ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株】一時急落後米国株は引けにかけて反発! ダウは7日ぶりNASDAQ、S&P500は5日ぶりに上昇!コールズが買収報道で急上昇!

おすすめ記事

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。

一時急落していた米国株ですが、引けにかけてショートカバーも入り上昇に転じています。

【米国株】一時急落後米国株は引けにかけて反発! ダウは7日ぶりNASDAQ、S&P500は5日ぶりに上昇!コールズが買収報道で急上昇!



*1

毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。

ブログを読みに来てくださってありがとうございます。

昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。

今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ

そうだね!では、まずは結論からまとめていきます。

【今日の結論】チェックポイント

f:id:umihiroya:20220106224340p:plain

 

 

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】引け前に一気にショートカバーが入り反発した形となった米国株市場です。ダウは7日ぶりの反発で、S&P500、NASDAQは5日ぶりの反発となっています。ロシアのウクライナ侵攻のリスクやFRBの早期利上げに関する観測などが意識され急落していましたが売りも一巡した形になっています。Appleは一時4.7%下げていましたが+0.49%まで戻し、マイクロソフトも同様に-6.75%下げていましたが0.11%まで戻っています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000は+2.29%といち早く反発しています。
  • 【セクター】ハイテクグロース株中心にショートカバーが起き上昇した形になっています。特に上がったのがARK関連、クラウド、一般消費財、半導体、エネルギー関連、通信、サイバーセキュリティ関連、資本財などが上がっていました。下落したのは、インド関連の銘柄、旅行、SNS、フィンテック、公益、航空、ヘルスケアなどが下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+全体では-0.91%と下落しています。引けにかけて上がっていきましたがあともうひと伸び足りなかったです。6銘柄が下落しており、バイドゥが-4.97%とネットフリックスは続落で-2.60%しています。メタが1.83%、Amazonが1.33%とプラスに転じています。
  • 【予定】引け後にIBMの決算があり、明日マイクロソフトJ&Jアメックスなどの決算が続きます。26日にはTeslaやインテルなどの決算もあり注目です。27日にはAppleビザマスターカードマクドナルドなどがあります。注目決算と、FOMCがあるので引き続き油断できない日が続きます。

 

 

【投資は自己責任】投資に対しての注意事項
投資に対しての注意事項…(クリックで下に詳細を表示します) この記事は私が投資している銘柄を中心に主要指数・セクター別の動きなどをまとめていきます。主に私が投資しているのはハイテクグロース株でありFANG+銘柄とNASDAQ100になります。
レバレッジ型の投資やハイテクグロース株には元本を大きく損なうリスクも有るためご注意ください。投資に対してはリスクを許容した上で投資してください。本記事・ブログにおいての個別銘柄・投資信託・ETFなどについては売買を推奨するものではありませんので予めご理解の上、お読みください。本ブログに掲載された銘柄において損失を被った場合においても責任は一切負いません。

 

先に言い訳をさせていください、出社前の朝の時間に作成しており誤字脱字・数字の間違いなどがある場合があります。帰宅後すぐに修正しますのでご承知の上お読みください

社畜はつらいわね

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

まずは、指数と私のパフォーマンスからお伝えします。

まずは指数からね

2022年1月24日の主要指数と投資成績

この項目では指数と私のポートフォリオの金額の増減をお伝えします。

 

主要指数

f:id:umihiroya:20210330000407p:plain

NYダウ DJX 0.29% 343.65
S&P500 .INX 0.28% 4,410.13
 NASDAQ総合 .IXIC 0.63% 13,855.13
NASDAQ100 NDX 0.49% 14,509.58
FANG+index NYFANG -0.91% 6,534.72
       
ラッセル2000 RUT 2.29% 2,033.51
日経平均 NI225 0.24% 27,588.37
TOPIX INDEXTOPIX:TOPIX 0.14% 1,929.87
深セン総合 SHE:399106 0.19% 2,392.24
インドSENSEX指数 SENSEX -2.62% 57,491.51

 

今日は全体的に言えば、どうにか上がってるみたいだけど。

 

主要指数2022年1月24日

主要指数2022年1月24日



 

*2

私のポートフォリオのパフォーマンス

f:id:umihiroya:20211117004107p:plain

 

昨日の結果を踏まえて、私のポートフォリオのパフォーマンスはこの様になっています。

 

 

詳しい情報は、12時ごろに公開予定の「投資成績」の記事を御覧ください!

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

前日の投資成績はこちらから

 

umihiro.hateblo.jp

 

前日のデイリー記事はこちらから

 

※私のポートフォリオには「投資信託」が含まれているため前日の成績だけではなく前々日の結果が含まれています。

※元本を引いた運用損益の結果となっています。

あと、この数字には仮想通貨(暗号資産)の状況については組み込まれていなわよ

当ブログの投資成績につきましては資産管理、家計簿アプリのマネーフォワードを活用しています。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

気になるニュース

f:id:umihiroya:20211111231002p:plain

気になるニュースをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

個別銘柄のニュースについては「注目銘柄」で紹介します。

 

 

 

 

  用語解説などはこちらから

 

長期金利の動きと恐怖指数【VIX指数とVXN指数】

f:id:umihiroya:20211117004234p:plain

 

ここでは、ハイテクグロース株に大きく影響のある長期金利(米国10年債)の動きと、恐怖指数(VIX指数とVXN指数)をまとめます。

 

恐怖指数は投資家の心理状態を数値化しているものとして多くの投資家が参考している指数よ

長期国債(米国10年債利回り)

f:id:umihiroya:20211118223342p:plain

 

米国債2022年1月24日

米国債2022年1月24日



長期国債とグロース株の関係とは?
長期国債とグロース株の関係とは…(クリックで下に詳細を表示します) 基本的に長期国債と、グロース株については「逆相関」の関係があるといいます。長期国債が上がれば、グロース株が売られてグロース株の値段が下がってしまいます。
リスクの高いハイパーグロース株よりも安全資産である国債の利率があがればお金が「安全で稼げる」方に流れると行った感じです。

長期国債が上がっていくとハイテクグロース株にとっては逆風になっていくわ

一般的にハイテクグロース株とは逆相関関係にあると言われてるね

 

 

  金融の進化フィンテックとBNPLなど

 

恐怖指数

f:id:umihiroya:20211118223450p:plain

 
VIXの動き(S&P500)

VIX 3.64% 29.90

 

VXNの動き(NASDAQ100)

VXN 4.37% 35.55

 

VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)ついて
VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • VIX指数はS&P500VXN指数はNASDAQ100に対する恐怖指数です。
  • 平常時のVIXは、だいたい10〜20程度
  • 30を超えてくる場合は警戒領域
  • NASDAQ100の恐怖し指数を表すVXNは、だいたい30〜39程度(30台で推移)
  • 40を超えてくる場合は警戒領域
参考比較(VIX)
  • 2008年9月  リーマン破綻 48.4
  • 2008年10月 リーマンショック 89.53
  • 2020年3月 コロナショック 85.47
VIX指数は数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。別名「恐怖指数」とも呼ばれています。VIX指数はVolatility Indexの略です。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表しているボラティリティ指数になります。

 

米国株市場(S&P500)の状況

f:id:umihiroya:20211117004744j:plain

 

S&P500ヒートマップ

まずは、S&P500のヒートマップを御覧ください。

S&P500ヒートマップ2022年1月24日

S&P500ヒートマップ2022年1月24日



*3

 

 

S&P500グロース【IVW】orバリュー【IVE】

S&P500グロース 0.65% 74.19
S&P500バリュー 0.20% 152.08

 

全体的に上がっているともいます。

グロースの方が良かったようね

SPYのチャート

これはS&P500のETFである【SPY】のチャートになります

 

※【SPY】「SPDR S&P500 ETF」

 

ETF【SPY】とは?
SPYとは…(クリックで下に詳細を表示します) SPYは正式名称「SPDR S&P500 ETF」でNY【SPY】、東京証券取引所【1557】にも上場しています。1993年1月に設定されたS&P500(S&P 500 Index)に連動した米国において最初のETFです。

 

S&P500個別銘柄の上昇率上位

 

コールズ KSS 63.71 36.02% 米国で百貨店を運営。「messenger」、写真や動画を共有できる「instagram」も提供。 消費財
メーシーズ M 27.07 17.95% 百貨店を経営。大半の店舗は人口密度の高い都市部や郊外に位置する。 消費財
ノードストローム JWN 22.59 12.95% 米国の大型デパートチェーン。米国の西海岸と東海岸を中心に展開。オンラインストア「Nordstrom.com」と「HauteLook」を運営 消費財
ギャップ GPS 17.12 7.94% 衣料品小売店。米国、欧州、アジア、中東、アフリカに直営店およびフランチャイズ店を展開 消費財
シトリックス・システムズ CTXS 106.34 5.16% アプリケーションの提供、サポート、オンデマンドでのシェアを可能にするシステムの開発と販売を行う。サーバ、デスクトップの仮想化、また「GoToMeeting」や「GoToMyPC」などウェブベースのリモートアクセスを可能にする。クラウドプラットフォームも提供。 情報技術
ベストバイ BBY 101.38 5.05% 家電、コンピューター、携帯電話、娯楽ソフトウエア、ホームオフィス製品の大手小売チェーン。 消費財
ユナイテッド・レンタルズ URI 312.19 4.99% 建設設備レンタル会社。建設業、産業、個人向けに架空リフト、空気圧縮機、圧縮機、コンクリート機器など。 資本財
Tモバイル TMUS 106.65 4.95% 米国の移動通信サービス会社。後払い・前払い無線通話、メッセージ送信、データサービスおよび卸売無線サービスを、全国ネットワークを通じて顧客に提供する。 通信
レナー LEN 100.01 4.93% 大手の住宅建築業者。住宅建設事業は一戸建て住宅、連棟式住宅を「レナー」のブランド名で建設、販売 消費財
KLA
KLA Corporation
KLAC 391.10 4.84% 米国の精密機器メーカー。半導体やマイクロ電子機器産業向けに、プロセス制御機器や歩留まり解析システムを製造・販売する。 情報技術
カプリ・ホールディングス CPRI 56.29 4.81% 衣料品およびアクセサリーをデザインする。ハンドバッグ、靴、腕時計、セーター、パーカー、パンツ、サングラス、ブーツなどを販売。世界各地で事業を展開。 消費財
デボン・エナジー DVN 48.33 4.79% 米国の独立エネルギー会社。石油と天然ガスの探鉱、開発、生産を行う。カナダ北極圏から米国メキシコ湾にかけての陸上地域のほか、ブラジル、アンゴラなどにも油田、ガス田を所有する。 エネルギー
プルトグループ PHM 54.00 4.79% 住宅金融サービス事業に従事。住宅建設事業は、一戸建て住宅、タウンハウス、コンドミニアム、デュープレックスハウス(2棟戸建)を開発、建設を行う。 消費財
ダラー・ツリー DLTR 132.15 4.69% 米国のディスカウントストア・チェーン。日常雑貨を1ドル均一で販売する。 消費財
SBAコミュ SBAC 326.54 4.55%   不動産

S&P500個別銘柄の下落率上位

キャボット・オイル&ガス COG 104.00 -11.49% 米国のエネルギー会社。天然ガス、原油、天然ガス液の探鉱・開発・生産事業を展開。 エネルギー
レイセオン RTN 94.07 -7.05% 防衛・政府機関、民間企業向けの電子機器会社。事業は統合防衛システム、情報管理・収集システム、ミサイルシステム、宇宙・航空システムで構成。 資本財
ユナイテッドテクノロジーズ UTX 116.23 -6.64% ビル、航空宇宙産業向けにハイテク製品を提供。 資本財
アラガン AGN 8.00 -3.73% 医薬品企業。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の製造・販売に従事。米国内で約250種類のジェネリック医薬品を扱う ヘルスケア
ゼロックス XRX 20.98 -3.27% 米国の印刷機器メーカー。複写機やプリンターなどの印刷機器と関連サービスを提供。主要製品はデジタル複合機、デジタル複写機など。 情報技術
ディッシュ・ネットワーク DISH 30.83 -2.93% 米国内で直接衛星放送サービス「DISH Network」の名前で展開する。有料テレビサービスは、直接放送衛星と固定衛星サービススペクトルを使い地域や専門スポーツチャンネル、プレミアムムービーチャンネルなど 通信
エレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
EA 135.20 -2.74% 米国のゲームソフト大手。ビデオゲーム機のほか、パソコン、携帯電話、タブレット、電子書籍端末などに対応するソフトウエア、オンラインゲームの開発と販売を行う。 通信
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX 387.15 -2.60% オンラインDVDレンタルと映画やテレビ番組のインターネット配信(ストリーミング配信)を提供する米国企業。 通信
フリーポート・マクモラン FCX 39.96 -2.56% 天然資源会社。銅、金、モリブデンの探鉱、開発、採掘を行う。 素材
ファイザー PFE 51.54 -2.42% 米国大手医薬品メーカー。循環器系、中枢神経系、鎮痛・抗炎症系、筋骨格系、感染症、泌尿器系、眼科系、ガン、内分泌系、ワクチンの薬剤を開発、製造、販売する。 ヘルスケア
センプラ・エナジー SRE 131.65 -2.41% カリフォルニア州で電力、天然ガス、その他エネルギー製品、サービスを提供する持株会社。 公益事業
フィリップ・モリス PM 100.58 -2.27% たばこを製造、販売。国際的ブランドのほか地域ブランドを180カ国で展開。 必需品
アトモス・エナジー ATO 102.32 -2.17%   公益事業
SVBファイナンシャル・グループ SIVB 570.01 -2.02% 米国の銀行・金融サービス持株会社。主要子会社シリコン・バレー・バンクを通じて、プライベートおよびコマーシャルバンキングサービスを提供。 金融
ファイザーブ
Fiserv, Inc.
FISV 102.74 -2.02% 金融情報処理システムとサービスを提供する米国企業。 情報技術
ビザ V 201.85 -1.98% クレジットカード会社。金融機関にクレジットカード「Visa」、デビットカード、プリペイドカード、企業間取引の決済処理プラットフォーム 情報技術
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
Advanced Micro Devices, Inc.
AMD 116.53 -1.92% 米国の半導体メーカー。コンピュータ、グラフィックス、家電市場向けマイクロプロセッサの製造、販売に従事。 情報技術

 

 

投資が不安、苦手、勉強したくないという人はこの本を読んで毎日このブログをチェックすることとETFやインデックスファンドを購入しておけば大丈夫よ!

 

  インデックス投資とは?

 

 

 

 

ジャック・ボーグルとは?
ジャック・ボーグルとは…(クリックで下に詳細を表示します) ジョン・クリフトン・“ジャック”・ボーグルはアメリカ合衆国の投資家、実業家、慈善家です。世界初の個人投資家向けのインデックス・ファンドを設定した人物です。幅広い投資家に低コストで投資ができる機会を与えた人物としても知られています。「インデックス・ファンドの父」とも呼ばれています。経費率の比較的安価なETFで有名なヴァンガードグループを創設者です。2019年食道がんで死去。

 

世界の株価

f:id:umihiroya:20211117004919p:plain

 

ここでは、アメリカに上場(ADR)している世界の株式を中心に見ていきます。 主に、中国株・インド株を中心に見ていきます。

ワールドヒートマップ

ワールドヒートマップ2022年1月24日

ワールドヒートマップ2022年1月24日



*4

アメリカ以外のアメリカに上場している株式(ADR)の状況です。

中国勢は不調のようだね

厳しい状態がつづいているね、ロシアのウクライナ問題なんかもあるからね。

 

中国の状況

中国株のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

中国株にも頑張ってもらわないとね。

 

  ATMX+とは?中国のFANG+?

 

インド株の状況

少額ながらインド株にも投資しているのでインド銘柄も見ていきます。

インド株銘柄のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

コロナや、宗教、貧富の差などに問題点はあるけど、これから魅力的な市場であることは間違いないので、インドにも今後とも注目していきたいですね

インドの個別株についてはこの記事で解説してるわよ

 

  インド銘柄まとめ

 



 

NASDAQ100の様子

f:id:umihiroya:20211116144150j:plain

 

ここでは、NASDAQ100に対しての分析を行います。

NASDAQに対して結構投資してるのよね?

iDeCo(イデコ)もそうだけど、レバナスや積立でもNASDAQ100に投資してるからね。かなり影響度合いは大きいよ

QQQのチャート

 

 

QQQとは?
QQQとは…(クリックで下に詳細を表示します) QQQはナスダック100指数の価格と利回りに連動する投資結果を提供するETFです。1999年3月に設定されてインベスコ社が運用しており、個人投資家からも人気のETFです。

 

 

NASDAQ100個別銘柄の騰落率上位

次にNASDAQ100銘柄のうちで騰落率が比較的高かった銘柄をピックアップしていきます。

 

NASDAQ100で上がった銘柄

ペロトン・インタラクティブ
Peloton Interactive, Inc.
PTON $29.71 9.79%
アトラシアン
Atlassian Corporation plc
TEAM $300.27 6.10%
スプランク
Splunk Inc.
SPLK $121.29 5.21%
TモバイルUS
T-Mobile US Inc.
TMUS $106.65 4.95%
ドキュサイン
DocuSign, Inc.
DOCU $121.83 4.91%
KLA
KLA Corporation
KLAC $391.10 4.84%
ダラー・ツリー
Dollar Tree, Inc.
DLTR $132.15 4.69%
アドビ
Adobe Inc.
ADBE $519.66 3.95%
フォックス(クラスA)
Fox Corporation (Class A)
FOXA $39.09 3.71%
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ
Zoom Video Communications, Inc.
ZM $152.95 3.58%
オライリー・オートモーティブ
O'Reilly Automotive, Inc.
ORLY $657.77 3.44%
アプライド・マテリアルズ
Applied Materials, Inc.
AMAT $139.29 3.13%
クアルコム
QUALCOMM Incorporated
QCOM $170.07 3.12%
フォックス(クラスB)
Fox Corporation (Class B)
FOX $35.86 2.99%
ロス・ストアーズ
Ross Stores, Inc.
ROST $98.25 2.96%
モンスター・ビバレッジ
Monster Beverage Corporation
MNST $88.14 2.94%
スカイワークス・ソリューションズ
Skyworks Solutions, Inc.
SWKS $143.84 2.82%

 

NASDAQ100で下がった銘柄

百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $149.05 -4.97%
拚多多/ピンドュオドュオ
Pinduoduo Inc.
PDD $60.52 -3.03%
エレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
EA $135.20 -2.74%
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX $387.15 -2.60%
メルカドリブレ
MercadoLibre, Inc.
MELI $1,026.63 -2.46%
京東 / ジェイディー・ドットコム
JD.com, Inc.
JD $71.74 -2.34%
ファイザーブ
Fiserv, Inc.
FISV $102.74 -2.02%
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
Advanced Micro Devices, Inc.
AMD $116.53 -1.92%
網易 / ネットイース
NetEase, Inc.
NTES $95.29 -1.75%
モデルナ
Moderna, Inc.
MRNA $157.30 -1.73%
アクティビジョン・ブリザード
Activision Blizzard, Inc.
ATVI $79.97 -1.70%
クラフト・ハインツ
The Kraft Heinz Company
KHC $36.39 -1.65%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $930.00 -1.47%
ザイリンクス
Xilinx, Inc.
XLNX $185.51 -1.21%
エクセロン
Exelon Corporation
EXC $56.10 -1.18%
エクセル・エナジー
Xcel Energy Inc.
XEL $67.43 -1.16%
モンデリーズ・インターナショナル
Mondelez International, Inc.
MDLZ $67.61 -1.10%
ASML
ASML Holding N.V.
ASML $687.42 -1.05%

 

結構大きく下げてるわね

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次はセクター別の市場の動きを見ていきたいと思います。

▶▶セクター別に大きな動きがあるのか注目してトレンドを掴んでいきたいですね!

 

◆◆◆

 

 

 

 

セクター別の考察

本日のセクター別のパフォーマンスはこの様になっています。

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月24日

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月24日



*5

※下記のETFとは構成銘柄が違うため若干の乖離はあります。

 

注目セクター2022年1月24日

注目セクター2022年1月24日

 

上昇したセクター

ハイテクグロース株中心にショートカバーが起き上昇した形になっています。特に上がったのがARK関連、クラウド、一般消費財、半導体、エネルギー関連、通信、サイバーセキュリティ関連、資本財などが上がっていました。

 

ARKイノベーションF ARKK $73.54 2.82%
クラウド銘柄 CLOU $22.79 1.92%
一般消費財 VCR $303.61 1.80%
半導体 SOX $3,479.95 1.31%
エネルギー VDE $87.06 0.75%
通信 VOX $124.96 0.68%
情報技術 VGT $405.03 0.65%
サイバーセキュリティ BUG $28.11 0.64%
資本財 VIS $192.23 0.62%
Eコマース EBIZ $24.37 0.62%
GLD $172.03 0.55%
クリーンエネルギー ICLN $18.37 0.38%
金融 VFH $94.19 0.36%
不動産 XLRE $46.99 0.21%
素材 VAW $182.44 0.10%
生活必需品 VDC $195.83 0.01%

下落したセクター

下落したのは、インド関連の銘柄、旅行、SNS、フィンテック、公益、航空、ヘルスケアなどが下落しています。

  

仮想通貨関連 CRYPTO $0.00 0.00%
AI&ビッグデータ AIQ $27.87 -0.04%
ヘルスケア VHT $241.11 -0.12%
口コミ BUZZ $19.01 -0.47%
航空 JETS $20.74 -0.58%
金鉱株 GDX $31.45 -0.63%
公共事業 VPU $149.02 -0.71%
スポーツベッティング BETZ $21.11 -0.75%
フィンテック FINX $32.80 -0.79%
ソーシャルメディア SOCL $48.10 -0.95%
旅行 AWAY $22.70 -1.90%
インドETF INDA $44.60 -2.92%

 

セクターについて
セクターについて…(クリックで下に詳細を表示します) 産業分類について、S&P、FTSE Russellは11の産業分類を行っていますが、ヴァンガード社のETFを参考にさせていただきます。 不動産はスパイダーシリーズを採用しています。
  • エネルギー(Energy):【VDE】
  • 素材(Materials):【VAW】
  • 資本財(Industrials):【VIS】
  • 一般消費財(Consumer Discretionary):【VCR】
  • 生活必需品(Consumer Staples):【VDC】
  • ヘルスケア(Health Care):【VHT】
  • 金融(Financials):【VFH】
  • 情報技術(Information Technology):【VGT】
  • 通信サービス(Communication Services):【VOX】
  • 公益事業(Utilities):【VPU】
  • 不動産(Real Estate):【XLRE】
なお、現在の情勢を踏まえて、景気の回復などを中止するため航空業界【JETS】・半導体関係【SOX】、金価格【GLD】、旅行【AWAY】クリーンエネルギーETF【ICLN】5G関連銘柄を私が詰め合わせたオリジナルETFeコマース【EBIZ】スポーツベッティング【BETZ】フィンテック【FINX】ソーシャルメディア【SOCL】インドETFの「iシェアーズMSCIインドETF」【INDA】ARK社のARKK(後述)も追加しておきます。

 

注目セクターについては、セクター別の記事にて紹介しています。

  • 金融銘柄、フィンテック銘柄、BNPL銘柄
  • 中国株、インド株銘柄のADR銘柄
  • 半導体銘柄(半導体メーカー、半導体装置)
  • ワクチン銘柄(ワクチン銘柄と治療薬銘柄)
  • 仮想通貨関連銘柄(マイニング、取引所銘柄など)
  • eコマース銘柄(ネットショッピング関連銘柄)
  • 5G関連銘柄(通信など5G関連銘柄)
  • クラウド銘柄(SaaS企業やクラウド関連銘柄)
  • オンラインカジノ銘柄(スポーツベッティングやオンラインカジノ銘柄)
  • クリーンエネルギー銘柄
  • 旅行、航空銘柄(旅行関係、航空会社関連銘柄)

 

  12時ごろ公開予定の投資成績

 

 

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次は私が注視している主要銘柄になります。

▶▶ポートフォリオに対する影響力が大きい銘柄を中心に紹介していきます!

 

◆◆◆

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

AD:絶対に読んだほうがいい1冊
「ウォール街ランダムウォーカー」とは…(クリックで下に表示します) 投資家にとっての教科書であり、「ウォール街の教科書」と称される書籍です。 1973年に原著が発売されてからすでに半世紀以上が経過したいまでも増版されているロングセラーです。 投資を始めている人でこの書籍を読んでいない人は絶対に読むべき1冊です。 バブルの歴史やファンダメンタル対テクニカルやアクティ対パッシブなど詳しく書かれていると同時中身が古びない内容で書かれています。 特にこの本を参考にした記事や理論は多く、ベースとなる知識など投資家のまさに教科書的な存在として、ウォール街の教科書として書かれています。 読んだことがない人は絶対に読みましょう。

 

 

FANG+銘柄

FANG+銘柄

FANG+銘柄

 

この項目では主要銘柄の動きを見ていきたいと思います。

主に私が投資している個別銘柄やFANG+インデックス銘柄などを見ていきたいと思います。

私がメインと投資している銘柄のNASDAQ100への寄与度も高く、S&P500に対しても非常に影響力が大きい銘柄となっています。

今日のFANG+銘柄

今日のFANG+銘柄2022年1月24日

今日のFANG+銘柄2022年1月24日



今日のFANG+indexのパフォーマンスはこうなっています。

FANG+index2022年1月24日

FANG+index2022年1月24日

*6

内訳としてはこの様になっています。

あと一息でプラスだったのに惜しいね!

前日めちゃくちゃ下げてるからね・・・・

 

フェイスブック
Facebook, Inc.
FB $308.71 1.83%
アマゾン
Amazon.com, Inc.
AMZN $2,890.88 1.33%
ツイッター
Twitter, Inc.
TWTR $35.06 0.69%
アルファベット
Alphabet Inc.
GOOGL $2,616.08 0.35%
エヌビディア
NVIDIA
NVDA $233.72 -0.01%
アップル
Apple Inc.
AAPL $161.62 -0.49%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $930.00 -1.47%
阿里巴巴集団 /アリババ
Alibaba Group
BABA $120.37 -2.32%
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX $387.15 -2.60%
百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $149.05 -4.97%

 

FANG+とは?

FANG+とは?

 

 

レバFANGがメインだとこれらの銘柄が重要になってくるからね!

かといって投資信託なんだし、個別で売買できるわけじゃないじゃん?

そうだけど、個別に注目しておくことは重要だよ。

 

FANG+の注目銘柄

ツイッター【TWTR】

Twitter Inc

Twitter Inc

ツイッター【TWTR】2022年1月24日

ツイッター【TWTR】2022年1月24日



ツイッターが8日続落 アナリストが目標株価引き下げ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • ツイッターが8日続落。
  • IT・ハイテク株への売りが続く中で、同社株への売りも続いている。
  • 本日はアナリストからの目標株価引き下げが伝わっていた。従来の70ドルから56ドルに引き下げた。
  • 投資判断は「中立」を維持。最近の経営陣交代に言及している。
  • それは、製品の開発、導入、更新の加速には必要ではあるが、ユーザーと売上高が同社の長期目標に達成に向けた新戦略が具体化するのに時間がかかる可能性があると指摘している。
  • バリュエーションは魅力的だが、短期的には材料に欠けるという。

us.kabutan.jp

あがってるんだが?

ほんと当てにならないね

  TWTR】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ツイッターは米国のソーシャルメディア企業。個々のユーザーがインターネット上で「ツイート(つぶやき)」を発信しリアルタイムで意見交換できるプラットフォームのサービスを提供。パソコンやスマートフォンからアクセスし、短文での発信に特色がある。また、特定の団体や著名人のツイートをフォローする形態もある。本社はカリフォルニア州サンフランシスコ。*7

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

注目個別銘柄

f:id:umihiroya:20211118223700p:plain

 

 

気になる個別銘柄を見ていきたいと思います。

ボーイング【BA】

ボーイング【BA】

Boeing Co.

ボーイング【BA】2022年1月24日

ボーイング【BA】2022年1月24日



ボーイング、空飛ぶタクシーを手掛ける新興企業に4.5億ドルを出資
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 本日も米株式市場はリスク回避の雰囲気を強める中、ボーイングも下落しており、ダウ平均を圧迫している。
  • 同社は、グーグルをルーツとする空飛ぶタクシーを手掛ける新興企業ウィスク社に4.5億ドルを出資すると発表した。
  • 将来的に都心上空を自動飛行する航空機への出資を拡大する。同社の最高戦略責任者アレン氏によると、ウィスクが最終的に米規制当局に認証されることを目指している4人乗りの電動航空機に、資金と伴に技術リソースも提供するという。
  • ウィスク社は調達した資金を生産規模拡大の準備に使用する。同社はウィスク社の株式を保有する一方、現金節約のために他の未来型投資を縮小している。
  • 2020年に社内投資部門を解散、昨年にはベンチャーキャピタル部門をスピンオフさせた。

us.kabutan.jp

 

  BA】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ボーイングは米国大手の航空機メーカー。民間航空機部門は737、767、777、787型機を含む商業用ジェット機の製造や技術サポートを展開する。軍用機部門は「A160ハミングバード」や「AH-64アパッチ」など各種軍用機の製造や保守を行う。また通信ネットワークシステム、ミサイル防衛システム、有人宇宙飛行・着陸システムの開発、製造、サービスを展開する。*8

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ブラックストーン【BX】

Blackstone Group LP

Blackstone Group LP

ブラックストーン【BX】2022年1月24日

ブラックストーン【BX】2022年1月24日



ブラックストーン、再生可能エネ企業向け投融資を強化
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米大手投資会社ブラックストーンは21日、再生可能エネルギー分野の企業に投融資を行うプラットフォームを立ち上げたと発表した。
  • 「持続可能資源プラットフォーム」は同社のクレジット投資部門、ブラックストーン・クレジットの一部となる。
  • 再生可能エネルギーによる発電や蓄電、脱炭素輸送など、さまざまな分野に焦点を当てるとしている。
  • ブラックストーン・クレジットの再生・持続可能エネルギー投資部門を率いるロバート・ホーン氏が新プラットフォームのトップに就く。

jp.reuters.com

 

 

  BX】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ブラックストーン・グループは米国の投資ファンド運用会社。グローバルな代替資産運用および金融顧問サービスを提供する。代替資産運用事業ではプライベートエクイティファンド、不動産ファンド、ヘッジファンド、セカンダリーファンドなどを扱う。また、金融・戦略的顧問、企業再編・再構築顧問、キャピタルマーケットなどのサービスも手掛ける。*9

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

コールズ【KSS】

Kohl's Corp.

Kohl's Corp.

コールズ【KSS】2022年1月24日

コールズ【KSS】2022年1月24日



米百貨店コールズにシカモアが関心、アカシアは買収案提示
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米投資会社シカモア・パートナーズが、米百貨店コールズに買収を打診したことが分かった。関係筋が明らかにした。
  • コールズを巡っては、スターボード・バリューが出資するアカシア・リサーチも数日前、買収案を提示している。
  • 関係筋によると、シカモアの買収案は1株当たり少なくとも65ドルの現金になる見通し。
  • アカシアが提示した買収案は1株当たり64ドル。
  • ロイターはシカモア、アカシア、コールズにコメントを求めているが、現時点で応答はない。
  • 新型コロナウクライナの流行を機に消費者がオンラインへの移行を加速させたことから、従来型の小売企業は厳しい状況に陥った。
  • コールズもここ1年、業績改善に向けて物言う株主らから圧力を受けている。

jp.reuters.com

 

  KSS】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■コールズは米国で百貨店を運営。婦人・紳士・子供用衣料品、アクセサリー、化粧品、靴に加え、タオル・寝具、室内装飾品、小型家電、台所用品、ベビー用品、玩具などを取り扱う。また、衣料品、台所用品、寝室・浴室用品のほか、店舗では販売しない家具やデジタル家電を、「Kohls.com」にてオンライン販売で提供。*10

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

スナップ【SNAP】

Snap Inc Inc

Snap Inc

スナップ【SNAP】2022年1月24日

スナップ【SNAP】2022年1月24日



スナップが8日続落 アナリストから投資判断引き下げが伝わる
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • スナップチャットを運営するスナップが8日続落。
  • IT・ハイテク株への売りが続く中で、同社株へも売りが続いている。本日はアナリストから投資判断の「中立」への引き下げが伝わっていた。
  • 目標株価も従来の56ドルから36ドルに引き下げた。同社の売上高の成長目標にリスクがあると指摘。
  • アップルのプライバシーポリシー変更が同社の前四半期の業績を圧迫していたが、それに対する進展の証拠がほとんど見られないという。
  • また、TikTokとの競争激化にも着目した。
  • 市場全体に成長株への懸念が強まっている中で、同社へのリスクプロファイルにより不安感が強まっているという。

us.kabutan.jp

 

  SNAP】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■スナップは米国のソーシャルメディア企業。写真・動画共有アプリの「スナップチャット」を通じ、短いビデオや画像イメージで情報交換やコミュニケーションのサービスを提供する。コンテンツの編集や発表などをパートナーに提供する。また、同社開発のサングラス「スペクタクルズ」により、人間の視点でのビデオ撮影を可能にする。本社所在地はカリフォルニア州ベニス。*11

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ペロトン・インタラクティブ【PTON】

Peloton Interactive Inc

Peloton Interactive Inc

ペロトン・インタラクティブ【PTON】2022年1月24日

ペロトン・インタラクティブ【PTON】2022年1月24日



ペロトンが続伸 アクティビストがCEO解任と身売りを要求
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • フィットネスのペロトン・インタラクティブが続伸。
  • 先週、需要低迷で同社がエクササイズバイクやルームランナーといった一部製品の生産を一時停止するとの報道が流れ売りが強まっていた。
  • しかし、同社がその報道を否定したことから、先週末には買い戻しも入っていた。週末にアクティビスト(物言う投資家)として知られるブラックウェルズ・キャピタルが同社の取締役会に対し、フォーリーCEOの解任と身売りを要求する準備を進めていると伝わった。
  • ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として伝えた。
  • ブラックウェルズは5%弱を所有。
  • ブラックウェルズはペロトンが大手テクノロジー企業やフィットネス志向の企業にとって魅力ある買収標的になり得ると考えているという。

us.kabutan.jp

 

  PTON】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ペロトン・インタラクティブは米国のフィットネスサービス企業。トレッドミル、フィットネスバイクなどのフィットネス関連機器の開発・販売に従事。また、オリジナルエクササイズ動画や音楽のコンテンツ制作・配信、ライブ・イベントのストリーミング配信を通して顧客が自宅で本格的なトレーニングを行える環境作りを提案。本社所在地はニューヨーク。*12

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】引け前に一気にショートカバーが入り反発した形となった米国株市場です。ダウは7日ぶりの反発で、S&P500、NASDAQは5日ぶりの反発となっています。ロシアのウクライナ侵攻のリスクやFRBの早期利上げに関する観測などが意識され急落していましたが売りも一巡した形になっています。Appleは一時4.7%下げていましたが+0.49%まで戻し、マイクロソフトも同様に-6.75%下げていましたが0.11%まで戻っています。
  • 【小型株】小型株のラッセル2000は+2.29%といち早く反発しています。
  • 【セクター】ハイテクグロース株中心にショートカバーが起き上昇した形になっています。特に上がったのがARK関連、クラウド、一般消費財、半導体、エネルギー関連、通信、サイバーセキュリティ関連、資本財などが上がっていました。下落したのは、インド関連の銘柄、旅行、SNS、フィンテック、公益、航空、ヘルスケアなどが下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+全体では-0.91%と下落しています。引けにかけて上がっていきましたがあともうひと伸び足りなかったです。6銘柄が下落しており、バイドゥが-4.97%とネットフリックスは続落で-2.60%しています。メタが1.83%、Amazonが1.33%とプラスに転じています。
  • 【予定】引け後にIBMの決算があり、明日マイクロソフトJ&Jアメックスなどの決算が続きます。26日にはTeslaやインテルなどの決算もあり注目です。27日にはAppleビザマスターカードマクドナルドなどがあります。注目決算と、FOMCがあるので引き続き油断できない日が続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】

 

 

参加お題
にほんブログ村 株ブログへ

 

 

*1:サムネイル画像の見方:中央部に主要指数を表示しています。両側にセクター別にプラスとマイナスのセクターを表示しています。注目銘柄は今回の記事でニュース記事、決算情報などをピックアップした個別銘柄になります。また下部のFANG+の銘柄は右側がプラス、左側がマイナスとわかるようにしています。

*2: https://sekai-kabuka.com/shisuu.html 

*3:参照:https://finviz.com/map.ashx

*4:参照:https://finviz.com/map.ashx

*5:参照:https://finviz.com/groups.ashx

*6:GoogleFinanceより

*7:ヤフーファイナンスより

*8:ヤフーファイナンスより

*9:ヤフーファイナンスより

*10:ヤフーファイナンスより

*11:ヤフーファイナンスより

*12:ヤフーファイナンスより