ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

マッチョを尊敬する毎日「筋肉は1日にしてならず」

おすすめ記事

  • 最終更新日時:

筋肉は1日にしてならず

 

執筆時は1年でしたが、はや2年となります。

 

コロナが流行りだした頃から、本格的ではないですが日々のダイエットに「筋トレ」を織り込むようになりました。

2020年の3月かそのあたりです。

 

今日の結論でありますが、私はその頃から思い今現在(ブログ更新日)でもおもっていることが 「筋肉は1日にしてならず」という言葉です。

 

なに、ローマみたいなかっこいい言い方してんのよw

つくづく思うし、割とリア友にもこういう話してるw

 

その言葉は本当に私の行き着いた先であり大切な言葉となっています。

今回はマッチョを尊敬し、「筋肉は1日にしてならず」という言葉の真意について語っていきたいと思います。

 

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 

(初回公開日時:2020年12月31日)

【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

筋肉は1日にしてならず

f:id:umihiroya:20210924210606j:plain

 

今回は、この「筋肉は1日にしてならず」ということについてお伝えしていきたいと思います。

なにその、名言っぽいダサい言葉

最近はまじでこの言葉が俺を支えてるんだよw

 

筋トレを始めたきっかけは、とある体組成計で自分の筋肉量などを測ったときでした。

 

アドバイザーさんに、「ウォーキングするだけじゃなくて、筋トレもやったら?」という話からでした。

もともと、毎日20,000歩を当時歩いているだけで筋トレなんか全くしていませんでした。

特に「筋肉」に対して意識もなかったし実際興味もなかったのです。

実際高校自体の部活でも、筋トレは割と適当に行ってサボっていたくらいです。

 

f:id:umihiroya:20200920012353p:plain

 

しかし「なぜか」今回は私の筋トレのスイッチが急に入ったのでした。

明確な理由はありませんが、百貨店のお姉さんには感謝しなければなりません。

 

 

といっても、毎日筋トレをすることは非常に大変です。

毎日の20,000歩に加えて筋トレをしいくわけです。

 

ジムには毎日行っていた

 

といいながら、ジムにはもともとランニングマシンでウォーキングをするために行っていましたのでそこまで苦ではなくあとは「筋トレ」をするだけでした。

 

筋肉が増える喜びを覚えてしまった

結果から言えば、いまでは、筋肉が増えていく喜びを感じながら毎日ジムに行っています。

 

マッチョの人を心から尊敬している

f:id:umihiroya:20200920012512p:plain

 

 

ジムに行けば、「マッチョマン」がウヨウヨ湧いているわけですが、彼らを見て私は本当に尊敬します。

ジムでの筋トレの辛さを充分に感じているからこその「尊敬」です。

 

 

筋肉というのは、1日頑張ったところでつくわけではなく、毎日の積み重ねが非常に重要です。

毎日の積み重ねがその筋肉を構成していくわけです。

 

f:id:umihiroya:20210924210615j:plain

 

 

 

そして、トレーニングに関しても「自分との戦い」なわけです。

 

 

いくら、「筋肉がほしい」といっても、キツいトレーニングを毎日しなければならないわけです。

これを継続的に行っている人は本当にすごいと思います。

 

f:id:umihiroya:20200920012622p:plain

 

つまり、「自分の意志で、自分を追い込むことが出来てなおかつ継続できる」という人間的には非常にストイックなことをやっている人種なのです。

 

筋肉がある人は本当に尊敬しています。その理由は3つあります。

 

  チェックポイント
  • 自分との戦いに毎日挑戦していること
  • 自分との戦いに勝ち続けていること
  • 目標を定めそれを淡々と毎日こなしているから
 

「他人にやらされている」わけではないトレーニングであり、「自分が決めたこと」なわけです。

筋トレはつまり「自分との戦い」なのです。

 

自分との戦いというのは自分の甘い部分が出てしまいます。

  • 「休みたい」
  • 「今日はやめとこうかな」
  • 「今日は3セットのよていだったけど2セットでいいかな」

筋トレをやったことがある人はいろんな自分の弱さと毎日戦っているわけです。

 

f:id:umihiroya:20210924211630j:plain

 

 

 

これまでは、ただ単に「脳みそまで筋肉の脳筋ゴリラ」としか思っていなかった私を恥じたいです。

 

脳筋ゴリラは言いすぎだろ

まじでそのくらいにしか思ってなかった

1日2日と単発でトレーニングすることは出来ても、継続的に自分を追い込むトレーニングができているのは本当に尊敬します。

 

 

私も半年間筋トレをしているとはいえ、毎日、毎回自分を追い込んでいるのか問われれば、「毎回は追い込めていない」といえます。

 

 

「今日はキツイから」「時間がないから」といって頭の中で言い訳をして、セット数や回数を減らしてしまうことも多々あります。

 

 

そういった「自分との戦い」に勝ち続け、勝負し続けている人たちが「マッチョ」なんだなとおもったら、マッチョ達はまじで尊敬せざるおえません。

「筋肉は1日にしてならず」

f:id:umihiroya:20200920012653p:plain

 

筋肉をつけるためには、自分との戦い、継続が必須です。

 

 

さらに食事管理やメニューを考えたりと割と頭を使うことが多いです。

そういった中で、私も少しずつ筋肉がついてきてマッチョの凄さがわかってきました。

 

 

これまで、マッチョマンをバカにしていた自分を恥じたいと同時に、腕っぷしを太くして腹筋をボコボコにしていきたいと強く思っています。

 

 

ジムに行けない人は自宅でも筋トレは出来ます。

いまはYouTubeなんかでもたくさん動画が見れますし、安い器具も売っています。

私がジムに行きながら、自宅でもやっているトレーニングは2つです。

 

 

上半身を鍛える日は、腕立て伏せ。

腹筋を鍛える日は、腹筋ローラー(これは最近) これらのメニューでもだいぶ変わってくると思います。

 

  関連記事はこちらから

 

 

なるべく、朝起きて1セット行って仕事に行くようにしています。

 

 

そして寝る前に1セット行います。 自分のペースで、自分に負けないようにこれからも筋トレは続けていきたいと思います。

 

 

 
 

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

参加お題

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】