ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

仕事のストレス発散にウォーキングが効果的な4つの理由

おすすめ記事
最終更新日時:

f:id:umihiroya:20200322215801p:plain

この記事は次のような方にオススメの記事です。

仕事でいつもストレスがマックスなんだけど良いストレス発散方法ないかな~。

ストレスが毎日溜まってる気がするし睡眠も不足しているわ。

  1. 社会人で人間関係にストレスを抱えている人におすすめです。
  2. 気軽にストレスを発散できる方法を探している人。

アラサー、都内在住ダイエットサラリーマンの海野浩康(@uminoxhiro)が上記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(@sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

 

✓この記事で得ることのできる情報 ●ウォーキングがストレス解消に効果的な理由が学べます。 
●ウォーキングがストレス解消だけでなく様々なメリットがあることが学べます。

 

この記事の目次

筆者紹介
【筆者情報(@uminoxhiro)】1日20000歩を継続中体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。
詳しいプロフィールはこちらから。

社会人になると、多くのことでストレスを抱えてしまいます。

ベースメントアップス社が出した統計によれば、社会人のストレスの原因の1位は「人間関係」(53%)になっております。

つまり、半分以上の多くの社会人は人間関係に悩んでいるということになります。

仕事のストレスの原因

  • 人間関係:53%
  • 仕事の責任感:18%
  • やりがいのない仕事:18%
  • 過酷な労働環境:11%

学生とは違い社会人は「ストレス」との付き合い方も考えなければなりません。

ストレス発散の方法は色々あると思いますが、今回オススメしたいので「ウォーキング」です。

ウォーキングがストレス発散に向いているということを順序立ててお伝えしていきたいと思います。

 

✓チェックポイント ●社会人のストレスの主な原因は「人間関係」にある。 

 

ウォーキングでセロトニンを分泌する

ウォーキングをすることで、脳内からセロトニンと呼ばれる脳内ホルモンが分泌されます。

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも言われセロトニンが分泌されることによってストレスの緩和が期待できます。

セロトニンを分泌するためにも有酸素運動(ウォーキングやジョギング)をおこないましょう。

 

✓チェックポイント ●ウォーキングで「幸せホルモン」の「セロトニン」が分泌される

 

セロトニンは、ストレスに対して効能のある脳内物質です。名称はserumとtoneに由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられました。主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与すると言われています。「幸せホルモン」などとも呼ばれる脳内ホルモンです。「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。

運動によって鬱を防ぐ

ウォーキングだけではありませんが、運動している人と運動していない人を比較すると1週間に2時間以上運動をしている人はうつになるリスクが半分になるという研究結果もあります。*1

仕事上多くのストレスを抱えている人は積極的に体を動かして「鬱」の状態を防ぎましょう。

1週間に2時間ということは1日に置き換えれば1日17分程度。

つまり、1日20分程度の運動でいいのです。

20分の運動はウォーキングなどの有酸素運動であれば、ちょうどエネルギーの消費が糖質から脂質にかわるタイミングなので体の引き締めも期待できます。

f:id:umihiroya:20200322213714p:plain

 
✓チェックポイント ●ウォーキングが「鬱」の状態を防いでくれる効果がある
●加えてウォーキングを20分以上することで脂肪が燃焼されてダイエットにも効果がある
 関連記事
  1. ストレスや人間関係で「自律神経」が乱れてる人におすすめの整え方 

 

毎日できる

f:id:umihiroya:20200308010340p:plain

 

ストレスは「ためない」ことが一番良いとされています。

ストレスをためすぎてしまうと、自律神経が乱れて体調にも影響を及ぼしてしまいます。

その点、ウォーキングはストレスを貯めすぎる前に毎日行うことができるので非常におすすめできます。

もちろん、サイクリングや水泳などウォーキングと同じく有酸素運動はできますが手軽さに置いてウォーキングは道具も着替えもそこまで必要ありません。

日頃からできるストレス発散方法として「ウォーキング」を取り入れるのはどうでしょうか?

 

✓チェックポイント ●ウォーキングは他のストレス解消方法(有酸素運動)に比べて道具が必要なく気軽にできる

 

有酸素運動とは、筋肉を収縮させる際のエネルギーに、酸素を使う運動のことをいいます。ある程度の時間をかけながら、少量から中程度の負荷をかけて行う運動が代表的です。

ウォーキングをしていると仕事のことを忘れられる

f:id:umihiroya:20200217153516p:plain

 

毎日、ウォーキングをしているのでわかりますが、ウォーキングを続けていると様々な事を考えて歩いています。

はじめは仕事のことや家庭のことなどを考えながら歩いているのですが、だんだん体が温まってくると「こうしたら行けるんじゃないか」など割とポジティブな思考に変わってきます。

セロトニンの分泌がされることによって、前向きな至高のクセがつくこともウォーキングのメリットです。

もし、仕事上思い悩んでいることがあるのであれば少しウォーキングで30分以上歩いて見るもの良いかもしれません。

普段の生活、仕事では思いもよらない「良いアイディア」が浮かび上がってくることがあるかもしれません。

スタンフォード大学の2014年の研究では、歩くことによってクリエイティブな発想が平均で60%もアップするということが判明しています。

歩きながら仕事をしたり、ミーティングをすると行った例もあります。

有名なのはAppleの創業者のスティーブ・ジョブズやFacebookの創業者のマーク・ザッカーバーグなどはミーティングなどにウォーキングを取り入れたりすることで有名です。

 

✓チェックポイント ●ウォーキングはポジティブな発想が出やすくなる
●ウォーキングでは仕事のいいアイディアが出やすくGAFAでもウォーキングをしながらミーティングを行っているくらい有効的

 

GAFA(ガーファ)、GAFAM(ガーファム)、ビッグテック(英語: Big Tech)などは、IT業界において巨大で支配的・独占的な企業群を指すために2010年台より報道などで使用されている用語です。 GAFAはGoogle・Amazon・Facebook・Appleの4社を指し、GAFAMは更にMicrosoftを含む5社を指します。「GAFA」の用語は2016年頃より経済産業省の報告書で頻繁に使用されるようになり、2018年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされました。

日本人の平均歩数は年々減ってきている

日本人の歩く歩数は、年々減ってきているというデータがあります。

厚労省が出している「国民健康・栄養調査(平姓28年)」によれば日本人の1日あたりの平均歩数は男性が6,984歩で、女性が6,029歩となっています。

15年前の同調査では、男性は7,503歩、女性が6,762歩とおよそ500歩以上の平均歩数が失われているのです。 日本の不景気や停滞感と平均歩数の相関関係はありそうですが、少なくとも平均歩数が減っていることに対して「ストレス」を感じやすくなっているのは間違いありません。

年々、歩数が減ってきている理由てなんなんだろうね?

単純にお年寄りが増えてきたんじゃないの?

ほんと、お年寄りが嫌いなんだねw

 

✓チェックポイント ●日本人は年々歩く「歩数」が減少傾向にあり、ストレスが溜まりやすくなっている

 

1日7500歩以上歩くことで睡眠の質の向上も期待できる

f:id:umihiroya:20200229003758p:plain

 

人間関係、仕事の業務などで多くのストレスを抱えている人にとって睡眠不足の影響もあると思います。

ウォーキングをすることによって、睡眠の質の関係性を調べた実験では1日最低7500歩歩けば睡眠の質の向上や肥満の防止などができるということがわかっています。

つまり、ウォーキングによって睡眠の質の向上も期待できるため翌日の疲労感や自律神経が正常化してストレスが軽減されることが期待できます。*2

逆にあるき過ぎると、疲れが落ちない可能性があるのでストレスを緩和したい、睡眠の質を高めたいという人は10,000歩くらいを目安にしたほうが良いかもしれません

 

✓チェックポイント ●ウォーキングの目安は、7500歩以上。
●ウォーキングがによって睡眠の質が向上することも認められている
 関連記事

ウォーキングで歩数を計算するにはFitbitがおすすめの12個の理由

まとめ

どうしても仕事というのはストレスと向き合う場面が増えてきます。

逆にそのストレスがお金を生み出しているので完璧なストレスフリーな仕事というのはほぼほぼ無いと思います。

一方で、ストレスをためすぎると取り返しのつかない病気などになる可能性があります。 ストレスをためすぎず、毎日少しずつでもウォーキングをしてストレスを発散して健康的な人生を送りたいものです。

関連記事

  1. 【腸活】今日からできる!おすすめお手軽「腸活」11選【食事編】
  2. ブログのネタに困ったら「ウォーキング」をしてみたらいいという理由

  3. 食後のウォーキングと食前のウォーキングの効果の違いとは?

参加お題

*1:明治安田厚生事業団体力医学研究所 : https://www.my-zaidan.or.jp/health-management/tai-ken/doc/index_03.pdf 

*2:国立再生可能エネルギー研究所2016年