ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【投資成績-3.44%】FOMCの公表後に大幅下落!金融引締は更に続く、一体いつまで?【私の金融資産の推移と注目セクターの様子】

おすすめ記事

この記事では前日の株式市場の結果から私個人のポートフォリオの資産の推移の変化と注目セクターの個別銘柄の様子についてお伝えしていく記事になります。

 

米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはデイリー記事にてご紹介していますので合わせて御覧ください。

 

  米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはこちらから

 

本日の概要(まとめ)

  主要指数と市場の様子
  • 9月21日の米国株式市場は大幅な下落となり主要3指数は揃って2日連続の下落となっています。
  • ダウは安値で推移しており、-1.70%の下落となっています。
  • S&P500は-1.71%、NASDAQ総合指数も-1.79%となっています。
  • 注目されていたFOMC(米国連邦公開市場委員会)で、積極的な利上げの継続が示唆されたことで高金利の政策が継続されることによる景気悪化懸念や株式のバリエーション低下による影響のため株安となっています。
  • 政策金利は市場の予想通りの0.75%となりFF金利誘導目標は3.00~3.25%となっています。
  • またFOMCメンバーの年末時点での金利予測の中央値は4.4%となっており11月と12月に開催されるFOMCでも積極的な利上げ継続の可能性が示されています。
  • 業種別でみてもS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 米国10年債利回りは前日営業日よりも-0.03%低くなっており3.53%となっています。
  • 利回りは一時3.6243%と2011年2月以来の高水準となる場面もありました。
  • 金融政策に影響を受けやすいとされる2年債利回りは一時4.1168%と2007年10月以来の高水準をつけました。

 

  FANG+
  • FANG+は全体で-2.56%と下落しておりエヌビディアを除く9銘柄が下落しています。
  • エヌビディアは+0.65%と僅かに上昇しています。
  • 下落幅が大きかったのはバイドゥとアリババの中国銘柄でバイドゥは-5.22%、アリババは-4.90%と大幅下落しています。
  • また他の銘柄も1%以上下落しており全体でFOMCの株安を受けての下落となっていました。

 

  テーマ&セクター考察
  • セクターとテーマで市場を覗いてみるS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 全体的に下落しているテーマが多く特に下落していたのが航空、旅行がともに4%程度下落していました。
  • またハイテク関連も弱く、ARKKやeコマースなども2%以上下落していました。
  • 若干ですがプラスに転じたテーマもあります。ブロックチェーン関連と金鉱株はわずかですが上昇していました。

 

 

  個人ポートフォリオの成績
  • 私のポートフォリオの数字は前日から-3.44%下落しています。

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日
  • 個別銘柄、投信ともに下落しており投資信託に至っては本日のNASDAQ100、FANG+の結果から明日はさらに大きな下落が予想され非常に厳しい状況が続いています。
  • またリップルの上昇によって大きく上がっていた保有仮想通貨ですが、前日分の5%がそのまま下落する形となり大きく後退する形になっています。
  • 9月のパフォーマンスは再びマイナスに転じてしまい-0.40%となってしまいました。
  • 明日の投信の結果が良くないことを想定すればさらなる下落になるため厳しい状況が9月も続きそうです。
  • また2022年からの年初来からのパフォーマンスも再び-50%を下回ってしまい-51.15%と厳しい状況が続いています。
  • 保有する個別銘柄も大きな痛手を被っており特に中国電気自動車のニオ【NIO】は-10.34%と大幅下落しています。
  • 他の銘柄も下落しておりノババックス-5.79%、フリーポート・マクモラン-5.45%、バイドゥ-5.22%と保有比率は低いもののお幅に下落しています。
  • ただ上昇した個別銘柄も少ないですがありました。リサイクルHD、ドクシミティ、リニューエナジーなどは若干ですが上昇していました。

 

経済指標・決算予定

2022年9月22日(木) 注目経済指標 FRB政策金利    
  注目経済指標 景気先行指数 前月比  
  注目経済指標 失業保険申請件数    
  注目決算  アクセンチュア ACN -1.78%
  注目決算  ダーデンレストラン DRI -1.11%
  注目決算  カーニバル CCL -6.81%
  引け後決算  コストコ・ホールセール COST -1.29%
  引け後決算  フェデックス FDX -2.64%
  引け後決算  ナイキ NKE -2.57%
2022年9月27日(火) 注目経済指標 耐久材受注件数 速報値  
  注目経済指標 コンファレンズボード消費者信頼感指数    
  注目経済指標 S&Pケースシラー住宅価格 前年比20都市  
  注目経済指標 新規住宅販売件数    

 

 

目次のリンクをクリックで気になる場所にジャンプできるわよ

目次:

 

 

 

【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

2022年■月■日の米国株市場全体

f:id:umihiroya:20211117012400p:plain

 

全体の相場感としてはこの様になっています。

 

■S&P500ヒートマップ ■

主要指数2022年9月21日

主要指数2022年9月21日



S&P500ヒートマップ2022年9月21日

S&P500ヒートマップ2022年9月21日

 

  主要指数と市場の様子
  • 9月21日の米国株式市場は大幅な下落となり主要3指数は揃って2日連続の下落となっています。
  • ダウは安値で推移しており、-1.70%の下落となっています。
  • S&P500は-1.71%、NASDAQ総合指数も-1.79%となっています。
  • 注目されていたFOMC(米国連邦公開市場委員会)で、積極的な利上げの継続が示唆されたことで高金利の政策が継続されることによる景気悪化懸念や株式のバリエーション低下による影響のため株安となっています。
  • 政策金利は市場の予想通りの0.75%となりFF金利誘導目標は3.00~3.25%となっています。
  • またFOMCメンバーの年末時点での金利予測の中央値は4.4%となっており11月と12月に開催されるFOMCでも積極的な利上げ継続の可能性が示されています。
  • 業種別でみてもS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 米国10年債利回りは前日営業日よりも-0.03%低くなっており3.53%となっています。
  • 利回りは一時3.6243%と2011年2月以来の高水準となる場面もありました。
  • 金融政策に影響を受けやすいとされる2年債利回りは一時4.1168%と2007年10月以来の高水準をつけました。

 

米国債

米国債 2年債 5年債 10年債
前日比 0.06 0.01 -0.03
利回り 4.04% 4.04% 3.53%

 

 

 

 

主要指数 週間&半年バブルチャート

主要指数 週間&半年バブルチャート2022年9月21日

主要指数 週間&半年バブルチャート2022年9月21日



大型&小型株とグロースとバリュー株

大型小型株&バリューグロース比較表2022年9月21日

大型小型株&バリューグロース比較表2022年9月21日



 

 

 

S&P500の11セクターの様子

S&P500の11セクターの様子2022年9月21日

S&P500の11セクターの様子2022年9月21日



 

S&P500セクター
生活必需品 -0.34%
資本財・サービス -1.34%
公益事業 -1.38%
エネルギー -1.46%
不動産 -1.57%
情報技術 -1.60%
ヘルスケア -1.69%
金融 -2.11%
素材 -2.20%
コミュニケーション・サービス -2.29%
一般消費財 -2.37%

 

 

 

 

セクターの様子に加えて、テーマ別の様子は後述します。

 

主要指数相場チャート

 

 

 

FANG+の様子

FANG+の様子2022年9月21日

FANG+の様子2022年9月21日

私の一番の投資先であるFANG+の様子をまずは見ていきます。

 

エヌビディア NVDA 0.65% $132.61
マイクロソフト MSFT -1.44% $238.95
アルファベット GOOGL -1.84% $99.28
アップル AAPL -2.03% $153.72
ネットフリックス NFLX -2.46% $236.87
テスラ TSLA -2.57% $300.80
メタプラットフォーム META -2.72% $142.12
アマゾンドットコム AMZN -2.99% $118.54
アリババ BABA -4.90% $81.60
バイドゥ BIDU -5.22% $119.57

 

 

 

  FANG+
  • FANG+は全体で-2.56%と下落しておりエヌビディアを除く9銘柄が下落しています。
  • エヌビディアは+0.65%と僅かに上昇しています。
  • 下落幅が大きかったのはバイドゥとアリババの中国銘柄でバイドゥは-5.22%、アリババは-4.90%と大幅下落しています。
  • また他の銘柄も1%以上下落しており全体でFOMCの株安を受けての下落となっていました。

 

FANG+ 月間&年間騰落率マトリクス

FANG+ 月間&年間騰落率マトリクス2022年9月21日

FANG+ 月間&年間騰落率マトリクス2022年9月21日

 

FANG+個別チャート

 

 

 

注目セクターの様子

f:id:umihiroya:20211117012520p:plain

 
S&P500の11セクターの様子

S&P500の11セクターの様子2022年9月21日

S&P500の11セクターの様子2022年9月21日
セクター&テーマ騰落率

セクター&テーマ騰落率2022年9月21日

セクター&テーマ騰落率2022年9月21日



 

昨晩のセクター&テーマ一覧

SLV $18.06 1.86%
ブロックチェーン BKCH $6.09 0.50%
GLD $155.79 0.46%
金鉱株 GDX $23.83 0.34%
SPAC関連 SPCX $26.15 0.23%
生活必需品 VDC $183.22 -0.34%
レアメタルETF REMX $94.08 -0.42%
クリーンエネルギー ICLN $21.28 -0.51%
ブレント原油 BNO $28.48 -0.59%
WTI原油先物 USO $68.68 -0.78%
AI&ビッグデータ AIQ $20.23 -0.83%
5G FIVG $30.40 -0.97%
軍事関連 ITA $98.12 -0.99%
半導体 SOXX $347.75 -1.01%
サイバーセキュリティ BUG $25.23 -1.06%
インドETF INDA $42.93 -1.13%
リチウム&バッテリー LIT $72.91 -1.14%
ロボティクスAI BOTZ $19.03 -1.14%
住宅建設 ITB $53.75 -1.22%
フィンテック FINX $21.89 -1.22%
資本財 VIS $167.50 -1.26%
農業ビジネス MOO $86.71 -1.35%
公共事業 VPU $159.38 -1.39%
仮想通貨関連 CRYPTO $1,931.17 -1.40%
ラッセル2000 RUT $1,762.16 -1.42%
交通・輸送 IYT $212.25 -1.46%
不動産 XLRE $38.29 -1.47%
Eスポーツ HERO $18.56 -1.49%
情報技術 VGT $328.23 -1.52%
エネルギー VDE $108.45 -1.54%
木材・林業 WOOD $68.52 -1.54%
データセンター&デジタルインフラ VPN $13.28 -1.61%
メタバース METV $7.91 -1.62%
NYダウ DJX $301.84 -1.70%
S&P500 .INX $3,789.93 -1.71%
大型株S&P100 OEF $172.52 -1.74%
 NASDAQ総合 .IXIC $11,220.19 -1.79%
ヘルスケア VHT $227.72 -1.79%
自動運転&EV DRIV $22.47 -1.79%
口コミ BUZZ $13.73 -1.79%
NASDAQ100 NDX $11,637.79 -1.80%
天然ガス FCG $24.76 -1.82%
鉄鋼ビジネス SLX $49.62 -1.94%
金融 VFH $79.59 -1.96%
クラウド銘柄 CLOU $16.54 -1.96%
医療機器 IHI $49.08 -2.00%
素材 VAW $155.78 -2.11%
一般消費財 VCR $252.77 -2.22%
通信 VOX $87.29 -2.28%
FANG+index NYFANG $4,942.56 -2.56%
ARKK ARKK $40.34 -2.65%
ソーシャルメディア SOCL $29.11 -2.77%
Eコマース EBIZ $16.13 -3.36%
スポーツベッティング BETZ $14.12 -3.81%
旅行 AWAY $17.20 -3.91%
航空 JETS $16.51 -4.01%

 

 

 

注目セクターは以前でもブログで紹介した注目セクターの様子を中心にまとめています。

 

 

  テーマ&セクター考察
  • セクターとテーマで市場を覗いてみるS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 全体的に下落しているテーマが多く特に下落していたのが航空、旅行がともに4%程度下落していました。
  • またハイテク関連も弱く、ARKKやeコマースなども2%以上下落していました。
  • 若干ですがプラスに転じたテーマもあります。ブロックチェーン関連と金鉱株はわずかですが上昇していました。

 

 

 

 

では、この中から注目のセクターをピックアップしてお伝えしてきます。

 

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(中長期)

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(中長期)2022年9月21日

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(中長期)2022年9月21日



 

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(短期)

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(短期)2022年9月21日

米国株セクター騰落率マトリクスチャート(短期)2022年9月21日

 

一般消費財関連【VCR】

一般消費財関連【VCR】

一般消費財関連【VCR】

一般消費財 VCR -2.22% $252.77 Vanguard Consumer Discretionary Index Fund ETF
 アマゾンドットコム AMZN -2.99% $118.54 Amazon.com, Inc.
 テスラ TSLA -2.57% $300.80 Tesla Inc
 ホームデポ HD -0.95% $271.57 Home Depot Inc
 マクドナルド MCD -1.69% $251.08 McDonald's Corp
 ナイキ NKE -2.57% $99.79 Nike Inc
 ロウズ LOW -1.08% $188.36 Lowe`s Companies Inc
 ターゲット TGT -0.62% $159.03 Target Corporation
ブッキングドットコム BKNG -4.74% $1,806.70 Booking Holdings Inc
 スターバックス SBUX -2.41% $88.60 Starbucks Corporation
 TJX TJX -1.19% $62.96 TJX Companies Inc

 

一般消費財関連【VCR】週間&年間 騰落率マトリクス

一般消費財関連【VCR】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日

一般消費財関連【VCR】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日


一般消費財関連【VCR】チャート

 

旅行関連【AWAY】

旅行関連【AWAY】

旅行関連【AWAY】

旅行関連ETF AWAY -3.91% $17.20 ETFMG Travel Tech ETF
トレインライン LON:TRN 0.32% $339.17 Trainline PLC
ブッキングホールディングス BKNG -4.74% $1,806.70 Booking Holdings Inc
トリップアドバイザー TRIP -4.43% $23.53 Tripadvisor Inc Common Stock
ウェブジェット WEB -3.12% $0.31 Westbridge Energy Corp
アマデウスITグループ BME:AMS 0.52% $50.64 Amadeus It Group SA
コーポレートトラベルマネジメント ASX:CTD -3.18% $18.58 Corporate Travel Management Ltd
 メイクマイトリップ MMYT -5.40% $30.51 MakeMyTrip Limited
Tongcheng Travel Holdings HKG:0780 -6.00% $14.72 Tongcheng Travel Holdings Ltd
エアービーアンドビー ABNB -2.31% $114.01 Airbnb Inc
エクスペディア EXPE -5.37% $99.01 Expedia Group Inc

 

旅行関連【AWAY】週間&年間 騰落率マトリクス

旅行関連【AWAY】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日

旅行関連【AWAY】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日


旅行関連【AWAY】チャート

 

  関連記事はこちらから

Eコマース関連【EBIZ】

Eコマース関連【EBIZ】

Eコマース関連【EBIZ】

eコマースETF  EBIZ -3.36% $16.13 Global X E-commerce ETF
ネットイース NTES -5.03% $79.76 NetEase Inc
ゴーダデイ GDDY -2.80% $73.32 Godaddy Inc
ブッキングHD BKNG -4.74% $1,806.70 Booking Holdings Inc
トリップドットコム TCOM -8.50% $24.43 Trip.com Group Ltd
コスターグループ CSGP -1.60% $69.65 CoStar Group Inc
 ウィリアムズ・ソノマ WSM 0.16% $132.06 Williams-Sonoma, Inc.
 イーベイ EBAY -2.43% $38.93 eBay Inc
 JDドットコム JD -5.05% $53.93 JD.Com Inc
エクスペディア EXPE -5.37% $99.01 Expedia Group Inc
 アマゾン(Amazn) AMZN -2.99% $118.54 Amazon.com, Inc.
 ジュミア・テクノロジーズ JMIA -3.47% $6.67 Jumia Technologies AG - ADR
 メリカドリブレ MELI -2.01% $887.50 Mercado Libre Inc
 クーパン CPNG -4.39% $16.99 Coupang Inc
 ショッピファイ SHOP -1.29% $30.55 Shopify Inc
 アリババ BABA -4.90% $81.60 Alibaba Group Holding Ltd - ADR
 エッツィー ETSY 0.10% $104.07 Etsy Inc
 ウェイフェア W -1.44% $42.32 Wayfair Inc
 ウォルマート WMT 0.91% $134.77 Walmart Inc
 ピンドュオドュオ PDD -5.46% $62.49 Pinduoduo Inc - ADR

 

Eコマース関連【EBIZ】週間&年間 騰落率マトリクス

Eコマース関連【EBIZ】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日

Eコマース関連【EBIZ】週間&年間 騰落率マトリクス2022年9月21日


Eコマース関連【EBIZ】チャート

 

  関連記事はこちらから

 

 

 

私の金融資産の推移

f:id:umihiroya:20211117012441p:plain

 

昨日のトレード記録

f:id:umihiroya:20211117012603p:plain

 
個別銘柄の売買
  • 昨日は個別銘柄のトレードは行っていません。
投資信託の売買

自動買付で毎日積立投資を行っています。

金融資産の損益

f:id:umihiroya:20211117012636p:plain

 

  前日比 前々日
資産全体 -3.44% 1.00%
個別銘柄 -1.68% -1.45%
投資信託 -0.77% -0.29%
仮想通貨 -5.72% 5.61%

 

 

  個人ポートフォリオの成績
  • 私のポートフォリオの数字は前日から-3.44%下落しています。
  • 個別銘柄、投信ともに下落しており投資信託に至っては本日のNASDAQ100、FANG+の結果から明日はさらに大きな下落が予想され非常に厳しい状況が続いています。
  • またリップルの上昇によって大きく上がっていた保有仮想通貨ですが、前日分の5%がそのまま下落する形となり大きく後退する形になっています。

 

 

仮想通貨チャート

 

保有金融資産割合

保有金融資産割合2022年9月21日

保有金融資産割合2022年9月21日



 

「株式」「投信」比較グラフ

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日



 

「今月」「今年」の成績

前日比 -3.44%
9月リターン -0.40%
年初来比 -51.15%

 

  チェックポイント
  • 9月のパフォーマンスは再びマイナスに転じてしまい-0.40%となってしまいました。
  • 明日の投信の結果が良くないことを想定すればさらなる下落になるため厳しい状況が9月も続きそうです。
  • また2022年からの年初来からのパフォーマンスも再び-50%を下回ってしまい-51.15%と厳しい状況が続いています。

 

今年の金融資産の推移

今年の金融資産の推移2022年9月21日

今年の金融資産の推移2022年9月21日



 

この記事の数字はマネーフォワードから数字を入れています。

マネーフォワードの記事についてはこちらから。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

 

保有銘柄の変動

保有金融資産割合2022年9月21日

保有金融資産割合2022年9月21日
保有個別銘柄の状況

リサイクルHD LICY 3.71% $6.43
ドクシミティ DOCS 2.04% $31.03
リニューエナジー RNW 1.32% $6.90
パランティア PLTR 0.92% $7.69
マルケタ MQ 0.14% $7.12
フォード・モーター F -0.31% $13.05
コインベース COIN -0.44% $67.64
ペイパル PYPL -0.49% $91.18
台湾セミコンダクター TSM -1.29% $77.14
ウィプロ WIT -1.41% $4.91
サザン SO -1.41% $76.13
インド収益ファンド EPI -1.61% $32.38
アップル AAPL -2.03% $153.72
テラドックヘルス TDOC -2.07% $28.84
タタ・モーターズ TTM -2.38% $26.25
ブラックストーン BX -2.39% $88.77
半導体ブル3倍 SOXL -2.56% $11.40
ニューコア NUE -2.66% $110.50
JPモルガン・チェース JPM -2.88% $112.49
ブロック SQ -3.29% $59.45
キャタピラー CAT -3.39% $171.95
アファーム AFRM -3.66% $21.33
バイオンテック BNTX -3.91% $128.24
ドラフトキングス DKNG -4.29% $16.72
バイドゥ BIDU -5.22% $119.57
フリーポート・マクモラン FCX -5.45% $28.10
ノババックス NVAX -5.79% $25.87
ニオ NIO -10.34% $18.30

 

昨晩は、リサイクルHDが調子良かったね!

ニオは調子よくなかったみたい…

 

 

  チェックポイント
  • 保有する個別銘柄も大きな痛手を被っており特に中国電気自動車のニオ【NIO】は-10.34%と大幅下落しています。
  • 他の銘柄も下落しておりノババックス-5.79%、フリーポート・マクモラン-5.45%、バイドゥ-5.22%と保有比率は低いもののお幅に下落しています。
  • ただ上昇した個別銘柄も少ないですがありました。リサイクルHD、ドクシミティ、リニューエナジーなどは若干ですが上昇していました。

 

 

保有株のバブルチャート

保有株のバブルチャート2022年9月21日

保有株のバブルチャート2022年9月21日



具体的な保有数については、月次でまとめているポートフォリオの記事にて紹介しています。

 

*1

 

保有銘柄チャート

 

 

保有投資信託

保有金融資産割合2022年9月21日

保有金融資産割合2022年9月21日
保有投資信託の割合

保有投資信託の割合2022年9月21日

保有投資信託の割合2022年9月21日



 

レバレッジ投資信託の資産推移

f:id:umihiroya:20211117004148p:plain

 

保有レバ投信の騰落率2022年9月21日

保有レバ投信の騰落率2022年9月21日



保有投資信託 前日比 前々日
レバナス -1.37% 0.26%
レバFANG+ -1.24% 1.16%
レバATMX+ 7.92% -12.88%

 

毎日レバレッジ型の投資信託に積立投資をしています。

今日のレバレッジ投資信託の結果です。

 

  関連記事はこちらから

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事

この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

 

 

  成績の記事一覧はこちらから

 

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

  主要指数と市場の様子
  • 9月21日の米国株式市場は大幅な下落となり主要3指数は揃って2日連続の下落となっています。
  • ダウは安値で推移しており、-1.70%の下落となっています。
  • S&P500は-1.71%、NASDAQ総合指数も-1.79%となっています。
  • 注目されていたFOMC(米国連邦公開市場委員会)で、積極的な利上げの継続が示唆されたことで高金利の政策が継続されることによる景気悪化懸念や株式のバリエーション低下による影響のため株安となっています。
  • 政策金利は市場の予想通りの0.75%となりFF金利誘導目標は3.00~3.25%となっています。
  • またFOMCメンバーの年末時点での金利予測の中央値は4.4%となっており11月と12月に開催されるFOMCでも積極的な利上げ継続の可能性が示されています。
  • 業種別でみてもS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 米国10年債利回りは前日営業日よりも-0.03%低くなっており3.53%となっています。
  • 利回りは一時3.6243%と2011年2月以来の高水準となる場面もありました。
  • 金融政策に影響を受けやすいとされる2年債利回りは一時4.1168%と2007年10月以来の高水準をつけました。

 

  FANG+
  • FANG+は全体で-2.56%と下落しておりエヌビディアを除く9銘柄が下落しています。
  • エヌビディアは+0.65%と僅かに上昇しています。
  • 下落幅が大きかったのはバイドゥとアリババの中国銘柄でバイドゥは-5.22%、アリババは-4.90%と大幅下落しています。
  • また他の銘柄も1%以上下落しており全体でFOMCの株安を受けての下落となっていました。

 

  テーマ&セクター考察
  • セクターとテーマで市場を覗いてみるS&P500の全11セクターが下落しており一般消費財、コミュニケーション、素材、金融が2%以上下落しています。
  • 全体的に下落しているテーマが多く特に下落していたのが航空、旅行がともに4%程度下落していました。
  • またハイテク関連も弱く、ARKKやeコマースなども2%以上下落していました。
  • 若干ですがプラスに転じたテーマもあります。ブロックチェーン関連と金鉱株はわずかですが上昇していました。

 

 

  個人ポートフォリオの成績
  • 私のポートフォリオの数字は前日から-3.44%下落しています。

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日

「株式」「投信」比較グラフ2022年9月21日
  • 個別銘柄、投信ともに下落しており投資信託に至っては本日のNASDAQ100、FANG+の結果から明日はさらに大きな下落が予想され非常に厳しい状況が続いています。
  • またリップルの上昇によって大きく上がっていた保有仮想通貨ですが、前日分の5%がそのまま下落する形となり大きく後退する形になっています。
  • 9月のパフォーマンスは再びマイナスに転じてしまい-0.40%となってしまいました。
  • 明日の投信の結果が良くないことを想定すればさらなる下落になるため厳しい状況が9月も続きそうです。
  • また2022年からの年初来からのパフォーマンスも再び-50%を下回ってしまい-51.15%と厳しい状況が続いています。
  • 保有する個別銘柄も大きな痛手を被っており特に中国電気自動車のニオ【NIO】は-10.34%と大幅下落しています。
  • 他の銘柄も下落しておりノババックス-5.79%、フリーポート・マクモラン-5.45%、バイドゥ-5.22%と保有比率は低いもののお幅に下落しています。
  • ただ上昇した個別銘柄も少ないですがありました。リサイクルHD、ドクシミティ、リニューエナジーなどは若干ですが上昇していました。

 

経済指標・決算予定

2022年9月22日(木) 注目経済指標 FRB政策金利    
  注目経済指標 景気先行指数 前月比  
  注目経済指標 失業保険申請件数    
  注目決算  アクセンチュア ACN -1.78%
  注目決算  ダーデンレストラン DRI -1.11%
  注目決算  カーニバル CCL -6.81%
  引け後決算  コストコ・ホールセール COST -1.29%
  引け後決算  フェデックス FDX -2.64%
  引け後決算  ナイキ NKE -2.57%
2022年9月27日(火) 注目経済指標 耐久材受注件数 速報値  
  注目経済指標 コンファレンズボード消費者信頼感指数    
  注目経済指標 S&Pケースシラー住宅価格 前年比20都市  
  注目経済指標 新規住宅販売件数    

 

  米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはこちらから

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事

この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】

 

 

 

参加お題
 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

*1:当ブログで表示するグラフはグーグルスプレッドシートよりGoogleファイナンスの数値をもとに表示しております。現在の価格や時価などと相違がある場合がございますのでご了承ください。