ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株】雇用統計発表、市場は全面安に。NASDAQとS&P500は4日続落。半導体が特に弱くSOXは-2.88%下落。

おすすめ記事

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。

雇用統計の発表があり、予想よりも強い数字がでており、金利の上昇が現実的隣ハイテクを中心に売られる展開になっています。



*1

毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。

ブログを読みに来てくださってありがとうございます。

昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。

今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ

そうだね!では、まずは結論からまとめていきます。

【今日の結論】チェックポイント

f:id:umihiroya:20220106224340p:plain

 
  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】市場は全面安となり、S&P500とNASDAQにいたっては4日連続での下落となっています。雇用統計の発表がありましたが、平均賃金が予想以上に上昇して、失業率も大きく低下していました。利上げが現実的隣金利の上昇も招いて中小、ハイテク銘柄などが大きく売られています。
  • 【小型株】金利の上昇に伴い、ラッセル2000は-1.20%と下落しています。
  • 【個人成績】-0.22%と続落です。※個人の成績に付きまして詳しくは別記事にてご紹介しています。(12時ごろ公開予定)
  • 【長期金利】ここに来て金利が急上昇しており、昨晩は2.27%上がり10年債の利回りは1.764%となっています。
  • 【セクター】上昇していたセクターは航空や、旅行を含めてエネルギー関連、金融、公益、生活必需品とバリュー株関連が上昇でした。下落したセクターは、半導体や一般消費財、あとはハイテク関連などが下落しています。またヘルスケア、不動産、クリエネ、資本財なんかも下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は続落で-0.60%になっています。アリババ、バイドゥは続伸して好調を維持している一方で金利上昇などの影響で6銘柄が下落となっています。特にエヌビディア、テスラは3%以上下げています。
  • 【予定】来週は消費者物価指数の発表があり、インフレの動向が確認できます。続落ではじまった1週間ですが来週には回復、あるいは底を打ってくれればいいですね。

 

 

【投資は自己責任】投資に対しての注意事項
投資に対しての注意事項…(クリックで下に詳細を表示します) この記事は私が投資している銘柄を中心に主要指数・セクター別の動きなどをまとめていきます。主に私が投資しているのはハイテクグロース株でありFANG+銘柄とNASDAQ100になります。
レバレッジ型の投資やハイテクグロース株には元本を大きく損なうリスクも有るためご注意ください。投資に対してはリスクを許容した上で投資してください。本記事・ブログにおいての個別銘柄・投資信託・ETFなどについては売買を推奨するものではありませんので予めご理解の上、お読みください。本ブログに掲載された銘柄において損失を被った場合においても責任は一切負いません。

 

先に言い訳をさせていください、出社前の朝の時間に作成しており誤字脱字・数字の間違いなどがある場合があります。帰宅後すぐに修正しますのでご承知の上お読みください

社畜はつらいわね

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

まずは、指数と私のパフォーマンスからお伝えします。

まずは指数からね

2022年1月7日の主要指数と投資成績

この項目では指数と私のポートフォリオの金額の増減をお伝えします。

 

主要指数

f:id:umihiroya:20210330000407p:plain

NYダウ DJX -0.01% 362.32
S&P500 .INX -0.41% 4,677.03
 NASDAQ総合 .IXIC -0.96% 14,935.90
NASDAQ100 NDX -1.10% 15,592.19
FANG+index NYFANG -0.60% 7,216.39
       
ラッセル2000 RUT -1.20% 2,179.81
日経平均 NI225 -0.03% 28,478.56
TOPIX INDEXTOPIX:TOPIX -0.07% 1,995.68
深セン総合 SHE:399106 -1.15% 2,452.82
インドSENSEX指数 SENSEX 0.24% 59,744.65


 

今日は全体的に言えば、全面安だね。なんと言っても雇用統計の影響だね。

 

主要指数2022年1月7日

主要指数2022年1月7日

 

*2

私のポートフォリオのパフォーマンス

f:id:umihiroya:20211117004107p:plain

 

昨日の結果を踏まえて、私のポートフォリオのパフォーマンスはこの様になっています。

 

  • うみひろ:-0.22%

詳しい情報は、12時ごろに公開予定の「投資成績」の記事を御覧ください!

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

前日の投資成績はこちらから

 

umihiro.hateblo.jp

 

 

※私のポートフォリオには「投資信託」が含まれているため前日の成績だけではなく前々日の結果が含まれています。

※元本を引いた運用損益の結果となっています。

あと、この数字には仮想通貨(暗号資産)の状況については組み込まれていなわよ

当ブログの投資成績につきましては資産管理、家計簿アプリのマネーフォワードを活用しています。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

レバレッジ投資信託の資産推移

f:id:umihiroya:20211117004148p:plain

 

.

レバレッジ投資信託の資産推移2022年1月7日

レバレッジ投資信託の資産推移2022年1月7日



 

毎日レバレッジ型の投資信託に積立投資をしています。

今日のレバレッジ投資信託の結果です。

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

 

気になるニュース

f:id:umihiroya:20211111231002p:plain

気になるニュースをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

個別銘柄のニュースについては「注目銘柄」で紹介します。

雇用統計

 

雇用統計、12月19.9万人増と予想下回る 失業率は3.9%に改善
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米労働省が7日発表した2021年12月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比19万9000人増と、市場予想の40万人増を下回った。
  • 労働力不足が重しとなった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が混乱する中、短期的には雇用の伸びは緩やかな状態が続く可能性がある。
  • 同時に、12月の失業率は22カ月ぶりの低水準となる3.9%と、前月の4.2%から改善し、労働市場がタイトな状態になっていることが示された。
  • 市場予想は4.1%だった。
  • 11月の雇用者数の増加幅は当初発表の21万人から24万9000人へ上方改定された。
  • 21年通年での増加幅は640万人と、1939年の統計開始以降で最大となり、好調な回復基調を示唆した。
  • バイデン米大統領は、自身の進める「経済計画が奏功していると言える。計画によって、米国の雇用は回復し、立ち直りつつある」と言明した。
  • しかし、雇用者数は依然として20年2月のピークを360万人下回っている。
  • BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、サール・グアティエリ氏は「人手不足が主因となり、米労働市場は年末にかけ幾分失速した可能性があるが、少なくとも現時点では十分に持ちこたえている」とし、「1月の統計は低迷する可能性があり、その後数カ月は、現在の新型コロナ感染の波に左右される」と述べた。
  • 12月の失業率が米連邦準備理事会(FRB)の長期予測である4%を下回ったことで、一部のエコノミストの間では3月にも利上げが始まるという観測が高まった。
  • シティグループのチーフ米国エコノミスト、アンドリュー・ホレンホースト氏は「大半のFRB当局者は最大雇用を達成したと結論付けるだろう。初回の利上げは3月、22年中に4回の利上げが実施されると予想する」と述べた。
  • 12月の統計は業種別で、レジャー・接客が5万3000人増、専門職・企業サービスが4万3000人増、製造業が2万6000人増、建設業が2万2000人増だった。輸送・倉庫業なども増加した。
  • 一方、小売は減少。政府部門も1万2000人減少した。
  • 家計調査に基づくと、12月は16万8000人が労働市場に参入した。
  • 労働参加率は前月から横ばいの61.9%で、コロナ禍前の63%を引き続き下回っている。
  • 人口に占める雇用者の比率は59.5%と、11月の59.3%から上昇した。
  • 労働市場の逼迫を反映し、時間当たり平均賃金は前月比0.6%上昇と、11月の0.4%上昇から伸びが加速。
  • しかし、前年同月比では4.7%上昇と、5.1%上昇から鈍化した。平均週間労働時間は横ばいの34.7時間だった。米労働省が4日に発表した11月の雇用動態調査(JOLTS)は自発的な離職件数が過去最大、求人件数の高止まりを示し、深刻な人手不足の状況を浮き彫りにした。

jp.reuters.com

 

 

 

  用語解説などはこちらから

 

長期金利の動きと恐怖指数【VIX指数とVXN指数】

f:id:umihiroya:20211117004234p:plain

 

ここでは、ハイテクグロース株に大きく影響のある長期金利(米国10年債)の動きと、恐怖指数(VIX指数とVXN指数)をまとめます。

 

恐怖指数は投資家の心理状態を数値化しているものとして多くの投資家が参考している指数よ

長期国債(米国10年債利回り)

f:id:umihiroya:20211118223342p:plain

 

米国債2022年1月7日

米国債2022年1月7日

 

長期国債とグロース株の関係とは?
長期国債とグロース株の関係とは…(クリックで下に詳細を表示します) 基本的に長期国債と、グロース株については「逆相関」の関係があるといいます。長期国債が上がれば、グロース株が売られてグロース株の値段が下がってしまいます。
リスクの高いハイパーグロース株よりも安全資産である国債の利率があがればお金が「安全で稼げる」方に流れると行った感じです。

長期国債が上がっていくとハイテクグロース株にとっては逆風になっていくわ

一般的にハイテクグロース株とは逆相関関係にあると言われてるね

 

 

  金融の進化フィンテックとBNPLなど

 

恐怖指数

f:id:umihiroya:20211118223450p:plain

 
VIXの動き(S&P500)

VIX -4.33% 18.76

 

VXNの動き(NASDAQ100)

VXN -0.62% 25.65

 

VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)ついて
VIX指数とVXN指数について(恐怖指数)とは…(クリックで下に詳細を表示します)
  • VIX指数はS&P500VXN指数はNASDAQ100に対する恐怖指数です。
  • 平常時のVIXは、だいたい10〜20程度
  • 30を超えてくる場合は警戒領域
  • NASDAQ100の恐怖し指数を表すVXNは、だいたい30〜39程度(30台で推移)
  • 40を超えてくる場合は警戒領域
参考比較(VIX)
  • 2008年9月  リーマン破綻 48.4
  • 2008年10月 リーマンショック 89.53
  • 2020年3月 コロナショック 85.47
VIX指数は数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。別名「恐怖指数」とも呼ばれています。VIX指数はVolatility Indexの略です。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表しているボラティリティ指数になります。

 

米国株市場(S&P500)の状況

f:id:umihiroya:20211117004744j:plain

 

S&P500ヒートマップ

まずは、S&P500のヒートマップを御覧ください。

S&P500ヒートマップ2022年1月7日

S&P500ヒートマップ2022年1月7日



*3

 

 

S&P500グロース【IVW】orバリュー【IVE】

S&P500グロース -0.97% 79.93
S&P500バリュー 0.27% 158.41

 

全体的に下落はしたものの、グロース株中心に売られていることがわかります。

今週はバリュー株が強い1週間だったね。

SPYのチャート

これはS&P500のETFである【SPY】のチャートになります

 

※【SPY】「SPDR S&P500 ETF」

 

ETF【SPY】とは?
SPYとは…(クリックで下に詳細を表示します) SPYは正式名称「SPDR S&P500 ETF」でNY【SPY】、東京証券取引所【1557】にも上場しています。1993年1月に設定されたS&P500(S&P 500 Index)に連動した米国において最初のETFです。

 

S&P500個別銘柄の上昇率上位

ディスカバリー・コミュニケーションズ(A) DISCA 30.06 16.87% 米国のメディア企業。サイエンス、テクノロジー、自然、歴史に関連する番組作りで知られる。 通信
ディスカバリー・コミュニケーションズ(K) DISCK 29.34 16.80% 米国のメディア企業。サイエンス、テクノロジー、自然、歴史に関連する番組作りで知られる。同社ネットワークには、ドキュメンタリー番組「ディスカバリー・チャンネル」など 通信
アラガン AGN 5.20 11.83% 医薬品企業。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の製造・販売に従事。米国内で約250種類のジェネリック医薬品を扱う ヘルスケア
バイアコムCBS VIAC 35.39 8.16% 米国のマスメディア企業。地方系列局とラジオ局も含む。 通信
ホスト・ホテルズ・アンド・リゾーツ HST 18.21 4.96% 不動産投資信託会社。高級ホテルの所有・管理を行う。米国をはじめ、ブラジル、チリ、カナダ、メキシコ、オーストラリアなどで「マリオット」、「リッツ・カールトン」、「ウェスティン」、「シェラトン」などのホテル134軒(客室数6万室)を展開 不動産
ディッシュ・ネットワーク DISH 34.38 4.31% 米国内で直接衛星放送サービス「DISH Network」の名前で展開する。有料テレビサービスは、直接放送衛星と固定衛星サービススペクトルを使い地域や専門スポーツチャンネル、プレミアムムービーチャンネルなど 通信
コンチョリソーシズ CXO 0.63 4.17% 米国の石油・天然ガス会社。石油や天然ガス田の探査、取得、開発に従事する。 エネルギー
ロイヤル・カリビアンクルーズ RCL 81.02 3.98% 米国のクルーズ会社。ロイヤル・カリビアン・インターナショナル、セレブリティ・クルーズ、シルバーシー、アザマラ、TUIクルーズおよびハパック-ロイド・クルーズのクルーズラインプランドを管理・運航。 消費財
ノルウェージャン・クルーズ・ライン NCLH 22.20 3.98% 米国のクルーズ船運航持株会社。すべてのクルーズ船において、フリースタイルクルージングと呼ばれる形式を取り入れ、リゾートスタイルの雰囲気と食事を提供する。 消費財
カーニバル CCL 21.90 3.94% 豪華客船の運航会社。北米、欧州、オーストラリア、アジアで「カーニバル・クルーズ・ラインズ」、「プリンセス・クルーズ」など。 消費財
アメリカン航空
American Airlines Group
AAL 19.28 3.82% 米国の大手航空会社。旅客事業と貨物事業をグローバルに展開する。 資本財
ラムウェストン LW 70.24 3.74% 米国の冷凍食品メーカー持株会社。子会社を通じ、主に冷凍フライドポテトの生産・加工・流通に従事する。 必需品
プログレッシブ PGR 109.18 3.72% 米国の保険持株会社。中小企業向け自動車保険、その他特殊損害保険、関連サービスを展開。 金融
ウエスタンユニオン WU 19.01 3.65% 送金サービスを提供する持株会社。国内送金および海外送金を扱い、多通貨の送金処理システムを駆使した世界各地の第三者代理店ネットワークを通じ、リアルタイムで電子送金サービスを提供す 情報技術
コナグラ・ブランズ CAG 34.75 3.64% 米国の大手食品メーカー。家庭用食品は「バンケット」、「シェフ・ボヤーディ」や「ヘルシー・チョイス」、業務用食品は「コナグラ・ミルズ」、「ラム・ウェストン」などのブランド名で提供 必需品
デルタ航空 DAL 41.51 3.48% 米国大手航空会社。アトランタを拠点とし、自社便および提携便を含め世界中へのネットワークで定期旅客便の運航と貨物輸送サービスを展開する。米国から中南米やカリブ海諸国へのアクセスも良好。 資本財

 

S&P500個別銘柄の下落率上位

DRホートン DHI 95.24 -6.17% 米国の住宅建築業者。事業は住宅建築事業と金融サービス部門で構成。住宅建築事業は米国25州の73都市で、住宅用土地を取得、開発 消費財
カプリ・ホールディングス CPRI 61.84 -5.83% 衣料品およびアクセサリーをデザインする。ハンドバッグ、靴、腕時計、セーター、パーカー、パンツ、サングラス、ブーツなどを販売。世界各地で事業を展開。 消費財
ザイリンクス
Xilinx, Inc.
XLNX 193.07 -5.38% 米国の半導体企業。IC、ソフトウエア設計ツール、リファレンスデザイン、IPコアなどのプログラマブル・ロジック・デバイスを提供。NASDAQ100銘柄。 情報技術
タペストリー TPR 39.34 -5.11% 米国の皮革製品メーカー。主要製品はブランド名COACH(コーチ)。 消費財
アビオメド ABMD 319.28 -5.10% 米国の医療装置メーカー。心不全患者の心臓回復治療に必要な循環補助装置や内蔵型循環補助装置、モニタリング装置を開発、製造、販売する。 ヘルスケア
Tモバイル TMUS 109.74 -5.04% 米国の移動通信サービス会社。後払い・前払い無線通話、メッセージ送信、データサービスおよび卸売無線サービスを、全国ネットワークを通じて顧客に提供する。 通信
プルトグループ PHM 52.28 -5.00% 住宅金融サービス事業に従事。住宅建設事業は、一戸建て住宅、タウンハウス、コンドミニアム、デュープレックスハウス(2棟戸建)を開発、建設を行う。 消費財
レナー LEN 102.95 -4.80% 大手の住宅建築業者。住宅建設事業は一戸建て住宅、連棟式住宅を「レナー」のブランド名で建設、販売 消費財
アンダーアーマー(A) UAA 19.85 -4.70% 衣料品企業。男性、女性、子供用のスポーツ衣料、フットウエア、小物を開発、製造、販売する。 消費財
ラム・リサーチ
Lam Research Corporation
LRCX 669.29 -4.65% 米国の半導体関連の卸売企業。主な取り扱い製品は、絶縁膜エッチング装置、コンダクタエッチング装置、Si貫通電極(TSV)形成用エッチング装置、MEMS(微小電気機械システム)用シリコン深堀エッチング装置、ウエハー洗浄装置など。 情報技術
アイデックス・ラボラトリーズ IDXX 550.30 -4.52% 米国の動物用医療機器製造会社。動物のヘルスケア、食品衛生および水質管理における検査機器のほか、診断関連サービスを提供する。 ヘルスケア
NVR NVR 5,438.88 -4.43% 米国の住宅建設会社。戸建住宅、タウンハウスやマンションの建設、販売を行う。 消費財
エクィファクス EFX 267.45 -4.43% 米国の信用調査会社。米国内で企業向けにオンライン個人信用照合、不正利用、マーケティング、顧客データ管理などのサービスを行うほか、カナダ、欧州、中南米で個人信用情報とマーケティング事業を展開。 資本財
ゼブラ・テクノロジーズ ZBRA 530.86 -4.38% 米国の印刷機メーカー。自動認証、データ収集および個人認証のために使用される印刷装置を設計、製造、販売する。 情報技術
シノプシス
Synopsys, Inc.
SNPS 330.36 -4.24% シノプシスは半導体設計用のEDA(electronic design automation:IC設計、検証を自動的に行う)ソフトウエアの開発、販売、保守を行う米国の会社。 情報技術
エクストラ・スペース・ストレージ EXR 208.45 -4.23% 米国の不動産投資信託(リート)。個人向け貸倉庫の所有・運営・取得に従事する。また、倉庫の運営、管理を第三者に受託する。 不動産

 

 

投資が不安、苦手、勉強したくないという人はこの本を読んで毎日このブログをチェックすることとETFやインデックスファンドを購入しておけば大丈夫よ!

 

  インデックス投資とは?

 

 

 

 

ジャック・ボーグルとは?
ジャック・ボーグルとは…(クリックで下に詳細を表示します) ジョン・クリフトン・“ジャック”・ボーグルはアメリカ合衆国の投資家、実業家、慈善家です。世界初の個人投資家向けのインデックス・ファンドを設定した人物です。幅広い投資家に低コストで投資ができる機会を与えた人物としても知られています。「インデックス・ファンドの父」とも呼ばれています。経費率の比較的安価なETFで有名なヴァンガードグループを創設者です。2019年食道がんで死去。

 

世界の株価

f:id:umihiroya:20211117004919p:plain

 

ここでは、アメリカに上場(ADR)している世界の株式を中心に見ていきます。 主に、中国株・インド株を中心に見ていきます。

ワールドヒートマップ

ワールドヒートマップ2022年1月7日

ワールドヒートマップ2022年1月7日



*4

アメリカ以外のアメリカに上場している株式(ADR)の状況です。

中国が好調になってきた感じがあるけど、来週はどうなるんだろうね。

半導体が厳しいみたいだね。

 

中国の状況

中国株のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

中国株にも頑張ってもらわないとね。

 

  ATMX+とは?中国のFANG+?

 

インド株の状況

少額ながらインド株にも投資しているのでインド銘柄も見ていきます。

インド株銘柄のADR情報は、セクター別の記事にて掲載しています。

 

コロナや、宗教、貧富の差などに問題点はあるけど、これから魅力的な市場であることは間違いないので、インドにも今後とも注目していきたいですね

インドの個別株についてはこの記事で解説してるわよ

 

  インド銘柄まとめ

 



 

NASDAQ100の様子

f:id:umihiroya:20211116144150j:plain

 

ここでは、NASDAQ100に対しての分析を行います。

NASDAQに対して結構投資してるのよね?

iDeCo(イデコ)もそうだけど、レバナスや積立でもNASDAQ100に投資してるからね。かなり影響度合いは大きいよ

QQQのチャート

 

 

QQQとは?
QQQとは…(クリックで下に詳細を表示します) QQQはナスダック100指数の価格と利回りに連動する投資結果を提供するETFです。1999年3月に設定されてインベスコ社が運用しており、個人投資家からも人気のETFです。

 

 

NASDAQ100個別銘柄の騰落率上位

次にNASDAQ100銘柄のうちで騰落率が比較的高かった銘柄をピックアップしていきます。

 

NASDAQ100で上がった銘柄

拚多多/ピンドュオドュオ
Pinduoduo Inc.
PDD $55.90 7.23%
ペロトン・インタラクティブ
Peloton Interactive, Inc.
PTON $35.58 5.08%
チェック・ポイント・ソフトウェア
Check Point Software Technologies Ltd.
CHKP $119.50 3.87%
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
Walgreens Boots Alliance, Inc.
WBA $53.84 2.67%
網易 / ネットイース
NetEase, Inc.
NTES $99.71 2.56%
京東 / ジェイディー・ドットコム
JD.com, Inc.
JD $68.24 2.19%
アメリカン・エレクトリック・パワー
American Electric Power Company, Inc.
AEP $90.80 1.82%
百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $153.33 1.71%
エレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
EA $131.78 1.61%
フォックス(クラスA)
Fox Corporation (Class A)
FOXA $39.02 1.54%
フォックス(クラスB)
Fox Corporation (Class B)
FOX $36.00 1.47%
クラフト・ハインツ
The Kraft Heinz Company
KHC $37.35 1.41%
アムジェン
Amgen Inc.
AMGN $227.29 0.94%
エクセル・エナジー
Xcel Energy Inc.
XEL $69.10 0.88%
リジェネロン・ファーマスーティカルズ
Regeneron Pharmaceuticals, Inc.
REGN $603.73 0.88%
マリオット・インターナショナル
Marriott International, Inc.
MAR $166.66 0.87%

 

NASDAQ100で下がった銘柄

メルカドリブレ
MercadoLibre, Inc.
MELI $1,085.36 -6.17%
ザイリンクス
Xilinx, Inc.
XLNX $193.07 -5.38%
TモバイルUS
T-Mobile US Inc.
TMUS $109.74 -5.04%
ドキュサイン
DocuSign, Inc.
DOCU $135.93 -5.01%
ラム・リサーチ
Lam Research Corporation
LRCX $669.29 -4.65%
アイデックス・ラボラトリーズ
IDEXX Laboratories, Inc.
IDXX $550.30 -4.52%
シノプシス
Synopsys, Inc.
SNPS $330.36 -4.24%
ケイデンス・デザイン・システムズ
Cadence Design Systems, Inc.
CDNS $166.02 -4.10%
ロス・ストアーズ
Ross Stores, Inc.
ROST $104.99 -4.07%
マイクロチップ・テクノロジー
Microchip Technology Incorporated
MCHP $81.93 -3.95%
テキサス・インスツルメンツ
Texas Instruments Incorporated
TXN $179.44 -3.92%
CDW
CDW Corporation
CDW $198.38 -3.80%
ルルレモン・アスレティカ
Lululemon Athletica Inc.
LULU $355.21 -3.68%
アライン・テクノロジー
Align Technology, Inc.
ALGN $546.99 -3.63%
コパート
Copart, Inc.
CPRT $136.41 -3.58%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $1,026.96 -3.54%

 

半導体関連の下落がやっぱり目立ってるね。

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次はセクター別の市場の動きを見ていきたいと思います。

▶▶セクター別に大きな動きがあるのか注目してトレンドを掴んでいきたいですね!

 

◆◆◆

 

 

 

 

セクター別の考察

本日のセクター別のパフォーマンスはこの様になっています。

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月7日

セクター別パフォーマンス(1日と1週間)2022年1月7日



*5

※下記のETFとは構成銘柄が違うため若干の乖離はあります。

上昇したセクター

上昇していたセクターは航空や、旅行を含めてエネルギー関連、金融、公益、生活必需品とバリュー株関連が上昇でした。

航空 JETS $22.21 2.35%
エネルギー VDE $85.52 1.23%
スポーツベッティング BETZ $23.84 1.02%
金融 VFH $101.06 0.96%
金鉱株 GDX $30.01 0.84%
インドETF INDA $47.13 0.81%
公共事業 VPU $153.91 0.74%
GLD $167.75 0.46%
旅行 AWAY $24.13 0.33%
生活必需品 VDC $200.59 0.25%
ソーシャルメディア SOCL $50.95 0.08%
通信 VOX $132.60 0.04%
素材 VAW $194.50 0.01%
口コミ BUZZ $22.05 0.00%

下落したセクター

下落したセクターは、半導体や一般消費財、あとはハイテク関連などが下落しています。またヘルスケア、不動産、クリエネ、資本財なんかも下落しています。

  

仮想通貨関連 CRYPTO -$0.02 -0.02%
サイバーセキュリティ BUG $29.52 -0.30%
資本財 VIS $202.28 -0.36%
Eコマース EBIZ $25.97 -0.38%
AI&ビッグデータ AIQ $30.18 -0.40%
クリーンエネルギー ICLN $19.66 -0.46%
不動産 XLRE $49.27 -0.52%
ヘルスケア VHT $252.48 -0.61%
フィンテック FINX $37.12 -0.83%
クラウド銘柄 CLOU $24.18 -0.90%
情報技術 VGT $434.86 -1.02%
ARKイノベーションF ARKK $84.42 -1.36%
一般消費財 VCR $330.60 -1.65%
半導体 SOX $3,796.32 -2.88%

 

セクターについて
セクターについて…(クリックで下に詳細を表示します) 産業分類について、S&P、FTSE Russellは11の産業分類を行っていますが、ヴァンガード社のETFを参考にさせていただきます。 不動産はスパイダーシリーズを採用しています。
  • エネルギー(Energy):【VDE】
  • 素材(Materials):【VAW】
  • 資本財(Industrials):【VIS】
  • 一般消費財(Consumer Discretionary):【VCR】
  • 生活必需品(Consumer Staples):【VDC】
  • ヘルスケア(Health Care):【VHT】
  • 金融(Financials):【VFH】
  • 情報技術(Information Technology):【VGT】
  • 通信サービス(Communication Services):【VOX】
  • 公益事業(Utilities):【VPU】
  • 不動産(Real Estate):【XLRE】
なお、現在の情勢を踏まえて、景気の回復などを中止するため航空業界【JETS】・半導体関係【SOX】、金価格【GLD】、旅行【AWAY】クリーンエネルギーETF【ICLN】5G関連銘柄を私が詰め合わせたオリジナルETFeコマース【EBIZ】スポーツベッティング【BETZ】フィンテック【FINX】ソーシャルメディア【SOCL】インドETFの「iシェアーズMSCIインドETF」【INDA】ARK社のARKK(後述)も追加しておきます。

 

注目セクターについては、セクター別の記事にて紹介しています。

  • 金融銘柄、フィンテック銘柄、BNPL銘柄
  • 中国株、インド株銘柄のADR銘柄
  • 半導体銘柄(半導体メーカー、半導体装置)
  • ワクチン銘柄(ワクチン銘柄と治療薬銘柄)
  • 仮想通貨関連銘柄(マイニング、取引所銘柄など)
  • eコマース銘柄(ネットショッピング関連銘柄)
  • 5G関連銘柄(通信など5G関連銘柄)
  • クラウド銘柄(SaaS企業やクラウド関連銘柄)
  • オンラインカジノ銘柄(スポーツベッティングやオンラインカジノ銘柄)
  • クリーンエネルギー銘柄
  • 旅行、航空銘柄(旅行関係、航空会社関連銘柄)

 

  12時ごろ公開予定の投資成績

 

 

 

◆◆◆ 

 

  NEXT:次は…

▶▶次は私が注視している主要銘柄になります。

▶▶ポートフォリオに対する影響力が大きい銘柄を中心に紹介していきます!

 

◆◆◆

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

AD:絶対に読んだほうがいい1冊
「ウォール街ランダムウォーカー」とは…(クリックで下に表示します) 投資家にとっての教科書であり、「ウォール街の教科書」と称される書籍です。 1973年に原著が発売されてからすでに半世紀以上が経過したいまでも増版されているロングセラーです。 投資を始めている人でこの書籍を読んでいない人は絶対に読むべき1冊です。 バブルの歴史やファンダメンタル対テクニカルやアクティ対パッシブなど詳しく書かれていると同時中身が古びない内容で書かれています。 特にこの本を参考にした記事や理論は多く、ベースとなる知識など投資家のまさに教科書的な存在として、ウォール街の教科書として書かれています。 読んだことがない人は絶対に読みましょう。

 

 

FANG+銘柄

f:id:umihiroya:20201019225458j:plain

この項目では主要銘柄の動きを見ていきたいと思います。

主に私が投資している個別銘柄やFANG+インデックス銘柄などを見ていきたいと思います。

私がメインと投資している銘柄のNASDAQ100への寄与度も高く、S&P500に対しても非常に影響力が大きい銘柄となっています。

今日のFANG+銘柄

f:id:umihiroya:20201019225951j:plain

今日のFANG+indexのパフォーマンスはこうなっています。

FANG+index2022年1月7日

FANG+index2022年1月7日

*6

内訳としてはこの様になっています。

アリババとバイドゥが引き続き上がってるね、ついに底を打ったのかな?!

とはいっても下落しているからね…

 

阿里巴巴集団 /アリババ
Alibaba Group
BABA $129.81 2.49%
百度 / バイドゥ
Baidu, Inc.
BIDU $153.33 1.71%
ツイッター
Twitter, Inc.
TWTR $39.67 0.20%
アップル
Apple Inc.
AAPL $172.17 0.10%
フェイスブック
Facebook, Inc.
FB $331.79 -0.20%
アマゾン
Amazon.com, Inc.
AMZN $3,251.08 -0.43%
アルファベット
Alphabet Inc.
GOOGL $2,740.34 -0.53%
ネットフリックス
Netflix, Inc.
NFLX $541.06 -2.21%
エヌビディア
NVIDIA
NVDA $272.47 -3.30%
テスラ
Tesla, Inc.
TSLA $1,026.96 -3.54%

 

FANG+とは?

FANG+とは?

 

FANG+銘柄2022年1月7日

FANG+銘柄2022年1月7日



レバFANGがメインだとこれらの銘柄が重要になってくるからね!

かといって投資信託なんだし、個別で売買できるわけじゃないじゃん?

そうだけど、個別に注目しておくことは重要だよ。

 

FANG+の注目銘柄

アップル【AAPL】

Apple Inc

Apple Inc

アップル【AAPL】2022年1月7日

アップル【AAPL】2022年1月7日



アップルのクックCEO、21年報酬は従業員の1447倍
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)の2021年の報酬が同社の平均的な従業員の給与の1447倍になったことが7日付の提出資料で分かった。
  • アップルによると、21年の従業員給与の中央値は6万8254ドル。
  • 一方、クック氏の報酬は給与は引き続き300万ドルだったが、株式報酬で8230万ドル、アップルの目標達成に伴う報酬で1200万ドルなどが加わり、合計9870万ドルとなった。
  • アップルの21年度の売上高は30%超増加し3658億2000万ドル。
  • 好業績を背景に株価が上昇し、時価総額は今年に入り一時3兆ドルを超えた。20年の従業員給与の中央値は5万7783ドル。
  • クック氏の同年の報酬は1480万ドルで従業員の256倍だった。
  • 米シンクタンクの経済政策研究所(EPI)によると、米実業界のCEOの20年の報酬は一般的な従業員の351倍だった。

jp.reuters.com

 

  AAPL】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■アップルは米国のIT機器大手。メディアデバイス、PC、スマートフォン、タブレット端末などのデザイン・製造・販売に従事し、主要製品は「Mac」、「iPhone」、「iPad」、「iPod」、「Apple Watch」、「Apple TV」などの消費者製品で、「iOS」や「iCloud」、「ApplePay」なども展開する。デジタルコンテンツやアプリも販売する。*7

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

 

 

注目個別銘柄

f:id:umihiroya:20211118223700p:plain

 

 

気になる個別銘柄を見ていきたいと思います。

ウォルマート【WMT】

Walmart Inc.

Walmart Inc.

ウォルマート【WMT】2022年1月7日

ウォルマート【WMT】2022年1月7日



ウォルマート、中国のサイバー安全法に違反=地元メディア
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 中国国家市場監督管理総局系メディアの中国質量新聞網は、米小売り大手ウォルマートがサイバーセキュリティー法に違反したと報じた。
  • 深センの警察は昨年11月下旬、同社のネットワークシステムに19の「脆弱性」を見つけたが、同社の対応が遅いと批判しているという。
  • ウォルマートは是正措置を命じられた。
  • 罰金の有無や脆弱性の詳細は不明。同社と深セン警察のコメントは取れていない。
  • 地元メディアによると、ウォルマートは新疆ウイグル自治区の製品をアプリや店頭から排除したとして中国国内で批判を浴びており、系列の会員制スーパー「サムズ・クラブ」で会員の脱会が相次いでいる。
  • 中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会もウォルマートとサムズ・クラブを「愚かで短絡的」と非難している。

jp.reuters.com

 

  WMT】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ウォルマート・ストアズは大手小売業者。米国50州とプエルトリコでディスカウントストア、スーパーセンター(食料品併売、平均面積18万2,000平方フィート)、ネイバーフッドマーケット(スーパーマーケット)のほか、会員制の大型ディスカウントショップ「サムズクラブ」を運営。また、26カ国で小売店やレストランを展開。*8

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

シティグループ【C】

シティグループ【C】

Citigroup Inc

シティグループ【C】2022年1月7日

シティグループ【C】2022年1月7日



シティ、14日までにワクチン未接種の従業員を解雇へ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米シティグループが7日、従業員に対し、一部の例外を除いて1月14日までに新型コロナウイルスワクチンを接種しない場合は無給休暇を取得することとなり、月末に解雇すると通知した。
  • 関係者の話で分かった。
  • 米大手金融機関が厳格なワクチン接種の義務化に踏み切るのは初めて。
  • 関係筋によると、従業員の90%がこの方針に従っており、その比率も急速に上昇しているという。
  • シティは昨年10月、米国の全従業員について、ワクチン接種を雇用条件として義務付けると発表。
  • ただ、宗教上あるいは医療的な理由による接種免除や、州や自治体の法令に基づくその他の措置については個別に対応するとしていた。

jp.reuters.com

 

  C】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■シティグループは個人と法人向けに世界160カ国以上で金融サービスを展開する米国の大手銀行持株会社。クレジットカード「Citi」を含む一般消費者向け小売銀行業務、企業向け銀行業務、投資銀行、証券仲介、機関投資家向けのプライベートバンキングなどの業務を行う。また資産運用・管理のほか、米国内外での住宅ローンや個人融資などの消費者金融も扱う。*9

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

フェデックス【FDX】

FedEx Corp

FedEx Corp

フェデックス【FDX】2022年1月7日

フェデックス【FDX】2022年1月7日



フェデックス、貨物輸送が遅延 オミクロン感染拡大で人員不足
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 米宅配大手フェデックスは7日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染拡大によって人員が不足し、航空貨物輸送に遅れが生じていると発表した。
  • フェデックスは「オミクロン株の爆発的な感染拡大により、乗務員や業務スタッフが一時的に不足している」と指摘。
  • テネシー州メンフィスの主要航空ハブを含む全米各地での深刻な大雪も影響を及ぼしており、混乱を最小限に抑えるため、緊急時対応計画を実施し、業務を調整しているとした。

jp.reuters.com

 

  FDX】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■フェデックスは大手物流サービス会社。「フェデックス」ブランド名で各種輸送業務を提供。主に、国際速達便輸送、宅配サービス、小包混載サービス、小口貨物輸送、貿易事業・税関手続き関連サービスのほか、北米で即時配送サービスを展開。また、コピー・印刷、販促物作成、オンライン印刷などのサービスを提供。本社はテネシー州メンフィス。*10

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

ロイヤル・ダッチ・シェル【RDSB】

Royal Dutch Shell Plc

Royal Dutch Shell Plc

ロイヤル・ダッチ・シェル【RDSB】2022年1月7日

ロイヤル・ダッチ・シェル【RDSB】2022年1月7日



シェル、70億ドルの自社株買いを「着実に」実施へ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは70億ドル規模の自社株買いについて「着実に」実施する方針を示した。
  • シェルは昨年、米パーミアンのシェール資産を米石油大手コノコフィリップスに現金約95億ドルで売却し、このうち70億ドルを株主に還元すると発表した。
  • 「売却収入の残りの55億ドルは自社株買いの形で着実に分配する」と表明した。
  • 昨年第4・四半期は、天然ガスの生産と液化がオーストラリアを中心とする予定外のメンテナンスによる影響を受けたと指摘した。
  • 天然ガスの液化量は770万─830万トンになる見込みとした。2019年第4・四半期のピークである920万トンを大きく下回る。
  • 第4・四半期の液化天然ガス(LNG)の取引は、前期比で「大幅な増加」としている。マーケティング部門は利益は前期比で減少したもよう。
  • 新型コロナウイルスのオミクロン株による需要への影響とトルコでの為替の影響を理由に挙げた。

jp.reuters.com

 

  RDSB】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■ロイヤル・ダッチ・シェルはオランダのハーグに本拠地を置くオランダと英国の石油持株会社。原油・天然ガスの探鉱と生産のほか、ガスの液化と輸送、オイルサンドからのビチューメン抽出に従事。欧州、アジア、オセアニア、アフリカ、北米、南米で事業を展開。また、風力発電、代替エネルギー事業、石油製品と化学品の製造や販売も行う。*11

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

スターバックス【SBUX】

Starbucks Corp.

Starbucks Corp.

スターバックス【SBUX】2022年1月7日

スターバックス【SBUX】2022年1月7日



スターバックスが下落 アナリストが投資判断を「中立」に引き下げ
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • スターバックスが下落。
  • 2名のアナリストが投資判断を「中立」に引き下げた。
  • 今年の利益および1株利益の上昇を見通せないと指摘。
  • また、別のアナリストは、株価のバリュエーションと今年度の利益見通しを考慮すると、短期的に株価上昇余地は小さいと指摘した。

us.kabutan.jp

 

  SBUX】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■スターバックスは、世界50カ国以上でコーヒーショップチェーンを展開。コーヒー豆を焙煎し販売するほか、ドリップコーヒー、イタリア風のエスプレッソコーヒー、アイス飲料、デザート、コーヒー関連器具、各種紅茶、音楽CDを販売する。また、その他流通網(食料品店、大型ディスカウントストア、フードサービス産業)を通じてコーヒーと紅茶製品の販売も行う。*12

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

コールズ【KSS】

Kohl's Corp.

Kohl's Corp.

コールズ【KSS】2022年1月7日

コールズ【KSS】2022年1月7日



コールズが下落 インフレ圧力で今年の株価見通しは厳しいとの指摘
NEWS
ニュースを見る…(クリックで下に詳細を表示します)
  • 百貨店のコールズが下落。
  • アナリストが投資判断を「売り」に引き下げ、目標株価もウォール街で最も低い38ドルとした。
  • 前日終値よりも22%低い水準。
  • インフレ圧力の高まりで、今年の株価見通しは厳しいと指摘している。
  • インフレは過去2カ月間でアパレルなどのソフトライン産業の主要なテーマになっている。
  • 米政府による財政刺激策の打ち止めに加えて、業界全体の在庫増加と金利上昇により、同社の売上高と利益の落ち込みは予想を遥かに上回ると指摘。
  • 現在、同社の成長見通しはソフトライン・セクターの中で最も弱いと見ており、22年度の1株利益はコンセンサスよりも41%下回ると予想している。
  • インフレによるコスト増は23年度まで長引く可能性があり、プロモーション環境とデジタル販売普及、そして、旗艦ブランドの利益率低下と伴に、2020年12月にオムニチャネルのパートナーシップを締結した「セフォラ(Sephora)」ブランドのメリットも相殺すると指摘した。

us.kabutan.jp

 

  KSS】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します) ■コールズは米国で百貨店を運営。婦人・紳士・子供用衣料品、アクセサリー、化粧品、靴に加え、タオル・寝具、室内装飾品、小型家電、台所用品、ベビー用品、玩具などを取り扱う。また、衣料品、台所用品、寝室・浴室用品のほか、店舗では販売しない家具やデジタル家電を、「Kohls.com」にてオンライン販売で提供。*13

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

 

 

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

  チェックポイント【結論】
  • 【主要指数】市場は全面安となり、S&P500とNASDAQにいたっては4日連続での下落となっています。雇用統計の発表がありましたが、平均賃金が予想以上に上昇して、失業率も大きく低下していました。利上げが現実的隣金利の上昇も招いて中小、ハイテク銘柄などが大きく売られています。
  • 【小型株】金利の上昇に伴い、ラッセル2000は-1.20%と下落しています。
  • 【個人成績】-0.22%と続落です。※個人の成績に付きまして詳しくは別記事にてご紹介しています。(12時ごろ公開予定)
  • 【長期金利】ここに来て金利が急上昇しており、昨晩は2.27%上がり10年債の利回りは1.764%となっています。
  • 【セクター】上昇していたセクターは航空や、旅行を含めてエネルギー関連、金融、公益、生活必需品とバリュー株関連が上昇でした。下落したセクターは、半導体や一般消費財、あとはハイテク関連などが下落しています。またヘルスケア、不動産、クリエネ、資本財なんかも下落しています。※セクター別の構成銘柄の騰落率については個人成績記事にて掲載しています。
  • 【FANG+】FANG+は続落で-0.60%になっています。アリババ、バイドゥは続伸して好調を維持している一方で金利上昇などの影響で6銘柄が下落となっています。特にエヌビディア、テスラは3%以上下げています。
  • 【予定】来週は消費者物価指数の発表があり、インフレの動向が確認できます。続落ではじまった1週間ですが来週には回復、あるいは底を打ってくれればいいですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

  12時ごろ公開予定の投資成績&注目セクター

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

 

 

参加お題
 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

*1:サムネイル画像の見方:中央部に主要指数を表示しています。両側にセクター別にプラスとマイナスのセクターを表示しています。注目銘柄は今回の記事でニュース記事、決算情報などをピックアップした個別銘柄になります。また下部のFANG+の銘柄は右側がプラス、左側がマイナスとわかるようにしています。

*2: https://sekai-kabuka.com/shisuu.html 

*3:参照:https://finviz.com/map.ashx

*4:参照:https://finviz.com/map.ashx

*5:参照:https://finviz.com/groups.ashx

*6:GoogleFinanceより

*7:ヤフーファイナンスより

*8:ヤフーファイナンスより

*9:ヤフーファイナンスより

*10:ヤフーファイナンスより

*11:ヤフーファイナンスより

*12:ヤフーファイナンスより

*13:ヤフーファイナンスより