ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【貯金は最悪】預金はお金がなくなっていくという現実【現金神話は崩壊している】

おすすめ記事

「貯金をしなさい」と言われながら育ってきた人が大半だったのではないでしょうか?

 

貯金をしなさい

 

私も小さい頃に母親に「毎月すこしずつでもいいから貯金をしなさい」と言われて育てられました。

 

実際は貯金もろくすっぽせずに育ったばかりに後々後悔はしていましたが社会人となって、ある程度まとまった給料が出てるようになり、「貯金」をしようと思えばいつでもできますが、「貯金」に対しては否定的です。

 

 

もちろん、すべての「お金」を貯金しないというわけではなく、ある程度の「現金」を持って貯金して、残りはすべて株式投資などの投資資金に回しています。

 

すでに投資をおこなっている投資家の人は「いまさら何を言ってるんだよ、当たり前だろ」という意見もあると思います。

 

しかしまだ投資を始めていない人や、現金を投資に回さずコツコツと貯金している人にとっては「貯金」が正義だと考えているかもしれません。

 

今回は、貯金(現金)をすることは資産を目減りさせるだけではなく今後の資産形成に対しても圧倒的に不利になってくるというお話をしていきます。

 

これが今回の結論です。

 

貯金はするな

貯金はするな

 

貯金は資産を目減りさせていくものであり、資産形成には役に立たないということです。

 

【貯金は最悪】預金はお金がなくなっていくという現実【現金神話は崩壊している】

【貯金は最悪】預金はお金がなくなっていくという現実【現金神話は崩壊している】

 

では、中身に入っていきます。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に700日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

金利が全くつかない銀行預金

金利が全くつかない銀行預金

金利が全くつかない銀行預金

多くの人がご存知とは思いますが、現在の銀行の預金は金利がほとんど付きません。

 

郵便局の定期預金は、ゼロが何個あるのか数えるのが大変なほど低金利です。

 

しかしながら、ずっとそのような状態ではありませんした。

 

50年前の1961年は5.0%とかなり高金利だった定期預金も、さらに日本経済が発展していくにつれて上がってきました。

 

1974年には7.5%もついていた定期預金ですが、そこからバブルが弾けて、1995年には0.35%と1%を切るようになります。

 

そして、2020年は、0.002%という超低金利となっています。

 

郵便貯金の定期金利

郵便貯金の定期金利



 

 

ここまでの話はよくある話で、いまさら何だよと思われているかもしれません。

 

お金の価値も減り続けている

お金の価値も減り続けている

お金の価値も減り続けている

一方で、お金の価値についてはどうでしょうか?

 

少し思い出してほしいのですが、今現在の日用品や食料品の価格は少し前より高くなっていませんか?

 

少し極端な例をあげるとすれば、タバコの値段はあがっていると知っていますか?

 

タバコを吸っている人は極端な値上げに悲鳴をあげているとは思いますが、逆にタバコを吸わない人は値段がここまであがっているのをあまり認識できていませんよね。

 

マイルドセブン(メビウス)の価格の推移

マイルドセブン(メビウス)の価格の推移



 

1985年からのグラフになりますが、2020年まで価格は200円から540円と2倍以上の値上げになっています。

 

タバコを吸う人は迷惑だから仕方ない、好きで吸っているんだから仕方ないとそういう話をしているのではなく「価格が上がっている」という話をしたいわけです。

 

これには、消費税アップやJT(日本たばこ産業株式会社)の収益アップが目的であったりと様々な要因があります。

 

200円で購入できていたものが、現在では500円をこえているというのはあきらかに「物価」が上昇していると同時に、「お金の価値」が下がっていることを意味します。

 

何度も言いますが、タバコだからというのはあまり理由にはなりません、タバコが値上がりしていると同時に様々なものも値上がりしているからです。

 

タバコを吸わない人には関係ないという話ではないですが、では車に乗らない人には関係のない「ガソリン」価格についても同様のことが言えます。

 

1966年は50円だったガソリン価格は2022年166円となっています。

 

ガソリン1L当たりの小売価格(東京都区部)

ガソリン1L当たりの小売価格(東京都区部)

 

約3倍以上の値段が上がっていることがわかります。

 

タバコよりも社会情勢等に寄って値動きの変動が激しいガソリン価格ですが、採掘技術があがっているにも関わらず1966年の価格には到底戻るとは思えません。

 

 

ガソリン価格(原油価格)は様々なモノに対して影響を与えます。

移動手段にかかるコストはもちろんのこと、電気代や工場を動かすエネルギー、そして様々な原料としても扱われるからです。

 

こうした1つのものが値上がりすることで、徐々にですがじっくりとありとあらゆるものが値上がりしてきます

 

原料や原油だけが原因ではありませんが、緩やかに物の価値が上がるインフレはむしろ健全な経済とも言えるからです。

 

日本の消費者物価指数の推移(1980~2021年)

日本の消費者物価指数の推移(1980~2021年)

 

 

 

物価があがれば、企業の業績があがり、給料があがります。 給料があがれば、物価があがってもモノは購入できるからです。

 

しかしながら日本はそうではありません、緩やかにモノの価値が上がりながら給料が伸び悩み、またモノの価値もそこまで上がらなくなったため、当然給料はあがらなくなりました。

 

 

 

すると、海外は順調にモノの勝ちが上がっているので輸入に多くを頼っている日本は、物価高についていけなくなりました。

 

国民は疲弊し、物価は上がるが手取りは増えていないという状況がつづいているのです。

 

大事なのでもう一度言いますが、物価が上がること自体は健全な経済です。

 

 

それと同時にお金の価値は物価上昇と相対的に下がっていきます

 

インフレ(物価上昇)がつづいている状況において、お金の価値が実質下がっているにも関わらず「金利」のつかない銀行にお金を預ければどうなるでしょうか。

 

文字通り、お金の価値は消滅していきます。

 

これまで、100円で買えていた缶ジュースがいまでは120円、130円します。

 

しかしながら、10年たっても1円もつかない金利にあずけていたお金を引き出しても100円ではジュースが買えないのです。

 

物価上昇の例

物価上昇の例

 

つまり、お金の価値が消滅していることと同じなのです。

 

 

これを防ぐためには、物価上昇以上の金利がつく場所にお金を預けるしかないのです。

 

極端な例にはなりますが、 100円のものが、1年後120円となったとしても、金利が20%つけばそれは同じ価値として購入できます。

 

世界の中央銀行も、日銀も緩やかに物価上昇を目指しています。

 

およそ、年2%程度の物価上昇を目標に金融政策をしています。

 

世界的にインフレ2%が目標

世界的にインフレ2%が目標

 

その分、お金も2%以上の金利がつかなければ相対的に変えるものが減ってきます。

 

長らくデフレが続いて日本の物価も押さえつけられていましたがコロナを迎えてインフレがこれからは進んでいくと予想されています。

 

IMF(国際通貨基金)の予想ではこれから日本もインフレが進むとしてこのような予想を出しています。

(IMF - World Economic Outlook Databases (2021年10月版)

 

日本の消費者物価指数の推移(2016~2025年)

日本の消費者物価指数の推移(2016~2025年)

 

 長らくつづいたデフレも終わり本格的にインフレが始まっていこうとする中で、日銀もここぞとばかりにインフレターゲット2%に近づけるような政策を行ってきます。

 

では、果たしてあなたはこの物価高にたして対応できるのでしょうか

 

すでにその物価高の足音は聞こえてきており、2022年4月から駄菓子のうまい棒は10円から12円の値上げを発表しています。(42年ぶりの値上げ)

 

うまい棒が10円から12円に値上げ (42年ぶりの値上げ)

うまい棒が10円から12円に値上げ (42年ぶりの値上げ)

 

うまい棒ならね…

うまい棒は象徴的だったからね、ずっと10円だったからインパクトがあるね

次々と値上げしていく日本企業

次々と値上げしていく日本企業

次々と値上げしていく日本企業

食料品、嗜好品、おやつ、冷凍食品、調味料などはすでに多く企業が値上げを発表しています。

 

また東京ガス、大阪ガス、東京電力などのエネルギー関連のインフラ企業も値上げを発表しました。

 

インフラつながりで言えば、首都高速道路やJR東日本、西日本も運賃の値上げ(新幹線料金など)です。

 

これから、原材料のコストが上がったり物流コストがあがることによってまだまだ連鎖的な値上げが行われていきます。

 

 

値上げに対応できる給料だったら問題ない

度重なる値上げを目の前にあなたの給料はそれ以上に上がっていくのでしょうか。

 

当然、値上げすれば企業業績はあがるので給料は上がっていくはずです。

 

実際はそうなることが経済にとって好循環を生み出すのですが、日本の場合はそうではありません。

 

当然給料が上がった分は住民税や所得税、社会保険料も一緒に上がってきます。

 

年々上がっていく社会保険料

年々上がっていく社会保険料

 

額面は増えているような感じはするけど、手取り額は全く増えていない状態なのです。

 

では、これまで積み上げてきた「貯金」はどうなっていくのでしょうか。

 

当然、金利はついていなので「そのままの額面」です。 お金の価値は減り、物価は高くなっていくだけで単純に生活が苦しくなるだけなのです。

 

 

  関連記事はこちらから

 

 

インフレに強い資産にお金を預ける

インフレに強い資産にお金を預ける

インフレに強い資産にお金を預ける

インフレに強いとされるのが、株式や不動産と言われています。

 

株式はおよそ、企業の業績に連動していきます。

値上がりすればその分企業の業績が上がるからです。

 

不動産はインフレが進めば家賃があがり収益があがるためインフレに強いとされます。

 

もちろん、すべての企業の業績が株価に反映されるなどとすべてのことが当てはまるわけではありません。

さらに原材料コストがかかれば一時的に業績は下がってしまう場合もあります。

長期的に見ればインフレとともに企業は業績をあげ成長していくのです。

現金を持つことが不利な時代になる

現金を持つことが不利な時代になる

現金を持つことが不利な時代になる

緩やかに、そして確実にインフレが進むと仮定した場合「現金」はその価値を減らしていきます。

 

 

その際に現金を多く持っている人はそれ以上に資産価値を減らしていきます。

つまり、不動産や株式などの金融資産を持っている人と持っていない人は大きな格差が生じてくるのです。

 

1%のインフレでも20年後1000円が819円になる

実際に1%のインフレ目標が行われていった場合、物価はどうなっていくのでしょうか。

 

物価上昇別 現金の価値の推移

物価上昇別 現金の価値の推移

 

結果はこのグラフになります。

 

仮に1%のインフレが20年間つづいたとしても現金の価値は大きく下がることがわかります。

 

3%ってことは長く続かないと思うけど、それでも現金の価値がどんどん目減りしていく円。

1%でもこんなに減るってことは20年後以降もかなり下がってくるからね。

そりゃ、海外はどんどん給料が上がっていくわけね。

 

 

つまり、現金の数字は変わらないのですが、今現在1000円で買えていたものが1200円程度になっているということになります。

歴史的に見ても現金の価値は下がり続けている

本当に現金の価値がさがっているのかというと、本当です。

 

すべてのものが値上がりしていくと同時に、昔の人はお給料が3円とかだったのを聞いたことないでしょうか。

 

少し前時代的になってしまいましたが、アメリカの1ドルの価値を例にしてみると1ドルは200年掛けて0.06ドルの価値に下げっているのがわかります。

 

一方で、株式は599,605ドル、長期国債も952ドルと200年前同じ1ドルだったのに価値が大きく変化しているのことがわかります。

 

『株式投資第4版』(ジェレミー・シーゲル/日経BP出版)

『株式投資第4版』(ジェレミー・シーゲル/日経BP出版)

 

 *1

 

 

お金は現金で置いておけば価値は下がる一方で、投資することによってその成長性に対して同価値になって戻ってきてくれるのです。

 

資本主義の上で私達は生活しており、物価があがることは資本主義においては、基軸となっている原理です。

 

もちろん、お金を預けることを選択することもできますし、何かに投資することも選択できます。

 

今回は、お金を「置いておく」というのは投資すると同じくらい、いやそれ以上にリスクがあるということをお伝えしたかったのです。

 

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

まとめると、「現金」というのは価値が下がり続けていくものであるということを念頭に置かなかればならないということです。

 

それは過去の事例からも明らかですべてのありとあらゆるものが「値上がり」していっているからです。

 

特に日本は数十年とデフレがつづいており、モノの価値があがりにくい社会になっていました。

 

しかしながら、世界ではインフレが進み、そして日本もコロナ後のインフレを皮切りに本格的にインフレが進んでいくと考えられます。

 

そうした中で、現金を保有するということは現金の価値を目減りさせていくとうことであるということをお伝えしてきました。

 

資産価値を減らさないためにはインフレ率より高い金利が求められます。

代表的な例が、株式投資や不動産投資になります。

 

様々な物品が値上がりをすれば企業業績もそれと連動しあがっていき、企業業績につられて株価も上がってきたという歴史があるからです。

 

というより、物価の上昇こそが資本主義の土台であり健全な経済であると言えます。 その社会のルールを知らずに金利がつかない現金を預金しておくのはお金をドブに捨てる行為を同じくらい愚かな行為と言えます。

 

これからの未来どうなるのかは、誰にもわかりませんが少なくとも物価は上がり続けていくことでしょう。

10年後、20年後その答えが出る頃にあなたの資産はどの様になっているでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

 

  iDeCo実践記事

 

 

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

  ライフログのまとめ記事

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】

 

 

 

参加お題
 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

 

 

 

 

*1:『株式投資第4版』(ジェレミー・シーゲル/日経BP出版)