ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

Fitbitをおすすめする12個の理由

おすすめ記事
最終更新日時:

私が毎日愛用している「Fitbit(フィットビット)」の案内をします。

この記事を読めばAppleWatchやガーミンなどとFitbitとの比較ができます。

 

この記事は次のような方にオススメの記事です。

  1. ダイエットをしていてウェアラブル端末の導入を考えている人。
  2. Fitibitの体験レビューを知りたい人。
  3. Fitibitを使って10キロ痩せた方法を知りたい人。

アラサー、都内在住ダイエットサラリーマンの海野浩康(@uminoxhiro)が上記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(@sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

 

この記事の目次

※クリック(タップ)で移動ができます。

 

この記事の信頼性
この記事の信頼性(クリックで下に表示します)

この記事の信頼性

◆Fitbitを愛用して数年経ち、嫁、実家の家族にもプレゼントとしてFibtitを配っているくらいの愛用者です。

◆このライフログは今現在(更新時)までに204日連続で更新しているものになります。

 

過去のライフログ一覧

◆このブログは人気ブログランキング「社畜ランキング1位」(更新時)

人気ブログランキング社畜1位

◆このブログは人気ブログランキング「レコーディングダイエット3位」(更新時)

人気ブログランキングレコーディングダイエット3位

◆このブログはブログ村「ウォーキングダイエットランキング1位」(更新時)

f:id:umihiroya:20200604000904p:plain

◆このブログはブログ村「サウナランキング1位」(更新時)

サウナランキング1位

 

 

 

 【筆者情報】

【筆者情報( @uminoxhiro)】@1日20000歩を継続中!!(クリックで下に表示します) 体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。ブラック企業から5度の転職を経て現在のホワイト企業へ。資産を投げ売って仮想通貨に投資するも大暴落。再起を図っています。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

Fitbi公式HPより

Fitbi公式HPより

ちなみに私が愛用しているのはスマートウォッチ型のシリーズではなく健康状態などを把握するフィットネストラッカーのFitbit Charge 4という機種です。

(おすすめは最新のCharge4じゃなくて一個前のCharge3ですけど)

 

Fitbitはスマートウォッチ型もあり、でアマゾンアレクサなどにも対応しています。

 Fitbitをオススメする12個の理由

下記に一気にまとめています。

  1. 充電が長持ちする
  2. 様々なフィットネスに対応している
  3. アプリ機能が充実している
  4. 食事の管理ができる
  5. PFCバランスがいつもチェックできる
  6. 水分量が「簡単」に記録できる
  7. 睡眠の管理ができる
  8. コミュニティ機能が充実している
  9. メール・着信などの通知がわかる
  10. アラームで人に迷惑をかけることがない
  11. 着せ替えベルトが安い
  12. 完全防水のため基本充電以外外さなくてもいい
  13. アップルウォッチと比べて安い

 

 

では、ひとつひとつ落とし込んで解説していきたいと思います。

f:id:umihiroya:20200122235116p:plain

充電が長持ちする(充電が早い)

 

 

一番お気に入りのポイントとして、充電に関することです。

 

 

 

電池が長持ち

やはり所詮は腕時計、毎日充電することはとてもストレスになります。

 

1週間は充電は持ちます。

 

 

私はかなりの頻度でGPS機能やフィットネス機能を使っていますが、5日間は持ちます。

使っている機種にもよるとは思いますが間違いなくアップルウォッチよりは長持ちです。

 

 

腕時計を充電ってこれまでになかった感覚だから結構ストレスになるよね

 

✓チェックポイント
電池が圧倒的に長持ち
充電時間が非常に短い

充電するときも30分あれば満タンになります。

 

 

やはり、フィットネストラッカーとして常に肌見放さず装着しておきたいので、充電時間が短いというのはメリットです。

 

 

これは私の最大のお気に入りポイントです。

 

 

充電時間が短かすぎて充電が必要ないのに満タンにしたくなるデメリットもあるよ

 

 

✓チェックポイント
マジで充電時間が短くていい!

様々なフィットネスに対応している

私が行っているダイエットでもFitbitは活躍してくれます。

 

 

ウォーキングはGPSでコースが分かります。

 

さらに、ランニングマシンはトレッドミル機能がありペース配分や心拍数を振り返ることができます。

  1. ウォーキング
  2. ランニング
  3. トレッドミル
  4. 水泳
  5. 自転車
  6. ウェイトリフティング

これらは私が入れているエクササイズです。

 

ほかにも様々なフィットネスに対応しています。

自分が行っているトレーニングやフィットネスに対応しているのであれば是非Fitbitはオススメです。

f:id:umihiroya:20200131141000p:plain

 

✓チェックポイント
いろいろなフィットネスや運動に対応している

アプリ機能が充実している

Fitbitは老舗のフィットネストラッカーですので様々なアプリにも対応同期が可能です。

 

 

加えてアプリでは簡単に食事や水分量なども管理できるので習慣づければライフログが取れます。

Fitbit アプリ画面

Fitbit アプリ画面

食事の管理ができる

アプリの機能として食事の管理ができます。

 

 

カロリーの管理

もちろんカロリー管理もできます。

 

 

登録されている食品が豊富すぎる

例えば、からあげを食べたらからあげを食事に記録します。

 

 

登録してある食品でしたら栄養素なども簡単に見ることができますし、いつ何を食べたかを振り返ることが簡単にできます。

 

 

他にもこのような食事管理アプリもありますが、単独のフィットネストラッカーとして使えるのにも関わらず食事管理もできるので大変重宝しています。

 

 

fitbitロ 食事管理画面(PC版)

fitbitロ 食事管理画面(PC版)

PFCバランスがいつもチェックできる

私が最近気にしているPFCバランスですが、Fitbitにはデフォルトでこの機能がついていました。

  1. タンパク質
  2. 脂質
  3. 炭水化物

これらの割合を瞬時に把握できるので、ダイエットの意識が非常に高まります。

 

 

グラフで一括で表示してくれるので非常にわかりやすいです。

Fitbitアプリ画面

もちろん、前提として食事管理をしてFitbitのアプリに食事内容を入力する必要があります。

私がライフログで数値化してグラフかしているのはこの機能の数字を元にしています。

PFCバランス比較用グラフ

PFCバランス比較用グラフ

 

 

✓チェックポイント
PFCバランスが直感的にわかる。
 
 
PCFバランスとは…(クリックで下に詳細を表示します)P(Protein/タンパク質)F(Fat/脂質)C(Carbohydrate/炭水化物)の摂取バランス。タンパク質と炭水化物は1g=4kcal、脂質は1g=9calで計算します。
 

水分量が「簡単」に記録できる

水分量もかなりダイエットでは意識するポイントです。

 

私の目標としては1日人間が水分を放出すると言われている2.5リットルを摂るようにしています。

 

 

Fitbitアプリ画面

PCでも入力できますが、飲んだあとに忘れずに入力するクセをつければアプリのほうが便利ですね。

Fitbitでは水分量も意識するような作りになっているので非常に助かっています。

 

 

 

 

睡眠の管理ができる

睡眠の管理はフィットネストラッカーの大きな役割です。

 

 

ただFitbitは睡眠の管理は非常に優秀で全世界でもアクティブユーザーが2700万人いるといわれており、精度も非常に高いです。

 

 

Fitbitアプリ画面

睡眠を4つのステージ分けしています。

  1. 目覚めた状態
  2. レム睡眠
  3. 浅い睡眠
  4. 深い睡眠

睡眠の情報は「機能これくらい寝た」という情報は普通に何もしてなかったら思ったよりも曖昧です。

 

しっかりと寝たと思っても4時間しか寝てなかったりしますから。

さらにいえば、充電をあまりしなくていいので着け忘れてログを忘れるということもありません。

 

正直つかっていて、30分の昼寝までしっかり記録されていてびっくりすることも多々ありました。

 

 

コミュニティ機能が充実している

Fitbitでは同じくユーザー同士のコミュニティがあります。

 

 

アプリ内でダイエットや健康管理を行っているコミュニティに入れば刺激をし合うことができます。

 

 

もちろん、友人同士だけのコミュニティを作りそこでダイエットを励まし合うことも可能です。

 

私の場合は家族で歩数の競争をしているのでお互いの健康管理チェックなどにも非常に役立っています。

 

 

メール・着信などの通知がわかる

これは他のスマートウォッチなどにも言えることですが、メールや着信の通知はおもったよりも便利です。

 

 

常にポケットに入っていてバイブがなるたびにポケットからスマホを取り出す必要がありません。

 

 

手首を見るだけでだれからの着信かがわかるので仕事中だけではなく、プライベートでも非常に助かっています。

 

✓チェックポイント
通知機能が意外に便利!一回慣れれば外せなくなる。

 

アラームで人に迷惑をかけることがない

アラーム機能も非常に気に入っています。

 

 

私の場合は、二度寝防止や昼食の合図など決まった時刻にアラームをセットしていますが、スマホの場合は音がなったり、バイブで驚いたりします。

 

 

手首に着けているFitbitが震えるだけで誰にも気づかれません。これは思ったよりも便利なのでオススメです。

 

 

個人的な感覚ですが、耳元にスマホをおいてアラームを鳴らすよりも手首が震えたほうが起きやすくなった気がします。

 

 

着せ替えベルトが安い

おしゃれを気にする人も着せ替えベルトが豊富なので服に合わせてベルトを容易に変更することができます。

 

 

さらには、仕事中につけても目立つことのないような色にすれば問題なく仕事中にも着けれます。

 

 

最近ではアップルウォッチなどを着けている人も多いので仕事でスマートウォッチやFitibitを着けていても何も言われないとは思いますが。

 

 

1,000円程度でベルトが購入できるのでいろいろと気分転換もできます。

 

 

✓チェックポイント
着せ替えのベルトも安くて種類が豊富!

完全防水のため基本充電以外外さなくてもいい

完全防水というのは非常に便利です。手を洗うとき、お風呂に入るときも外さなくていいです。(機種によります。)

 

 

私は念の為サウナに入るときは外していますが、それ以外のときはFitbitを装着しています。

 

 

もちろん、プールでも大丈夫です。プール機能があるくらいですから。*1

手を洗ったりするときも全く気にしないからね

 

✓チェックポイント
防水機能が安定しているので日頃外す必要がない!
 
 
 

アップルウォッチと比べて安い

アップルウォッチと比較して圧倒的なコスパだと言えます。

 

 

多少傷がついてもアップルウォッチほど高価だとショックは大きいですが、Fitbitであれば「仕方ないか」で済みます。

 

 

新しい機種がでてもどんどん交換していくことができますが、アップルウォッチの場合はさすがに新しい機種がでても簡単に交換することはできないでしょう。

 

チェックポイント
Apple Watchよりもコスパが圧倒的にいい!
 
 

まとめ

私が毎日、毎分つけているFitbitですが今後はますます機能が充実してくると思っています。Googleの傘下に入る噂も度々あります。

 

 

機能面もそうですが、コスト面もかなりいいと思っています。

間違いなくダイエットのお供には最適な相棒です。

 

 

さまざまな機種があるのでライフスタイルに合わせて機種を選んでみてください。

 以下は、機種のざっくりした説明です。

おすすめの2機種

コスパ抜群!私が愛用しているCharge4

 

防水機能、(スマホ連動の)GPS機能、日本では対応していないがキャッシュレス機能などほぼフルスペックです。

価格も、17,000円程度です。(楽天やAmazonで変動あり)

 

 

大満足のコスパと思います。

 

 

 

 

Fitbit Charge 4とは…(クリックで下に詳細を表示します)アメリカFitbit社が提供するウェアラブル端末の事です。2020年4月に発売された同シリーズの下位モデル「Charge 3」から、GPS機能、Spotify操作などを搭載。2020年4月から筆者が着用トラッカーです。
 

 

ただ私が一番オススメしているのは1つ前の機種になる「Fitbit Charge 3」です。

価格も13,000程度で購入できます。

 

 

  関連記事:Fitbit

 

Amazon Alexa対応の最新型「Versa2」

最近やたらCMでもおなじみになってきました。

デザインはアップルウォッチに近いかもしれません。

 

 

これはフィットネストラッカーというよりもどちらかというとスマートウォッチです。

 

 

ほぼすべての機能を搭載しているモデルです。

水泳機能は搭載していません。

 

 

(私の通っているジムでは、この形のスマートウォッチをつけての水泳は禁止されています。Charge3型のフィットネストラッカーは可能です。)

 

 

ダイエットをするなら記録していこう

ダイエットはまずは自己分析から始まります。

 

 

自分を分析する上で、日々の行動を自動で記録、数値化してくれるツールとして私はFitbitを購入してよかったなと思っています。

 

 

毎日の記録を振り返ることができる、そしてダイエットにつなげていくというのは非常に効果があります。

 

 

私もさい最盛期の体重よりおよそ10キロ痩せることができました。(74.8キロ→62キロ)

 

 

記録を中心としたダイエット方法はレコーディングダイエットの記事を御覧ください。

 

 

 

ウェアラブル端末はこれから普通になる

スマートフォンを誰しもが持っているように、これからフィットネストラッカーやスマートウォッチなどのウェアラブル端末は普通の時代になってくると思います。

だって、便利だもん。

ただし、Fitbitは精度が良すぎて「浮気」なんかもバレる可能性があるので注意してください。

 

 
関連記事

この記事ではスマートウォッチで浮気がバレた事例をご紹介しています。

 

 

大切な人にプレゼントしてもいい

価格もそこまで高くないですから簡単にプレゼントできます。

 

 

私は同じ機種のFitbitCharge3を嫁にもプレゼントしています。

 

両親にもプレゼントしようかと思っています。

プレゼントしました(2020年5月)

 

 

長生きしてほしいですからね。

最後に

12個の理由以外にもおすすめする理由がいっぱいありましたが、相当気に入っているものなので熱意が伝わってくれれば幸いです。

 

 

Fitibitを通して、理想の体型や、健康を一緒に手に入れていきたいですね!

 

 

 
関連記事:ストレスとウォーキングについて

ウォーキングが具体的にどのようにストレス軽減に役立っているのかを解説している記事になります。

 

 

 

空知瑞夏のなぞなぞコーナー #3

f:id:umihiroya:20200204104854p:plain

私のなぞなぞコーナーにようこそ、ここではあなたの地頭を良くするような問題を出題するから解いてみてね!

問題 #3

「精一杯やってできる限度」という意味で、「関の山」という言葉を使いますが、この「山」とはなんのことでしょうか?

  1. 祭りの飾り車
  2. 山積みの年貢米
  3. 力士のしこ名
答えはこちらから

 

参加お題

 

*1:水泳の機能はCharge3 Ionic InspireHR