ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【投資成績-1.21%】6月スタートの初日も暗雲!これから来るハリケーンに備えよ【私の金融資産の推移と注目セクターの様子】

おすすめ記事

この記事では前日の株式市場の結果から私個人のポートフォリオの資産の推移の変化と注目セクターの個別銘柄の様子についてお伝えしていく記事になります。

 

米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはデイリー記事にてご紹介していますので合わせて御覧ください。

 

  米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはこちらから

 

目次のリンクをクリックで気になるセクターにジャンプできるわよ

 

  チェックポイント【結論】

【個人成績】

前日比 -1.21%
個別銘柄 -0.06%
投資信託 1.05%
仮想通貨 -5.03%

 

  • 個人の投資成績としては-1.21%と下落し6月をスタートしています。
  • 個別株はほぼ変わりなかったのですが、仮想通貨市場が再び下落しておりポートフォリオを圧迫しています。
  • 5月は大きな下げだったので今月はどうにかプラスに持っていきたいですがどうなることでしょうか。
  • 年初来で言えば、半年になろうとする今月で-48.53%と大きく下げていますのでそろそろ盛り返してほしいと考えますが要人の意見や指標などからも非常に厳しい状況が続いていきそうですね。
  • 保有銘柄では、ブロック、コインベース、アファームといったフィンテックが軒並み大幅な下落をしていました。
  • またフリーポート・マクモランやニオ、ウィプロといった銘柄が上がっていたため全体的には軽微な下落で住んでいます。

保有投資信託 前日比
レバナス 1.85%
レバFANG+ 1.80%

 

  • レバレッジ投信は前日若干の上げがあったため僅かですが上昇しています。
  • ただ本日NASDAQ100、FANG+指数ともに下落していますので明日の成績は下落します。

【主要指数】

NYダウ -0.54% 328.13
S&P500 -0.75% 4,101.23
 NASDAQ総合 -0.72% 11,994.46
NASDAQ100 -0.74% 12,548.36
FANG+index -0.92% 5,214.18
ラッセル2000 -0.49% 1,854.82

 

  • 6月1日の米国株市場は続落でした。ダウは-0.54%、S&P500は-0.75%、NASDAQは-0.72%となっています。
  • 主要3指数はすべて下落しており厳しい6月のスタートなっています。

米国債 2年債 5年債 10年債
前日比 0.11 0.11 0.06
利回り 2.66% 2.66% 2.91%

 

  • 5月のISM製造業景況指数が予想を上回る強い結果となり、米国債10年物の金利が再び2.9%台に上昇したことも株安の要因になっています。
  • ISM製造業景況指数はオープン後に発表され、56.1と先月の55.4より改善はしているものの市場予想を上回りました。それを受けてサンフランシスコ連銀のデイリー総裁は「物価が落ち着くまで利上げを続けるべき」と発言したこともあり金融引き締めの警戒感が高まっています。
  • またJPモルガンのジェイミーダイモン氏がFRBの金融引き締めに対して警戒感を示し、景気先行きに対して懸念を示したことも市場から嫌気されていました。ロシア、ウクライナ問題など前例のない課題が組み合わされていることから投資家に向けて「経済のハリケーン」に身構えるべきだと警告しました。
  • またダウ構成銘柄でもあるセールスフォース【CRM】が決算発表をして大きく株価を上昇させていました。(+9.88%)
  • デルタ航空は第二四半期の売上を情報修正と明るいニュースもありました。

 【大型&小型株】

  VALU CORE GROWTH
S&P100大型 -0.75% -0.56% -0.70%
S&P500 -0.79% -0.75% -0.74%
S&P400中型 -0.74% -0.80% -0.78%
S&P600小型 -0.26% -0.33% -0.56%

 

  • 全体的に売られているため、これといった特徴がありませんでした。
  • ただ小型株に関しては大型よりは若干売りが弱かった事になっています。

 【セクター考察】

  • 多くのセクターやテーマが下落ししている中、好調だったのは天然ガスエネルギー関連の銘柄でした。また金の価格が上がったこともあり金鉱株も少し上昇しています。
  • 多くのセクターやテーマが下落しているのですが、中でも大きく下落したのは仮想通貨関連銘柄やARK関連のハイテクグロースでした。
  • 他にもフィンテックや航空、リチウムバッテリー関連なども下がっています。
  • 一番下落したテーマとしてはレアメタル、レアアース関連の銘柄も大幅(-6.83%)に下落しています。リチウムバッテリー関連も-2.30%と下落です。
  • ゴールドマンサックスが5月29日にレアアース関連には調整が入ると見通しを出したためと言われています。

【FANG+】

  • FANG+は全体では-0.92%と下落しており、6銘柄が下落していました。
  • 特にアリババ、メタ、テスラ、ネトフリは2%以上下落し全体を押し下げています。
  • プラスだったのはAmazonで1.23%と昨晩は終始好調を維持していました。
  • メタに売りが強まっている要因としては、2008年からフェイスブックを支えていたシェリル・サンドバーグCOOが退任するというニュースが伝わったこともあります。
  • またメタは6月9日からティッカーシンボルを【FB】から【META】に変更予定です。

【予定】

  • 今週は雇用統計(21:30)がありインフレの動向などに注目が集まります。
  • 来週6月6日からはアップルの開発者会議(WWDC)が行われます。
  • 6月7日から9日までは米国債の入札があります。
  • 6月10日は中国の生産者物価指数、消費者物価指数の発表と米国の消費者物価指数の発表があります。

 

 

【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

2022年6月1日の米国株市場全体(S&P500ヒートマップ)

f:id:umihiroya:20211117012400p:plain

 

全体の相場感としてはこの様になっています。

 

S&P500ヒートマップ2022年6月1日

S&P500ヒートマップ2022年6月1日

主要指数2022年6月1日

主要指数2022年6月1日

 

  チェックポイント
  • 6月1日の米国株市場は続落でした。ダウは-0.54%、S&P500は-0.75%、NASDAQは-0.72%となっています。主要3指数はすべて下落しており厳しい6月のスタートなっています。

米国債 2年債 5年債 10年債
前日比 0.11 0.11 0.06
利回り 2.66% 2.66% 2.91%

 

  • 5月のISM製造業景況指数が予想を上回る強い結果となり、米国債10年物の金利が再び2.9%台に上昇したことも株安の要因になっています。
  • ISM製造業景況指数はオープン後に発表され、56.1と先月の55.4より改善はしているものの市場予想を上回りました。それを受けてサンフランシスコ連銀のデイリー総裁は「物価が落ち着くまで利上げを続けるべき」と発言したこともあり金融引き締めの警戒感が高まっています。
  • またJPモルガンのジェイミーダイモン氏がFRBの金融引き締めに対して警戒感を示し、景気先行きに対して懸念を示したことも市場から嫌気されていました。
  • またダウ構成銘柄でもあるセールスフォース【CRM】が決算発表をして大きく株価を上昇させていました。(+9.88%)
  • デルタ航空は第二四半期の売上を情報修正と明るいニュースもありました。

米国債
米国債 2年債 5年債 10年債
前日比 0.11 0.11 0.06
利回り 2.66% 2.66% 2.91%

 

 

  チェックポイント
  • 米国10年債の利回りは2.91%となり、インフレ懸念FRBの金融引締しめ、ISM製造業景況指数の予想を上回ったことも起因して上昇しています。

 

 

 

主要指数 週間&半年バブルチャート

主要指数 週間&半年バブルチャート2022年6月1日

主要指数 週間&半年バブルチャート2022年6月1日



大型&小型株とグロースとバリュー株

  VALU CORE GROWTH
S&P100大型 -0.75% -0.56% -0.70%
S&P500 -0.79% -0.75% -0.74%
S&P400中型 -0.74% -0.80% -0.78%
S&P600小型 -0.26% -0.33% -0.56%

 

 

ラッセル VALU CORE GROWTH
1000 -0.83% -0.86% -0.83%
2000 -0.20% -0.56% -0.77%
3000 -0.70% -0.75% -0.80%

 

 

  チェックポイント
  • 全体的に売られているため、これといった特徴がありませんでした。
  • ただ小型株に関しては大型よりは若干売りが弱かった事になっています。

 

私の金融資産の推移

f:id:umihiroya:20211117012441p:plain

 

昨日のトレード記録

f:id:umihiroya:20211117012603p:plain

 
個別銘柄の売買
  • 昨日は個別銘柄のトレードは行っていません。
投資信託の売買

自動買付で毎日積立投資を行っています。

金融資産の損益

f:id:umihiroya:20211117012636p:plain

 

 

前日比 -1.21%
個別銘柄 -0.06%
投資信託 1.05%
仮想通貨 -5.03%

 

 

  チェックポイント
  • 個人の投資成績としては-1.21%と下落し6月をスタートしています。
  • 個別株はほぼ変わりなかったのですが、仮想通貨市場が再び下落しておりポートフォリオを圧迫しています。

 

「今月」「今年」の成績

前日比 -1.21%
6月リターン -1.21%
年初来比 -48.53%

 

 

  チェックポイント
  • 5月は大きな下げだったので今月はどうにかプラスに持っていきたいですがどうなることでしょうか。
  • 年初来で言えば、半年になろうとする今月で-48.53%と大きく下げていますのでそろそろ盛り返してほしいと考えますが要人の意見や指標などからも非常に厳しい状況が続いていきそうですね。
今年の金融資産の推移

今年の金融資産の推移2022年6月1日

今年の金融資産の推移2022年6月1日



 

この記事の数字はマネーフォワードから数字を入れています。

マネーフォワードの記事についてはこちらから。

 

  マネーフォワードについての記事はこちら

 

 

 

保有銘柄の変動

フリーポート・マクモラン FCX 1.43% $39.64
ニオ NIO 1.04% $17.57
ウィプロ WIT 0.84% $6.03
キャタピラー CAT 0.80% $217.57
バイドゥ BIDU 0.68% $141.31
タタ・モーターズ TTM 0.46% $28.63
インド収益ファンド EPI 0.30% $33.57
アップル AAPL -0.09% $148.71
サザン SO -0.15% $75.55
ドラフトキングス DKNG -0.30% $13.51
マルケタ MQ -0.38% $10.43
台湾セミコンダクター TSM -0.58% $94.75
フォード・モーター F -0.95% $13.55
バイオンテック BNTX -1.14% $161.49
リニューエナジー RNW -1.29% $6.91
ニューコア NUE -1.32% $130.71
ブラックストーン BX -1.44% $116.09
JPモルガン・チェース JPM -1.75% $129.91
アプライドマテリアルズ AMAT -2.41% $114.46
パランティア PLTR -2.53% $8.46
ノババックス NVAX -3.05% $53.64
ペイパル PYPL -3.20% $82.48
テラドックヘルス TDOC -4.31% $32.62
半導体ブル3倍 SOXL -4.63% $23.71
リサイクルHD LICY -5.28% $7.72
ブロック SQ -6.40% $81.91
コインベース COIN -12.13% $68.63
アファーム AFRM -14.67% $24.32

 

 

昨晩は、フリーポート・マクモランが調子良かったね!

コインベースやアファーム、ブロックのフィンテックは調子よくなかったみたい…

 

  チェックポイント
  • 保有銘柄では、ブロック、コインベース、アファームといったフィンテックが軒並み大幅な下落をしていました。
  • またフリーポート・マクモランやニオ、ウィプロといった銘柄が上がっていたため全体的には軽微な下落で住んでいます。

 

保有株のバブルチャート

保有株のバブルチャート2022年6月1日

保有株のバブルチャート2022年6月1日

 

具体的な保有数については、月次でまとめているポートフォリオの記事にて紹介しています。

 

*1

 

レバレッジ投資信託の資産推移

f:id:umihiroya:20211117004148p:plain

 

.

レバレッジ投資信託の資産推移2022年6月1日

レバレッジ投資信託の資産推移2022年6月1日


保有投資信託 前日比
レバナス 1.85%
レバFANG+ 1.80%

 

 

毎日レバレッジ型の投資信託に積立投資をしています。

今日のレバレッジ投資信託の結果です。

 

  チェックポイント
  • レバレッジ投信は前日若干の上げがあったため僅かですが上昇しています。
  • ただ本日NASDAQ100、FANG+指数ともに下落していますので明日の成績は下落します。

 

 

  関連記事はこちらから

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事

この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

 

 

  成績の記事一覧はこちらから

FANG+の様子

FANG+の様子2022年6月1日

FANG+の様子2022年6月1日

私の一番の投資先であるFANG+の様子をまずは見ていきます。

 

アマゾンドットコム AMZN 1.23%
バイドゥ BIDU 0.68%
マイクロソフト MSFT 0.20%
アルファベット GOOGL 0.11%
アップル AAPL -0.09%
エヌビディア NVDA -1.89%
ネットフリックス NFLX -2.29%
テスラ TSLA -2.36%
メタプラットフォーム FB -2.58%
アリババ BABA -2.78%

 

 

  チェックポイント
  • FANG+は全体では-0.92%と下落しており、6銘柄が下落していました。
  • 特にアリババ、メタ、テスラ、ネトフリは2%以上下落し全体を押し下げています。
  • プラスだったのはAmazonで1.23%と昨晩は終始好調を維持していました。
  • メタに売りが強まっている要因としては、2008年からフェイスブックを支えていたシェリル・サンドバーグCOOが退任するというニュースが伝わったこともあります。
  • またメタは6月9日からティッカーシンボルを【FB】から【META】に変更予定です。

 

 

 

 

 

FANG+ 週間&年間騰落率マトリクス

FANG+ 週間&年間騰落率マトリクス2022年6月1日

FANG+ 週間&年間騰落率マトリクス2022年6月1日

 

 

 

注目セクターの様子

f:id:umihiroya:20211117012520p:plain

 

注目セクターは以前でもブログで紹介した注目セクターの様子を中心にまとめています。

 

昨晩のセクターの様子

天然ガス FCG $29.48 3.33%
エネルギー VDE $123.55 1.91%
SLV $20.13 1.46%
金鉱株 GDX $31.98 0.79%
GLD $172.23 0.64%
WTI原油先物 USO $85.54 0.08%
インドETF INDA $41.44 0.02%
鉄鋼ビジネス SLX $62.81 -0.05%
軍事関連 ITA $102.06 -0.12%
ブレント原油 BNO $33.89 -0.15%
公共事業 VPU $161.39 -0.20%
SPAC関連 SPCX $27.30 -0.22%
サイバーセキュリティ BUG $26.24 -0.38%
情報技術 VGT $359.71 -0.38%
クラウド銘柄 CLOU $17.78 -0.45%
ラッセル2000 RUT $1,854.82 -0.49%
NYダウ DJX $328.13 -0.54%
5G FIVG $35.06 -0.54%
大型株S&P100 OEF $186.33 -0.58%
資本財 VIS $176.68 -0.58%
AI&ビッグデータ AIQ $22.58 -0.62%
Eスポーツ HERO $22.97 -0.69%
 NASDAQ総合 .IXIC $11,994.46 -0.72%
NASDAQ100 NDX $12,548.36 -0.74%
S&P500 .INX $4,101.23 -0.75%
素材 VAW $186.67 -0.80%
一般消費財 VCR $254.09 -0.85%
FANG+index NYFANG $5,214.18 -0.92%
ソーシャルメディア SOCL $36.06 -0.93%
住宅建設 ITB $59.75 -1.01%
通信 VOX $102.24 -1.05%
交通・輸送 IYT $230.40 -1.06%
不動産 XLRE $43.74 -1.09%
クリーンエネルギー ICLN $19.65 -1.16%
生活必需品 VDC $189.07 -1.32%
木材・林業 WOOD $87.77 -1.37%
ヘルスケア VHT $238.00 -1.56%
半導体 SOXX $419.38 -1.59%
金融 VFH $85.46 -1.63%
農業ビジネス MOO $97.58 -1.65%
旅行 AWAY $20.25 -1.65%
ロボティクスAI BOTZ $23.44 -1.72%
Eコマース EBIZ $17.98 -1.80%
リチウム&バッテリー LIT $71.92 -2.30%
スポーツベッティング BETZ $16.53 -2.48%
フィンテック FINX $24.68 -2.57%
口コミ BUZZ $14.52 -2.88%
航空 JETS $19.85 -3.08%
ARKK ARKK $42.50 -3.61%
仮想通貨関連 CRYPTO $2,755.60 -6.13%
レアメタルETF REMX $94.91 -6.83%

 

 

  チェックポイント
  • 多くのセクターやテーマが下落ししている中、好調だったのは天然ガスエネルギー関連の銘柄でした。また金の価格が上がったこともあり金鉱株も少々しています。
  • 多くのセクターやテーマが下落しているのですが、中でも大きく下落したのは仮想通貨関連銘柄やARK関連のハイテクグロースでした。
  • 他にもフィンテックや航空、リチウムバッテリー関連なども下がっています。
  • 一番下落したテーマとしてはレアメタル、レアアース関連の銘柄も大幅(-6.83%)に下落しています。リチウムバッテリー関連も-2.30%と下落です。
  • ゴールドマンサックスが5月29日にリチウム価格には調整が入ると見通しを出したためと言われています。

 

では、この中から注目のセクターをピックアップしてお伝えしてきます。

 

 

 

米国株セクターバブルチャート

米国株セクターバブルチャート2022年6月1日

米国株セクターバブルチャート2022年6月1日

 

エネルギー関連【VDE】

エネルギー関連【VDE】

エネルギー関連【VDE】

2022年5月25日        
エネルギーエクター VDE 1.91% $123.55 Vanguard Energy Index Fund ETF
 エクソンモービル XOM 1.92% $97.84 Exxon Mobil Corp
 シェブロン CVX 0.95% $176.32 Chevron Corporation
コノコフィリップス COP 3.02% $115.75 ConocoPhillips
EOGリソーシズ EOG 2.17% $139.93 EOG Resources Inc
 パイオニア・ナチュラルリソーシズ PXD -0.04% $277.82 Pioneer Natural Resources Co
シュルベルジェ SLB 1.57% $46.68 Schlumberger NV
マラソン・ペトロリアム MPC 2.08% $103.91 Marathon Petroleum Corp
 オキシデンタル・ペトロリアム OXY 1.60% $70.42 Occidental Petroleum Corporation
バレロエナジー VLO 2.28% $132.55 Valero Energy Corporation
フィリップス66 PSX 2.35% $103.18 Phillips 66

エネルギー関連【VDE】週間&年間 騰落率マトリクス

エネルギー関連【VDE】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日

エネルギー関連【VDE】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日


エネルギー関連【VDE】チャート

 

レアメタル関連株【REMX】

レアメタル関連株【REMX】

レアメタル関連株【REMX】

レアメタル・アースETF REMX -6.83% $94.91 VanEck Rare Earth/Strategic Metals ETF
オールケム ASX:AKE 0.26% $11.63 Allkem Ltd
浙江華友鈷業 SHA:603799      
ライナスレアアース ASX:LYC 1.52% $9.36 Lynas Rare Earths Ltd
北方稀土 SHA:600111      
ピルバラミネラルズ ASX:PLS 1.52% $2.34 Pilbara Minerals Ltd
ライベント LTHM -14.28% $27.25 Livent Corp
エラメット EPA:ERA -1.42% $138.60 Eramet SA
ガンフォンリチウム HKG:1772 -1.45% $95.45 Ganfeng Lithium Ord Shs H
MPマテリアルズ MP -1.17% $38.97 Mp Materials Corp
AMGアドバンスト・メタラジカル AMS:AMG -0.35% $34.14 AMG Advanced Metallurgical Group N.V.

レアメタル関連株【REMX】週間&年間 騰落率マトリクス

レアメタル関連株【REMX】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日

レアメタル関連株【REMX】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日


レアメタル関連株【REMX】チャート

天然ガス関連【FCG】

天然ガス関連【FCG】

天然ガス関連【FCG】

天然ガスETF FCG 3.33% $29.48 First Trust Natural Gas ETF
 オキシデンタル・ペトロリアム OXY 1.60% $70.42 Occidental Petroleum Corporation
EQT EQT 4.36% $49.80 EQT Corporation
DCPミッドストリーム DCP 4.90% $37.67 DCP Midstream LP Unit
コノコフィリップス COP 3.02% $115.75 ConocoPhillips
コテラ・エナジー CTRA 2.51% $35.19 Coterra Energy Inc
EOGリソーシズ EOG 2.17% $139.93 EOG Resources Inc
アンテロ・リソーシズ AR 3.75% $44.49 Antero Resources Corp
ウェスタンミッドストリームパートナーズ PSX 2.35% $103.18 Phillips 66
デボンエナジー DVN 2.11% $76.48 Devon Energy Corp
 パイオニア・ナチュラルリソーシズ PXD -0.04% $277.82 Pioneer Natural Resources Co

天然ガス関連【FCG】週間&年間 騰落率マトリクス

天然ガス関連【FCG】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日

天然ガス関連【FCG】週間&年間 騰落率マトリクス2022年6月1日


天然ガス関連【FCG】チャート

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

 

  チェックポイント【結論】

【個人成績】

前日比 -1.21%
個別銘柄 -0.06%
投資信託 1.05%
仮想通貨 -5.03%

 

  • 個人の投資成績としては-1.21%と下落し6月をスタートしています。
  • 個別株はほぼ変わりなかったのですが、仮想通貨市場が再び下落しておりポートフォリオを圧迫しています。
  • 5月は大きな下げだったので今月はどうにかプラスに持っていきたいですがどうなることでしょうか。
  • 年初来で言えば、半年になろうとする今月で-48.53%と大きく下げていますのでそろそろ盛り返してほしいと考えますが要人の意見や指標などからも非常に厳しい状況が続いていきそうですね。
  • 保有銘柄では、ブロック、コインベース、アファームといったフィンテックが軒並み大幅な下落をしていました。
  • またフリーポート・マクモランやニオ、ウィプロといった銘柄が上がっていたため全体的には軽微な下落で住んでいます。

保有投資信託 前日比
レバナス 1.85%
レバFANG+ 1.80%

 

  • レバレッジ投信は前日若干の上げがあったため僅かですが上昇しています。
  • ただ本日NASDAQ100、FANG+指数ともに下落していますので明日の成績は下落します。

【主要指数】

NYダウ -0.54% 328.13
S&P500 -0.75% 4,101.23
 NASDAQ総合 -0.72% 11,994.46
NASDAQ100 -0.74% 12,548.36
FANG+index -0.92% 5,214.18
ラッセル2000 -0.49% 1,854.82

 

  • 6月1日の米国株市場は続落でした。ダウは-0.54%、S&P500は-0.75%、NASDAQは-0.72%となっています。
  • 主要3指数はすべて下落しており厳しい6月のスタートなっています。

米国債 2年債 5年債 10年債
前日比 0.11 0.11 0.06
利回り 2.66% 2.66% 2.91%

 

  • 5月のISM製造業景況指数が予想を上回る強い結果となり、米国債10年物の金利が再び2.9%台に上昇したことも株安の要因になっています。
  • ISM製造業景況指数はオープン後に発表され、56.1と先月の55.4より改善はしているものの市場予想を上回りました。それを受けてサンフランシスコ連銀のデイリー総裁は「物価が落ち着くまで利上げを続けるべき」と発言したこともあり金融引き締めの警戒感が高まっています。
  • またJPモルガンのジェイミーダイモン氏がFRBの金融引き締めに対して警戒感を示し、景気先行きに対して懸念を示したことも市場から嫌気されていました。ロシア、ウクライナ問題など前例のない課題が組み合わされていることから投資家に向けて「経済のハリケーン」に身構えるべきだと警告しました。
  • またダウ構成銘柄でもあるセールスフォース【CRM】が決算発表をして大きく株価を上昇させていました。(+9.88%)
  • デルタ航空は第二四半期の売上を情報修正と明るいニュースもありました。

 【大型&小型株】

  VALU CORE GROWTH
S&P100大型 -0.75% -0.56% -0.70%
S&P500 -0.79% -0.75% -0.74%
S&P400中型 -0.74% -0.80% -0.78%
S&P600小型 -0.26% -0.33% -0.56%

 

  • 全体的に売られているため、これといった特徴がありませんでした。
  • ただ小型株に関しては大型よりは若干売りが弱かった事になっています。

 【セクター考察】

  • 多くのセクターやテーマが下落ししている中、好調だったのは天然ガスエネルギー関連の銘柄でした。また金の価格が上がったこともあり金鉱株も少し上昇しています。
  • 多くのセクターやテーマが下落しているのですが、中でも大きく下落したのは仮想通貨関連銘柄やARK関連のハイテクグロースでした。
  • 他にもフィンテックや航空、リチウムバッテリー関連なども下がっています。
  • 一番下落したテーマとしてはレアメタル、レアアース関連の銘柄も大幅(-6.83%)に下落しています。リチウムバッテリー関連も-2.30%と下落です。
  • ゴールドマンサックスが5月29日にレアアース関連には調整が入ると見通しを出したためと言われています。

【FANG+】

  • FANG+は全体では-0.92%と下落しており、6銘柄が下落していました。
  • 特にアリババ、メタ、テスラ、ネトフリは2%以上下落し全体を押し下げています。
  • プラスだったのはAmazonで1.23%と昨晩は終始好調を維持していました。
  • メタに売りが強まっている要因としては、2008年からフェイスブックを支えていたシェリル・サンドバーグCOOが退任するというニュースが伝わったこともあります。
  • またメタは6月9日からティッカーシンボルを【FB】から【META】に変更予定です。

【予定】

  • 今週は雇用統計(21:30)がありインフレの動向などに注目が集まります。
  • 来週6月6日からはアップルの開発者会議(WWDC)が行われます。
  • 6月7日から9日までは米国債の入札があります。
  • 6月10日は中国の生産者物価指数、消費者物価指数の発表と米国の消費者物価指数の発表があります。

 

 

 

  米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはこちらから

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事

この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】

 

 

 

参加お題
 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

*1:当ブログで表示するグラフはグーグルスプレッドシートよりGoogleファイナンスの数値をもとに表示しております。現在の価格や時価などと相違がある場合がございますのでご了承ください。