ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

デスクワークでも「代謝」を上げて「痩せやすく」する5つの方法

おすすめ記事
最終更新日時:

f:id:umihiroya:20200412151756p:plain

この記事は次のような方にオススメの記事です。

デスクワーク中心だからなかなか痩せない。

事務仕事で代謝どんどん下がってる気がする、どうにかして代謝を上げたい。

わんわん(それって美味しいの?)

  1. 仕事でデスクワークをしていて「痩せたい」と思っている人にはおすすめです。
  2. デスクワーカーの誰でもできる、無理のない効果的なダイエット方法を知りたい。
  3. 駄目サラリーマン(筆者)のダイエットの経過情報を知りたい。

アラサー、都内在住ダイエットサラリーマンの海野浩康(@uminoxhiro)が上記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(@sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

わんわん(飼われてる犬だよ、よかったらこの記事を読んでいってね

 

✓この記事で得ることのできる情報 ●デスクワーク、事務仕事でも「痩せやすい体作り」にできる歩法をお伝えします。

 

この記事の目次

筆者紹介
【筆者情報(@uminoxhiro)】1日20000歩を継続中体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。
詳しいプロフィールはこちらから。

デスクワークでも痩せられる

 

私は営業職としてなるべく外出するとうに心がけていますが、新型コロナウイルスの影響などでデスクワークが多くなってきています。

  デスクワークとは?
●デスクワーク【desk work】 は机に向かってする事務などの仕事です。デスク上で書類を書いたり、PCを使って作業をしたりする仕事はすべてデスクワークに当てはまります。*1

 どうしてもデスクワークが増えてしまう

 

会社も不要不急の外出を控えるように指示を出してきていますしなかなか外に出てサボることができません。

ただ、デスクワークでも代謝を上げながら痩せる体勢を作っていけば、結果として「健康的」に痩せることが出来るということを今回お伝えしていきたいと思います。

 

デスクワークで代謝を上げる方法を5つの歩法

デスクワークで代謝を上げる方法を5つの手段でまとめましたので良かったら御覧ください。

女性の人は事務職の人も多いからこういった記事は助かるかもね!

最近は会議は減ったものの、デスクワーク中心だし、テレワークでも結局家でこもっているって人が多いと思うからね、意識的に代謝をあげていかないとね

デスクワークでも代謝を上げる方法①水分補給をしっかりする

 

このブログでは何度も何度も「水」の重要性をお伝えして来ています。

 代謝をあげる簡単な方法は「水分補給」を積極的に摂ることです。 

  関連記事記事はこちらから
机の上には常に水を置いて飲めるようにしておこう

 

それは、デスクワークをしている人は特に気をつけてください。

まず、水を飲むタイミングですが、机の上にはコーヒーではなく「水」という意識を持ちましょう。 コーヒーはカフェインが入っており、さらには利尿作用があるので水分補給を行う際は気をつけてください。頻尿になってしまいます。

目標としては、1日2.5リットルから3リットルの「水」を摂取することを意識しましょう。

 

やっぱり水を飲むって重要だからね

 

  関連記事記事はこちらから
効率を上げたいのであれば「白湯」がおすすめ

水では代謝が上がらない、体温が下がると言う人もいるかも知れません。

仕事中は、水より「白湯」がいいかもしれません。

あたたかい白湯であれば体温を直接あたためてくれます。 温まれば当然「基礎体温」があがり、「代謝」がアップします。

できれば白湯がいいけど、お湯を沸かしたり、ウォーターサーバーでお湯に機能がなければ水でも大丈夫よ

✓チェックポイント
●しっかりと水分補給を行おう
●1日の目標は2.5リットル
●効率を上げたいのであれば温かい白湯を飲もう

 

デスクワークでも代謝を上げる方法②定期的にストレッチを行う

 

これはデスクワークの鉄板ですが、「ストレッチ」を行いましょう。

特に肩周りにはコリが溜まってしまうことが多いので積極的にストレッチをおこないましょう、 ストレッチを行うことで、血の巡りがよくなり、代謝があがっていきます。

✓チェックポイント
●積極的にストレッチを行おう

 

デスクワークでも代謝を上げる方法③なるべく歩く

事務作業の場合は、パソコンの打ち込みが主な仕事になってきます。

コピー用紙を取りに行ったり、書類を取りに行ったりとなるべく席を立って社内を歩きましょう。 実際に社内を歩くことで、代謝上がります。

もちろん、エレベーターを使う機会を減らすことも重要です。

ただ、階段では絶対に不可能な階が職場の場合は、近くの階で降りて1階分歩くなど工夫が必要です。 自ら機会を作らなければデスクワークで「痩せる」いうのは難しいです。

✓チェックポイント
●積極的に歩く機会を作る

 

とは言ってもなかなかあるけないんだよね

歩けないけど、動くという意識が大切なんだよ

デスクワークでも代謝を上げる方法④昼休みは10分以上歩く

 

昼休みのメニューに対してここでとやかくいうつもりはありません。

昼休みを利用して10分でも歩いてみませんか?という提案です。

10分歩くことで大体1,000歩近く歩くことができます。

毎日歩くことで、20日経てば20,000歩です。

こいった積み重ねが代謝を上げる鍵になってきます。

✓チェックポイント
●昼休みを利用して10分歩く

 

こういうのは毎日の継続と意識だからね

デスクワークでも代謝を上げる方法⑤貧乏ゆすりでカロリー消費

さて、次は相当ハードルが高くなります。

貧乏ゆすりです。 貧乏ゆすりというのは膝をプルプル動かすあれです。

名前から「貧乏ゆすり」というくらいだったり、あまりイメージの良くないものですが、実は貧乏ゆすりはカロリーを消費したり、血行を良くしたりといい効果をもたらしてくれます。

アメリカの研究によれば、貧乏ゆすりを1日30分やる程度で40kcalくらいは消費しているというデータも報告があります。

さらに、貧乏ゆすりはふくらはぎを刺激して足全体の結構を良くしてくれます

血の巡りを良くするだけではなく、体全体に栄養を運ぶ行為なので「貧乏ゆすり」はデスクワークには非常におすすめです。

私は意識的に貧乏ゆすりをしまくっています。

見た目があまりよろしくなかったりするので時と場合を考えなが膝をプルプルさせましょう。

✓チェックポイント
●貧乏ゆすりで結構を良くして消費カロリーを上げる

 

まとめ

 

以上で、デスクワークでも代謝を上げていく方法をお伝えしてきました。

毎日の実践と毎日の継続が健康的な身体を作る重要な才能です。

デスクワークはもちろん、年々代謝はどうしても下がっていきます。代謝が下がることで「太りやすく」なってしまいます。

どうしても健康的な生活を置く退路思うのであれば積極的に「代謝」を上げにかかりましょう!

 

  関連記事記事はこちらから

 

 

  参加お題