ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

共役リノール酸(CLA)とは?|脂肪燃焼と運動効率のアップの相棒に最適!

おすすめ記事
最終更新日時:

 

この記事は次のような方にオススメの記事です。

ダイエットに最適なサプリって一体何が正解なのかわからない。

結局サプリって効き目がわからないし、意味がなさそう。

  1. 現在、ダイエットをしている人にはおすすめです。
  2. 誰でもできる、無理のない効果的なダイエット方法を知りたい。
  3. サプリを使って最小化の力で、最大限の効果を発揮したいダイエットを知りたい。
  4.  共役リノール酸の情報を知りたい人

アラサー、サプリメント管理士のダイエットサラリーマンの海野浩康(@uminoxhiro)が上記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(@sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

 

✓この記事で得ることのできる情報共役リノール酸(CLA)についてしっかりと学べます

 

この記事の目次

(クリック・タップでジャンプすることができます。)

 

この記事の信頼性
この記事の信頼性(クリックで下に表示します)

この記事の信頼性

◆このライフログは今現在(更新時)までに215日連続で更新しているものになります。

 

過去のライフログ一覧

◆このブログは人気ブログランキング「社畜ランキング1位」(更新時)

人気ブログランキング社畜1位

◆このブログは人気ブログランキング「レコーディングダイエット3位」(更新時)

人気ブログランキングレコーディングダイエット3位

◆このブログはブログ村「ウォーキングダイエットランキング1位」(更新時)

f:id:umihiroya:20200604000904p:plain

◆このブログはブログ村「サウナランキング1位」(更新時)

サウナランキング1位

 

 

 

 【筆者情報】

【筆者情報( @uminoxhiro)】@1日20000歩を継続中!!(クリックで下に表示します) 体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。ブラック企業から5度の転職を経て現在のホワイト企業へ。資産を投げ売って仮想通貨に投資するも大暴落。再起を図っています。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

ダイエットに最適「共役リノール酸(CLA)」

共役リノール酸 とは

今回は、「共役リノール酸(CLA)」というものについて解説していきたいと思います。

「共役リノール酸(CLA)」とは?

 

 

共役リノール酸(CLA)は「油」の一種で、「不和脂肪酸」に分類されます。

共役リノール酸(CLA)は体の組織に栄養を与えて元気にするという働きがあります。

さらに脂肪を分解してエネルギーへ変換させてくれたり、筋肉細胞に栄養を届けてくれたり代謝を活発にしてくれる、超スーパーダイエットに適した「油」なのです。

 

 

f:id:umihiroya:20200320223558g:plain

図:日清オイリオグループ参照

 

✓不和脂肪酸とは 脂肪酸を2つに分類した飽和脂肪酸と不和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は取りすぎると血中コレステロール値が増えたり中性脂肪が増えたりする原因となります。
一方の今回の不和脂肪酸は、善玉菌の脂肪ともいわれるくらい良いものです。悪玉コレステロールを抑えるだけではなく過酸化脂質の発生を抑える効果もあります。
不和脂肪酸はリノール酸の他にもオリーブオイルや菜種油などのオレイン酸や青魚に含まれるDHAやEPAがよく代表としてあげられます。

 

 

共役リノール酸を含む食品

 

共役リノール酸を含む食品は以下のようなものがあります。

  1. 牛肉
  2. 鶏肉
  3. 羊肉
  4. ベーコン
  5. 牛乳
  6. 乳製品
  7. ゴーヤ
  8. オリーブオイル
  9. 菜種油
  10. 大豆油
  11. 紅花油

共役リノール酸(CLA)を含む食品としては、牛乳やバター、チーズなどの入製品や、牛肉に含まれています。

 

 

他にも、鶏肉や卵、さらにゴーヤやオリーブオイル、菜種油、大豆油、紅花油などにもふくまれています。

 

 

 

食品からはわずかしか取れない

ただし、特に牛乳に多く含まれているとはいえ、1gの牛乳の中にたった、5.5mgしか入っていないということが特徴です。

 

 

よって、サプリメントでの摂取が非常に効率的な脂肪酸なのです。

 

 

サプリメントの多くは、大豆油や紅花油などのリノール酸を多く含む植物油を変化させて異性化(工業的に)し合成したものが多く出回っています。

 

 

✓チェックポイント 共役リノール酸は牛乳などから摂取できるが、量がすくないためサプリメントで摂取することが効率的である

 

共役リノール酸の効果

f:id:umihiroya:20200614223726p:plain

 

共役リノール酸は具体的にどのような効果があるのかをまとめました。

共役リノール酸の効果:脂肪燃焼に効果あり

共役リノール酸(CLA)は脂肪細胞や筋肉細胞において細胞燃焼効果があることが確認されています。*1

近年の研究では、この共役リノール酸(CLA)が非常にダイエットに適していて、もっと具体的に言えば体重を減らす効果があると報告されています。

 

✓チェックポイント 共役リノール酸はダイエットに適して体重を減らす効果がある!

 

共役リノール酸の効果:筋肉を増強する効果もある

共役リノール酸は、筋肉を増強・増加させる効果も期待できます。

 

 

ホルモン感受性リパーゼの体脂肪を燃焼させる働きは、筋肉の増加にも効果があるとされています。

 

 

アメリカなんかでは、ボディビルダーたちがサプリメントで共役リノール酸を摂取していることから、アスリートにも非常に人気なサプリメントです。

 

 

これで俺もマッチョになれるかも

飲むだけじゃマッチョになれない定期

 

✓チェックポイント筋肉の増強・増加に効果あり!マッチョになれる!

 

共役リノール酸の効果:動脈硬化を予防できる

共役リノール酸は高い抗酸化作用を持っています。

よって、血中の酸化LDLの蓄積を防いでくれます。

 

 

そのことから、動脈硬化を予防するという効果が期待されています。

 

 

共役リノール酸の効果:体温をあげて冷え性などにも効果がある

共役リノール酸が持っている高い抗酸化作用は酸化LDLの蓄積を防いで「血中の流れ」を改善してくれます。

 

 

血流が良くなり、促進されることによって、体温が上がります。

 

加えて、筋肉が増強するということも重なり、体温が上がりやすくなります。

 

✓チェックポイント 共役リノール酸は脂肪燃焼の他に抗酸化作用があり、体温を上げやすくしてくれる優れものである。

 

共役リノール酸(CLA)の歴史

共役リノール酸(CLA)は1980年代にウイスコンシン大学パリザ教授らが「ガン」の発生を抑えるのではないかということで発見されました。

 

 

そして、その後の研究も進んでいきいまでは肥満、高血圧、糖尿病、動脈硬化、骨粗鬆症、運動機能の向上など分野でいい結果が出ている報告があげれている注目のサプリです。

マサイ族と共役リノール酸(CLA)

マサイ族

マサイ族

ここで共役リノール酸では外せないアフリカの先住民、マサイ族のエピソードをご紹介します。

 

 

アフリカの先住民のマサイ族は遊牧民ですが家畜を守るために自分の体の何倍ものある猛獣と戦うことがあります。

 

 

マサイ族の主食は、牛乳と牛の血や独自の発酵乳ということで日常的に共役リノール酸(CLA)を多く摂取していることもわかりました。

 

 

マサイ族の身体能力の高さや、体脂肪の少なさは実は共役リノール酸(CLA)によるものではないかという研究もあるくらいです。

 

 

マサイ族の主食は発酵牛乳で時々牛の耳から採血した血液を飲むと言われています。

 

 

牛の血、牛乳、牛肉には多くの共役リノール酸(CLA)が含まれています*2

 

 

マサイ族が共役リノール酸(CLA)を摂っていたなんてね、これで共役リノール酸をとればマサイ族に入隊できるんじゃないかな

 

共役リノール酸(CLA)を摂ったからってマサイ族にはなれないけどね

 

✓チェックポイント マサイ族は共役リノール酸を摂取してライオンを倒している

 

共役リノール酸を摂取するタイミング

f:id:umihiroya:20200320224117p:plain

 

いつ共役リノール酸を摂取すると良いか:運動前

共役リノール酸で脂肪燃焼やダイエット効果を狙うには「運動前」の摂取がおすすめです。

 

 

共役リノール酸は、体脂肪を効率的にエネルギーに変換してくれる働きをもっているので運動前に摂取することで体脂肪の燃焼に非常に効果が期待できます。

 

✓チェックポイント 摂取するタイミングは、運動前がおすすめ

 

L-カルニチンとセットで飲むと相乗効果が期待できる

 

同じく脂肪燃焼系のサプリメントでL-カルニチンがあります。

 

 

 

 

一緒に取ることで、脂肪燃焼効果はグーーんとアップします。

 

 

メカニズムとしては、Lカルニチンは脂肪酸をミトコンドリアに運搬する役割があります。運搬した脂肪酸を共役リノール酸が燃焼してくれるのです。

 

 

これは相乗効果を期待したいして一緒に飲むべきだね

これは効率的ね。

 

✓チェックポイント L-カルニチンと一緒に摂取することで脂肪燃焼率がアップ

 

 

まとめ

今回は、共役リノール酸(CLA)の解説を行ってきましたが、ダイエットには欠かせない存在どころかアスリートやボディビルダービルダーもこの共役リノール酸を愛している理由がわかっていただけたでしょうか?

非効率に辛いダイエットを行うのもいいですが、効率的に痩せたいという人はダイエットのトレーニング前に共役リノール酸とL-カルニチンを摂取してみるのはどうでしょうか。

 

 

 

  腸内改善の関連記事はこちらから

 

 

参加お題
 

*1:「American Journal of Clinical Nutrition」誌、2004年6月号

*2:食品と開発2月号、2007年