ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

東京アラートのように社畜も働きすぎのサイン「社畜アラート」を出すとどうなるのか?

おすすめ記事

未来に実装予定である「社畜アラート」について今回はお伝えしていきます。

社会人が仕事のしすぎ、残業のしすぎ、精神的に追い詰められて消耗している時に頭上より脳天に埋め込まれたLEDが「赤く」光るシステム通称「社畜アラート」。

 

f:id:umihiroya:20200603225838p:plain

 

 

実装が待ち遠しいですね。

 

 

社畜アラートは心的、外的な過度な負荷(ストレス)によって警告を(色によって)発する信号です。(警告色は赤)

 

新型コロナの蔓延防止のために、ワクチン接種を行う際に脳天からワクチン接種をする際に「埋め込まれた」ものになります。

 

社畜アラートはキャッシュレスやICリーダーも内蔵しているので財布などを持ち歩かなくてもいいし、カードを持ち歩くてすみます。

 

乱立していた、QR決済、ICカードなどは社畜アラートシステムに統一される予定です。

 

 

デジタル通貨、世界の通貨にも対応しているため海外でも両替をすることなく決済を行えるようになります。

 

 

現代の「奴隷の首輪」と揶揄される社員証も首にかけて持ち歩く必要もなく、スマートな社畜生活を送ることが出来ます。

 

 

自動ドアも、頭上から「社畜アラート」から発せられる個人個人に当たら得れた微弱な電波によってドアが開閉する仕組みになっているのでセキュリティ面でも期待でされています。

 

また残高不足、金融信用度が低い人にもアラートが出る仕組みになっています。

 

マイナンバーとも連携が予定されており、すべての国民が脳天に「社畜アラート」を埋め込まれる予定で「脱税」防止の機能も期待されています。

 

資金の流れを監視でき、マネーロンダリングや不正な決済やキックバックを未然に防ぐという表向きでまずは、段階的に、労働階級から試験的に導入(起動)される流れになっています。

 

 

「社畜アラート」の効果

f:id:umihiroya:20200603225933j:plain

 



社畜アラートは、東京都の「東京アラート」と類似し「ただ光る」だけであって注意喚起を目的としたものです。

 

 

よって、「感情が表に出せない人」「言葉で自分のことを伝えられない(コミュ障)」にはとてもいいシステムです。

 

 

働きすぎでアラートが出ることによってこの様な効果が期待できます。働いているがと、雇っている側の双方のメリットを見ていきましょう。

社畜にとってのメリット

  • 過労死を防ぐ
  • 残業が減る
  • 無駄な仕事が回ってこない
  • 有給が取りやすくなる
  • パワハラ・セクハラなどのハラスメント被害が減る
  • 生産性がアップ

会社(経営者)にとってのメリット

  • 過労などによる重大な事故を防ぐことが出来る
  • 残業代が減る
  • 生産効率がアップする
  • 企業イメージがアップする

社畜にとってのメリット

過労死を防ぐ

まずは、過労死などの重大な労働災害を防ぐことが出来ます。

 

命を守るという面では非常に重要な「サイン」となります。

 

過労死ラインは80時間とも言われており、月に20日出勤の場合は、だいたい毎日4時間の残業をしている人たちは危険なラインになるということです。

 

自分では、給与明細が送らてくるまで残業時間が把握できないですが、頭上よりアラートが発せられることによって過労死のラインを下回ることが出来ます。

 

 

残業が減る

f:id:umihiroya:20200603230115p:plain

 

意味のない残業が減ることによって生活の質も上がります。

社畜アラートによって残業が可視化されるので当然残業には厳しい制約がつきます。

 

残業の内容に仕事をするために効率を求める行動をします。

働き方改革の一貫として、「社畜アラート」の実装が待ち遠しいです。

 

 

無駄な仕事が回ってこない

f:id:umihiroya:20200603230727p:plain

 

「社畜アラート」は無駄と思う仕事をさせられているときの心理的ストレスを読み取りアラートを発することがあります。

 

例えば、意味のない雑務をやらされたり、無駄な会議に参加させられているときは「頭上が赤く光って」周囲の人に注意を換気させます。

 

厚生労働省が行った「社畜アラート」の社会的実験によって、無駄な仕事、会議が減ったという人は70%を超えるという調査結果もあります。*1

 

 

有給が取りやすくなる

2019年4月1日から10日以上の有給休暇がもらえる全労働者は毎年5日間、時季を指定して有給休暇を取得させることが義務付けられました。

 

有給をとっていない人、有給の消化率が悪い人は、常に赤いランプが頭上より発せられています。

 

 

有給を取る理由なども聞かれず、スムーズに有給を取得することが出来ます。

 

これまで有給を取りづらかった人にとっても「社畜アラート」は非常に効果がありそうですね。

パワハラ・セクハラなどのハラスメント被害が減る

f:id:umihiroya:20200601014200p:plain

 

「社畜アラート」が開発される前までのパワハラやセクハラのハラスメント問題は、もちろん、パワハラする側が悪いにせよ、「受け取り方次第」という面もありました。

 

 

例えば上司は「叱っている」「注意している」感覚でも、部下の場合は、「理不尽なことを言われている」「パワハラを受けている」と感じているということです。

 

セクハラにおいても同じです。

 

受け取り方次第では、少しの会話が「セクハラ」と感じてしまう人もいるので「社内の会話」は減り、「ギスギスした職場」が増えてきていたとも言えます。

 

 

 

一方で、「社畜アラート」が開発されたことによって、受け手側の感情がアラートによって「赤く」頭上が変化するので上司も、「言い過ぎた」「これは理不尽だったかな」と感じる事に繋がります。

 

また自動で目からの情報を記録する機能もあり録音、録画されているため「言った言わない」ということがなくなります。

 

つまり、受け手側の感情をより捉えやすくなること、記録されているという抑止力によって、パワハラ・セクハラの被害相談がが68%以上減ったという結果が出ています。

*2

 

社畜アラートの実装が待ち遠しいな

(…いつまでこの茶番を続けるのかしら)

生産効率がアップする

f:id:umihiroya:20200603230606p:plain

 



社畜アラートの実装によって、企業の業績は個人の成績アップとともに上がってきます。

 

個人個人のストレスが緩和し、仕事に対する集中力も生まれてきます。

 

社内の雰囲気は、明るくなりました。 「赤く」光っている人をみんなでカバーする雰囲気が生まれてきたからです。

 

 

「社畜アラート」が発生しない環境、すなわちホワイトな環境になれば企業は生産性も売上もアップし、従業員である人達にとってもストレスなく、仕事ができる最高な環境になるのです。

社内の環境によって本当に生産性って変わってくるかね

 

 

会社(経営者)にとってのメリット

f:id:umihiroya:20200603230244j:plain

 

では、企業側にとってのメリットも見ていきたいと思います。

  • 過労などによる重大な事故を防ぐことが出来る
  • 人件費の削減(残業代が減る)
  • 生産効率がアップする
  • 企業イメージがアップする

社畜アラートの導入(ホワイト企業化)は経営者にとってもメリットがあると思う

過労などによる重大な事故を防ぐことが出来る

昨今、働き方改革が導入される以前では「過労死」などブラック労働が社会問題になっていました。

 

2020年の今現在も働き方改革は続行されているにせよ、当初より明らかに意識が薄れているような感覚があります。

 

このまま行けば、「働き方改革」は形骸化し、風化し、再びブラック労働が横行する可能性も出てきます。(まるでプレミアムフライデーのように)

 

企業にとっては、「過労死」や「社員の自殺」は相当な風評被害になります。

 

 

客先へのイメージダウンはもちろん、社会的な制裁を受けることになります。

 

もちろん、賠償金などの金銭的な負担も発生します。

 

業務停止命令などの実害モデル可能性があります。

 

「社畜アラート」の出現によって、過度なストレスを感じている社員や働きすぎの社員は「見える化」されています。

 

そのため管理職に「アラートを発している社員には休ませるように」とルール化しておけば「過労死」やパワハラ、セクハラによっての被害が激減します。

 

 

会社にとっても大きなリスクを未然に防ぐという意味では、「社畜アラート」が効果があります。

人件費の削減(残業代が減る)

f:id:umihiroya:20200528232743p:plain

 

企業の支出の大きな割合を占めている「人件費」ですが、社畜アラートによって大幅に削減されます。

 

 

まずは、働きすぎの社員を残業させないようになります。

 

また無駄な仕事をしている社員にはランプが光るので通常業務でも過去にあったような「無駄」な仕事がなくなります。

 

よって、就業時間内に仕事が終わることも増え、残業も必要最低限になり結果として「残業代への支出」が減る事に繋がります。

生産効率がアップする

f:id:umihiroya:20200603230458p:plain

 

企業にとっても、個人にとっても双方にメリットが有る「生産性の向上」が期待できます。

 

 

ホワイトな職場になるにつれて、自分の仕事の集中できる環境になります。

 

また時間的に余裕が出てきた優秀な社員から新しいアイディアや企画などが上がってくることも期待が出来ます。

 

これまで、雑務や無駄な時間に労力を費やしていたことが「社畜アラート」によって解消され結果として会社にとっても非常に効果があるものになります。

企業イメージがアップする

f:id:umihiroya:20200526013204j:plain

 

社畜アラートを実装している会社は外から見ても企業イメージが上がります。

 

 

社員の気持ちを考えた施策を様々な行っており、ストレスの少ない環境で社員が仕事を行うので評判もすこぶる良くなります。

 

就職活動をする学生や、転職活動をする人にとっても、リモートワークが出来る会社、社畜アラートを導入している会社などでふるいにかけられます。

 

「社畜アラート」を実装し効果的に運用している会社はより良い人材が集まりやすくなります。

最後に

国がブラック企業を撲滅しホワイト企業を増やすために行う国策である「社畜アラート」は、残念ながら実際には実装されることはないでしょう。

 

しかし、社畜アラートを実装しなくても「ホワイト企業」はこれからは増えていくと思います。

 

今後は、転職が当たり前の世の中になってきます。

 

ブラックな環境で働かされている人はすぐに会社に見切りをつけて「転職」しますし、インターネットのSNSや口コミサイトによってブラック環境というのは直ぐにバレてしまいます。

 

 

人材不足によって、ホワイトな環境にシフト転換しなければならないと経営者は気づくはずです。

 

ただ、そういった未来にするにも「ブラック企業」に所属してはいけないのです。

 

 

ブラック企業が目をさますのは、人材がいなくなり、安くてこき使える労働者がいなくなり、売上が下がったときです。

 

 

まずは、ブラック企業から抜け出し、あなたを必要としてくれるホワイトな環境へと行くべきなのです。

 

 

転職を過去に5回経験した私だからこそお伝えできることは、ブラック企業にいてはダメだということです。

 

 

国が「社畜アラート」を実装させる未来はおそらくなく、「自分で自分の未来を守る」しか無いのです。

 

 

嫌なことがあれば、自分でアラートを発して「嫌だ」と伝えなければなりません。

 

 

会社はだれもあなたを守ってくれないし、理解しようとしてくれません。

 

パワハラ、セクハラがあるのであれば「やめてください」とアラートを発しなければならないのです。

 

私だったら辛い、安い、うざいというそんな環境へとはおさらばして、新しい会社を見つけます。

 

 

そして、ようやく天国のような(言い過ぎ)「ホワイト企業」へとたどり着くことが出来ました。

 

同じ社会人、社畜として、今後はコロナの影響もあり先行き不透明な時代になってくると思います。

 

 

ただ、間違いなく言えるのは、自分の人生は自分で切り開いていくしか無いということです。

 

 

転職は一つの手段ですが、無駄だと思う仕事を「断る」勇気を持ったり、パワハラ・セクハラに耐えているのであれば上長に相談する、NPOみたいなところに相談するという行動に出てください。

 

せっかくこの記事にたどり着き、無駄な時間をここまで費やしてきているのですから、「なにか」行動に移してみましょう。 自分自身で「アラート」を発して生きましょう

 

 

 

 

 

  関連記事:毎日更新しているライフログ
●この記事は、消費・摂取カロリーはもちろん運動内容、食事内容、睡眠時間などの毎日の記録をまとめています。
●74.8kgから62.0kgに痩せたダイエットの道のりがすべて詰まっているものになります。
●ダイエットの参考にしてみてください。

 

 

 
  私が本気で1度は「転職」をおすすめしている理由

●この記事はまだ1度も転職をしたことない人に向けて、私の経験談を踏まえて「転職」についてのメリットと価値をお伝えしています。

●本気で私が「転職」をすすめる熱いが詰まっている「少々熱苦しい」内容になっています。

●転職をしたことがない、転職について悩んでいる人はぜひともおすすめです。

 
 

 

 

 

 

【筆者情報( @uminoxhiro)】@1日20000歩を継続中!!(クリックで下に表示します) 体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。ブラック企業から5度の転職を経て現在のホワイト企業へ。資産を投げ売って仮想通貨に投資するも大暴落。再起を図っています。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

 

 

 

参加お題
この記事が参加しているお題(クリックで下に表示します)

 

 

*1:妄想です。

*2:妄想です。