インターナショナル
Marriott International, Inc.
MAR $156.70 1.62%
オクタ
Okta, Inc.
OKTA $200.32 1.47%
エレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
EA $138.88 1.44%
ASML
ASML Holding N.V.
ASML $706.46 1.09%
ワークデイ
Workday, Inc.
WDAY $251.77 0.93%
エクセロン
Exelon Corporation
EXC $56.98 0.87%
シージェン
Seagen Inc.
SGEN $133.06 0.38%
ファイザーブ
Fiserv, Inc.
FISV $106.30 0.24%

 

NASDAQ100で下がった銘柄

ペロトン・インタラクティブ
Peloton Interactive, Inc.
PTON $24.22 -23.93%
マイクロン・テクノロジー
Micron Technology, Inc.
MU $85.07 -5.48%
エヌエックスピー・セミコンダクターズ
NXP Semiconductors N.V.
NXPI $199.61 -5.38%
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
Advanced Micro Devices, Inc.
AMD $121.89 -4.97%
マーベル・テクノロジー
Marvell Technology Group Ltd.
MRVL $73.80 -4.02%
モデルナ
Moderna, Inc.
MRNA $167.52 -3.76%
フォックス(クラスA)
Fox Corporation (Class A)
FOXA $38.19 -3.71%
エヌビディア
NVIDIA Corporation
NVDA $241.50 -3.66%
ラム・リサーチ
Lam Research Corporation
LRCX $619.67 -3.59%
マイクロチップ・テクノロジー
Microchip Technology Incorporated
MCHP $73.97 -3.51%
クアルコム
QUALCOMM Incorporated
QCOM $166.50 -3.46%
フォックス(クラスB)
Fox Corporation (Class B)
FOX $35.27 -3.32%
ファスナル
Fastenal Company
FAST $56.17 -3.19%
アマゾン
Amazon.com, Inc.
AMZN $3,033.35 -2.96%
インテル
Intel Corporation
INTC $52.04 -2.95%
ブロードコム
Broadcom Inc.
AVGO $547.72 -2.88%

 

結構大きく下げてるわね

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次はセクター別の市場の動きを見ていきたいと思います。

▶▶セクター別に大きな動きがあるのか注目してトレンドを掴んでいきたいですね!

 

◆◆◆

 

 

 

 

セクター別の考察

本日のセクター別のパフォーマンスはこの様になっています。

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月20日

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月20日



*6

※下記のETFとは構成銘柄が違うため若干の乖離はあります。

 

注目セクター2022年1月20日

注目セクター2022年1月20日

上昇したセクター

多くのセクターが下落した中、数少ない上昇したセクターは旅行関係、SNS関係、eコマース、クリエネ、フィンテック、ARK、サイバーセキュリティが若干ですが上がっていました。

旅行 AWAY $23.64 1.55%
ソーシャルメディア SOCL $50.60 1.18%
Eコマース EBIZ $25.27 0.68%
クリーンエネルギー ICLN $18.98 0.64%
フィンテック FINX $34.46 0.20%
ARKイノベーションF ARKK $75.87 0.16%
サイバーセキュリティ BUG $28.65 0.03%

下落したセクター

多くのセクターが下落しています。特に半導体、一般消費財、素材、資本財、ハイテクやエネルギー関連、通信、不動心、金融、生活必需品、ヘルスケアなど下落していました。

  

仮想通貨関連 CRYPTO -$0.01 0.00%
公共事業 VPU $150.54 -0.01%
スポーツベッティング BETZ $22.10 -0.18%
GLD $171.65 -0.25%
クラウド銘柄 CLOU $23.28 -0.39%
航空 JETS $21.38 -0.51%
AI&ビッグデータ AIQ $28.82 -0.52%
ヘルスケア VHT $243.97 -0.59%
生活必需品 VDC $196.03 -0.77%
金融 VFH $95.68 -0.81%
インドETF INDA $46.67 -0.89%
不動産 XLRE $46.92 -0.89%
通信 VOX $128.64 -1.13%
エネルギー VDE $88.29 -1.23%
情報技術 VGT $411.34 -1.24%
資本財 VIS $193.13 -1.31%
金鉱株 GDX $32.33 -1.40%
素材 VAW $187.33 -1.64%
口コミ BUZZ $19.92 -1.92%
一般消費財 VCR $306.70 -2.03%
半導体 SOX $3,494.75 -3.25%

 

セクターについて
セクターについて…(クリックで下に詳細を表示します) 産業分類について、S&P、FTSE Russellは11の産業分類を行っていますが、ヴァンガード社のETFを参考にさせていただきます。 不動産はスパイダーシリーズを採用しています。
  • エネルギー(Energy):【VDE】
  • 素材(Materials):【VAW】
  • 資本財(Industrials):【VIS】
  • 一般消費財(Consumer Discretionary):【VCR】
  • 生活必需品(Consumer Staples):【VDC】
  • ヘルスケア(Health Care):【VHT】
  • 金融(Financials):【VFH】
  • 情報技術(Information Technology):【VGT】
  • 通信サービス(Communication Services):【VOX】
  • 公益事業(Utilities):【VPU】
  • 不動産(Real Estate):【XLRE】
なお、現在の情勢を踏まえて、景気の回復などを中止するため航空業界【JETS】・半導体関係【SOX】、金価格【GLD】、旅行【AWAY】クリーンエネルギーETF【ICLN】5G関連銘柄を私が詰め合わせたオリジナルETFeコマース【EBIZ】スポーツベッティング【BETZ】フィンテック【FINX】ソーシャルメディア【SOCL】インドETFの「iシェアーズMSCIインドETF」【INDA】ARK社のARKK(後述)も追加しておきます。

 

注目セクターについては、セクター別の記事にて紹介しています。

  • 金融銘柄、フィンテック銘柄、BNPL銘柄
  • 中国株、インド株銘柄のADR銘柄
  • 半導体銘柄(半導体メーカー、半導体装置)
  • ワクチン銘柄(ワクチン銘柄と治療薬銘柄)
  • 仮想通貨関連銘柄(マイニング、取引所銘柄など)
  • eコマース銘柄(ネットショッピング関連銘柄)
  • 5G関連銘柄(通信など5G関連銘柄)
  • クラウド銘柄(SaaS企業やクラウド関連銘柄)
  • オンラインカジノ銘柄(スポーツベッティングやオンラインカジノ銘柄)
  • クリーンエネルギー銘柄
  • 旅行、航空銘柄(旅行関係、航空会社関連銘柄)

 

  12時ごろ公開予定の投資成績

 

 

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次は私が注視している主要銘柄になります。

▶▶ポートフォリオに対する影響力が大きい銘柄を中心に紹介していきます!

 

◆◆◆

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

AD:絶対に読んだほうがいい1冊
「ウォール街ランダムウォーカー」とは…(クリックで下に表示します) 投資家にとっての教科書であり、「ウォール街の教科書」と称される書籍です。 1973年に原著が発売されてからすでに半世紀以上が経過したいまでも増版されているロングセラーです。 投資を始めている人でこの書籍を読んでいない人は絶対に読むべき1冊です。 バブルの歴史やファンダメンタル対テクニカルやアクティ対パッシブなど詳しく書かれていると同時中身が古びない内容で書かれています。 特にこの本を参考にした記事や理論は多く、ベースとなる知識など投資家のまさに教科書的な存在として、ウォール街の教科書として書かれています。 読んだことがない人は絶対に読みましょう。

 

 

FANG+銘柄

FANG+銘柄

FANG+銘柄

 

この項目では主要銘柄の動きを見ていきたいと思います。

主に私が投資している個別銘柄やFANG+インデックス銘柄などを見ていきたいと思います。

私がメインと投資している銘柄のNASDAQ100への寄与度も高く、S&P500に対しても非常に影響力が大きい銘柄となっています。

今日のFANG+銘柄

今日のFANG+銘柄2022年1月20日

今日のFANG+銘柄2022年1月20日



今日のFANG+indexのパフォーマンスはこうなっています。

FANG+index2022年1月20日

FANG+index2022年1月20日

*7

内訳としてはこの様になっています。

テスラは絶好調でしたね!

アップルはなかなか上がってこないわね

 

百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $162.03 4.89%
阿里巴巴集団 /アリババ
Alibaba Group
BABA $131.03 2.59%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $996.27 0.06%
ツイッター
Twitter, Inc.
TWTR $37.28 -0.19%
フェイスブック
Facebook, Inc.
FB $316.56 -0.95%
アップル
Apple Inc.
AAPL $164.51 -1.03%
アルファベット
Alphabet Inc.
GOOGL $2,666.15 -1.34%
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX $508.25 -1.48%
アマゾン
Amazon.com, Inc.
AMZN $3,033.35 -2.96%
エヌビディア
NVIDIA
NVDA $241.50 -3.66%

 

FANG+とは?

FANG+とは?

 

 

レバFANGがメインだとこれらの銘柄が重要になってくるからね!

かといって投資信託なんだし、個別で売買できるわけじゃないじゃん?

そうだけど、個別に注目しておくことは重要だよ。

 

FANG+の注目銘柄

 

テスラ【TSLA】

Tesla Inc

Tesla Inc

 

 

インド政府とテスラ、優遇税制巡る交渉が暗礁に
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 関係筋によると、米電気自動車(EV)大手テスラが、インド政府に優遇税制の適用を求めている問題で、両者の交渉が暗礁に乗り上げた。
  • テスラはインドで輸入車を販売するため、1年近くにわたってロビー活動を展開してきたが、政府は国内で自動車を生産することを優遇税制の条件にしているという。
  • インドはEVを含め、輸入車に最大100%の輸入税を課しており、アナリストはこの税率ではテスラ車を購入できる人は少ないと指摘している。
  • テスラはインド政府に対してEVにかかる輸入税を減税するよう求めている。

jp.reuters.com

 

 TSLA】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■テスラは米国の電気自動車メーカー。電気自動車と関連製品の開発・製造・販売に従事する。同社初の電気自動車はスポーツカー「ロードスター」、続いてセダン「モデルS」、SUV「モデルX」「モデルY」、新型セダン「モデル3」を展開する。充電・蓄電の電力システムも製造。地域別売上は米国が約50%を占める。本社はカリフォルニア州パロアルト。*8
  関連記事はこちらから

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

注目個別銘柄

f:id:umihiroya:20211118223700p:plain

 

 

気になる個別銘柄を見ていきたいと思います。

バークシャー・ハサウェイ【BRK-B】

バークシャー・ハサウェイ【BRK-B】

Berkshire Hathaway Inc

 

バークシャーが39億ドルの巨額投資提案、アイオワ州風力・太陽光発電
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハサウェイは、再生可能エネルギー業界で最大級となり得るアイオワ州での風力・太陽光発電プロジェクトに39億ドル(約4500億円)を投じることを提案した。
  • バークシャー傘下のミッドアメリカン・エナジーは19日の発表文で、再生可能エネルギープロジェクト「ウインド・プライム」により、風力で2042メガワット、太陽光で50メガワットの発電が見込まれると説明。
  • 約60万世帯への電力供給に十分な発電量となる。同社は二酸化炭素回収やエネルギー貯蔵、小型原子炉に役立ち得る技術に関連する研究への資金拠出も計画している。
  • このプロジェクトが実施されれば、同州で既に重要になっている風力発電市場を後押しすることになる。
  • アイオワ州公益事業委員会によると、同州は2019年時点でエネルギー需要全体の約41%を風力で発電していた。
  • この割合は06年にはわずか5.1%だった。ミッドアメリカンのケルシー・ブラウン社長兼最高経営責任者(CEO)は発表文で、「当社は顧客への100%再生可能エネルギーの供給に向けて前進を続ける中で、温室効果ガス排出の正味ゼロという重要な節目の達成も準備している」と説明した。
  • ブルームバーグNEFのアナリスト、イーサン・ジンドラー氏は「これは米国で建設された最大の風力発電プロジェクトということになる可能性がある」と述べた上で、ただ同様の規模のプロジェクトは発表されても完成したことがなく、「このプロジェクトの道のりはまだ長い」と付け加えた。

www.bloomberg.co.jp

 

  BRK-B】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.)は多様な事業を運営する持株会社所有の子会社である。【事業内容】同社の事業は、GEICO、Berkshire Hathaway Primary Group、General Re Corporation、Berkshire Hathaway Reinsurance Groupなどの保険事業、鉄道システムの運営に行うBurlington Northern Santa Fe, LLC事業、規制電気およびガス会社を含むBerkshire Hathaway Energy事業、工業用・民生用・建築用製品を含む多様な製品の製造業者を含む製造事業、食料品と非食料品の卸売販売に行うMcLane Company事業、小規模航空機所有権プログラム、航空パイロット訓練及び各小売業を含む多様なサービスの提供者を含むサービスおよび小売業、並びに製造住宅および関連消費者金融、輸送機器、製造およびリース、及び家具リースを含む金融と金融商品事業を含む。*9

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ASML【ASML】

ASML Holding NV

ASML Holding NV

 

ASMLは半導体確保に「日々格闘」、世界的な供給不足が打撃
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 世界有数の半導体製造装置メーカーであるASMLホールディングも半導体不足で打撃を受けている。
  • 日産自動車から米アップルに至るまで多くの企業への半導体供給がさらに厳しくなる悪循環を生む恐れがある。
  • ASMLの装置は先進半導体の生産には欠かせない。
  • ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は、同社に必要な半導体を確保するため「日々格闘」していると危機感を示した。
  • ウェニンクCEOは19日のオンライン記者会見で「当社は影響を直接受けている」と発言。
  • どの半導体メーカーが必要な半導体を生産しているか見いだし、直接電話して交渉していると明らかにした。
  • 1台がバスほどの大きさになる半導体製造用露光装置について、年内に55台、来年にはさらに多くの台数を納入できる見通しは変わっていないと同CEOは述べた。
  • それでも需要は生産能力を40-50%上回っており、これを均衡させるには最長で3年かかる可能性があると続けた。

www.bloomberg.co.jp

 

  ASML】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ASMLホールディングはオランダの半導体製造装置メーカー。子会社を通じて半導体産業向けリソグラフィー装置の開発、製造、販売、関連サービスを世界的に手掛ける。リソグラフィーシステム、ステップ・アンド・スキャンシステム「TWINSCAN」や「PAS5500」シリーズ、極端紫外線リソグラフィー装置、超精密光学分野の部品などを取り扱う。*10

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

AMD(アドバンスド・マイクロ・デバイシズ)【AMD】

Advanced Micro Devices Inc

Advanced Micro Devices Inc

 

AMDが3日続落 アナリストの投資判断引き下げが伝わる
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • AMDが3日続落。IT・ハイテク株への利益確定売りが続く中で、きょうはアナリストの投資判断引き下げが伝わっており、従来の「買い」から「中立」に引き下げた。
  • 下振れリスクを指摘している。
  • 投資判断引き下げの理由として、今年のPC市場の減速の可能性とザイリンクスの買収完了に伴う利益と成長への逆風、そして、高倍率・高成長のハイテク株を取り巻く幅広い市場情勢の組み合わせを挙げている。
  • 短期的にはファンダメンタルズの崩壊は考えにくいが、成長とPC市場の鈍化が株価に影響を及ぼし始めるという。
  • 同社の相対的に高いバリュエーションは最大の懸念事項の1つであり、そろそろ手を引くべき時期だと感じているという。

us.kabutan.jp

 

  AMD】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■アドバンスド・マイクロ・デバイシズは米国の半導体メーカー。コンピュータ、グラフィックス、家電市場向けマイクロプロセッサの製造、販売に従事。コンピュータ搭載用のx86マイクロプロセッサ、ノート型パソコン、ワークステーション、サーバーに使用されるチップセットなどを提供。同社製品は「AMD」の商標名で展開。本社はカリフォルニア州サニーベル。*11

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

ペロトン・インタラクティブ【PTON】

Peloton Interactive Inc

Peloton Interactive Inc

ペロトン・インタラクティブ【PTON】2022年1月20日

ペロトン・インタラクティブ【PTON】2022年1月20日



ペロトンに売り強まる 需要低迷で一部製品の生産を一時停止と伝わる
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • フィットネス関連の機器やウェブサービスを手掛けるペロトン・インタラクティブに売りが強まっている。
  • 需要低迷で同社がエクササイズバイクやルームランナーといった一部製品の生産を一時停止するとの報道が嫌気された。
  • 米CNBCがペロトンの社内文書を引用して伝えた。
  • バイクの生産は2カ月停止するほか、ルームランナーは2月から6週間、生産を停止する。

us.kabutan.jp

 

  PTON】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ペロトン・インタラクティブは米国のフィットネスサービス企業。トレッドミル、フィットネスバイクなどのフィットネス関連機器の開発・販売に従事。また、オリジナルエクササイズ動画や音楽のコンテンツ制作・配信、ライブ・イベントのストリーミング配信を通して顧客が自宅で本格的なトレーニングを行える環境作りを提案。本社所在地はニューヨーク。*12

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

 

注目決算の銘柄

f:id:umihiroya:20211118223738p:plain

 

 

注目の決算が行われております。

主要かつ、注目決算をピックアップしてお伝えしていきます。

トラベラーズ【TRV】

Travelers Companies Inc

Travelers Companies Inc

 

トラベラーズが好決算を受け上昇
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 損保のトラベラーズが上昇しておりダウ平均をサポートしている。
  • 取引開始前に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、1株利益が予想を大きく上回ったほか、営業収益も予想を上回った。
  • 受け取り保険料から解約返戻金と、積立型保険の貯蓄部分の保険料を控除し、さらに再保険料を加減した正味保険料収入も80億ドルと予想を上回ったほか、投資収入も予想を上回った。
  • 同社のシュニッツァーCEOは「今年も例外的な業績を達成できた背景には、当社のフランチャイズ価値、優れた引受能力、投資の専門性を証明するものだ」と述べた。

us.kabutan.jp

 

  TRV】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■トラベラーズは子会社を通じて企業、政府機関、組合、個人を対象に損害保険商品を提供する持株会社。事業は企業保険、金融・専門職業・米国外保険、個人保険で構成。損害、総合保険、賠償責任、自動車、労災補償などの保険商品、保証証券、身元信用保険、自動車保険、住宅所有者保険、賃貸入居者保険、洪水保険、ボート保険、包括賠償責任保険を扱う。*13

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

アメリカン航空【AAL】

American Airlines Group Inc

American Airlines Group Inc

 

アメリカン航空、第4四半期は損失縮小 年末年始の旅行需要堅調
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • アメリカン航空が20日に発表した第4・四半期(12月まで)決算は損失が縮小した。
  • ホリデーシーズン中の堅調な旅行需要が寄与した。
  • 国内線や短距離国際線の需要は2019年の水準に近づいているが、長距離国際線の需要は依然として厳しいと指摘。
  • また、新型コロナウイルスの新たな変異株出現に伴う旅行需要の変動により、計画策定が「史上最も困難」な環境になっているという。
  • 第1・四半期(3月まで)の輸送能力は19年の同四半期と比較して約8─10%減少すると想定。
  • 通期では19年比で5%減少するとした。
  • 第1・四半期の売上高はオミクロン株の影響により19年第1・四半期比で20─22%減少する見込み。
  • 第4・四半期の調整後1株損失は1.42ドル。
  • 前年同期は3.86ドルの損失だった。
  • 市場予想は1.48ドルの損失。営業収入は94億3000万ドルと、前年同期の40億3000万ドルから増加した。

jp.reuters.com

 

  AAL】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■アメリカン航空グループは米国の大手航空会社。持株会社制で、子会社アメリカン航空を通じて旅客事業と貨物事業をグローバルに展開する。ハブ空港をダラス/フォートワース、ニューヨークJFK、シカゴ、マイアミに構える。地域間航空会社のエンボイ・エビエーション、ピードモント航空、PSA航空をネットワークの傘下に持つ。本社はテキサス州フォートワース。*14

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ユナイテッド航空【UAL】

United Airlines Holdings Inc

United Airlines Holdings Inc

 

ユナイテッド航空が決算受け軟調 輸送能力の見通しを2019年以下に引き下げ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • ユナイテッド航空が下落。
  • 前日引け後に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、1株損益の赤字は予想ほどではなく、売上高も予想を上回った。
  • 旅客、貨物とも運賃収入が予想を上回っている。
  • ただ、株価は冴えない反応。
  • 同社はオミクロン株の感染拡大を理由に、今年度の輸送能力の見通しを2019年の水準以下に引き下げた。
  • 従来は2019年を5%上回るとの見通しを示していた。
  • 新たな感染の急増は複数の産業を根底から覆し、多くの従業員が在宅勤務を余儀なくされ、同社の定番である出張に支障をきたしている。
  • 輸送能力の縮小は、同社が昨年に投資家向けに掲げた、燃料以外の単価を2019年以下に引き下げる努力目標の達成を複雑にしている。
  • ただ、カービーCEOは声明で「目先の需要に影響を及ぼしているが、春については楽観的で、夏とそれ以降にも期待している」と述べていた。

us.kabutan.jp

 

  UAL】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは米国の航空持株会社。完全子会社ユナイテッド航空と地方航空会社を通じて乗客、貨物輸送を展開する。ユナイトテッド・エクスプレスは米国内の地域路線を運航。世界各国の373カ所の空港に一日当たり平均5,055便を運航。ハブ空港はシカゴ・オヘア国際空港で、1,257機を所有。本社はシカゴ。*15

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

アルコア【AA】

アルコア【AA】

Alcoa Inc

 

アルコアが決算受け上昇 価格上昇がコスト上昇を相殺
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • アルミのアルコアが上昇。
  • 前日引け後に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、売上高は予想範囲内だったものの、1株利益は予想を上回った。
  • アルミニウムと半製品の価格上昇が、エネルギーと原材料のコスト上昇を相殺し、増益となった。
  • 同社のハービーCEOは声明で、「昨年は変革の年だった。
  • 過去最高の年間純利益を計上し、株主に現金を還元し、負債と年金債務を大幅に減らした」と述べた。
  • また、今年の見通しについては、一段と堅調なアルミ需要と供給面の制約が続くと予想し、アルミ価格がさらに上昇する可能性を示唆した。

us.kabutan.jp

 

  AA】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■アルコアはアルミニウム、アルミ加工品、アルミナの米国大手メーカー。精密鋳造、航空・工業用ファスナーなどの非アルミニウム製品も扱う。製品は航空機、自動車、輸送機器、包装材、建材、石油・ガス、防衛、産業市場で使用される。また航空・宇宙、自動車、建築、発電市場向けにチタン、アルミニウムなどを扱う。世界31カ国で事業を展開。*16

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

 

 

 

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】株式市場は順調で良好な企業決算を好感していましたが午後から金融引締等の憶測からハイテク株を中心に売り圧力が強まりました。ダウは5日連続で下落しており、S&P500とNASDAQは3日連続の下落です。半導体指数のSOXも-3.25%と大きく下落しており3日連続下落しています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000も売られており、-1.88%と下落しています。
  • 【セクター】多くのセクターが下落した中、数少ない上昇したセクターは旅行関係、SNS関係、eコマース、クリエネ、フィンテック、ARK、サイバーセキュリティが若干ですが上がっていました。多くのセクターが下落しています。特に半導体、一般消費財、素材、資本財、ハイテクやエネルギー関連、通信、不動心、金融、生活必需品、ヘルスケアなど下落していました。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は-0.31%と小幅な値下げにとどまりました。10銘柄すべてプラスで始まったのですが終わってみれば7銘柄が下落しており、ネットフリックスが決算でコケてしまい下落しています。また上昇した銘柄では中国のバイドゥとアリババとが下落することなくプラスで終えています。
  • 【予定】来週はFOMCと企業決算が続々と続いています。厳しい状況でありますがチェックしていきましょう。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

 

 

参加お題
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

*1:サムネイル画像の見方:中央部に主要指数を表示しています。両側にセクター別にプラスとマイナスのセクターを表示しています。注目銘柄は今回の記事でニュース記事、決算情報などをピックアップした個別銘柄になります。また下部のFANG+の銘柄は右側がプラス、左側がマイナスとわかるようにしています。

*2: https://sekai-kabuka.com/shisuu.html 

*3:I米国 失業保険申請件数Investing.com

*4:参照:https://finviz.com/map.ashx

*5:参照:https://finviz.com/map.ashx

*6:参照:https://finviz.com/groups.ashx

*7:GoogleFinanceより

*8:ヤフーファイナンスより

*9:Investing.com

*10:ヤフーファイナンスより

*11:ヤフーファイナンスより

*12:ヤフーファイナンスより

*13:ヤフーファイナンスより

*14:ヤフーファイナンスより

*15:ヤフーファイナンスより

*16:ヤフーファイナンスより