■■

ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

2019年買ってよかったものベスト3

おすすめ記事

f:id:umihiroya:20191223155411p:plain

この記事は次のような方にオススメの記事です。

  1. サラリーマンで毎日忙しくて生活を効率化したい
  2. 家庭内のめんどくさいことをやりたくない
  3. 駄目サラリーマン(筆者)のダイエットの経過情報を知りたい

アラサー既婚の共働き夫婦。都内在住、大企業のグループ会社の勤務の海野浩康(@uminoxhiro)が下記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(@sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

前半はタイトルの記事を掲載しております。

記事の後半はダメダメサラリーマンのダイエットの活動の記録(ライフログ)を掲載しております。サラリーマン、ダイエッターの方々と励まし合って健康的な生活を遅れるように頑張って行きます。

一緒にほどよく頑張りましょう。

ダイエットも勉強も継続が命よ

f:id:umihiroya:20191223155130p:plain

この記事の目次

買ってよかったものベスト3の発表

今年一番買ってよかったなと思うものはズバリこれです。

  1. お掃除ロボット
  2. Fitbit Charge 3
  3. サウナ関連

お掃除ロボット

順位は非常につけ難いですがなんと言っても毎日お世話になっているものが入ってきます。

我が家の生活必需品となっているのがこれ「お掃除ロボット」です。

何度かブログでも紹介したけど最高だねこいつは!

大手家電メーカーも参入していまや一家に一台あったもいいと思える商品です。

高級品で大手のアイロボット製から機能は抑えて最低限のお掃除をしてくれるものまで価格帯を含めて様々な商品が売っています。

私が購入したのは価格帯を含めてエントリーモデル的なお掃除ロボットです。

しかながら侮るなかれ、ゴミの収集はきちんとやってくれますし、お掃除が終われば充電ステーションにしっかりと戻ってくれます。

たまに玄関で迷子になったまま息が絶えてるけど…

共働き夫婦にはもってこいの商品ですし買えばわかります。

なんでもっと早く買わなかったんだろうと思うはずです。

最初は否定的だった嫁も、「水拭き用のロボットも買う?」くらいの勢いになってきています。

お互い家を空けていることも多いので騒音に対してはほとんど気になりません。

リビングだけでも使える!

ある程度の広さの家であれば使えます。

私が住んでいるマンションは2LDKですが2つの部屋は掃除させていませんので実質台所とリビングだけです。

それでも毎日すごいゴミがトレーにはいっていてびっくりします。 逆に言えばこれだけ毎日ゴミやホコリが出てるのかと思い知らされます。

ホコリの中で生活している実感てないやん?

お掃除ロボットがいない家庭は相当なホコリの中で生活していることを知らしめてくれます。

毎日お掃除しなくていいっていうのは本当に魅力的だよね

 

 

Fitbit

今年春に買った「Fitbit Charge3」。

堂々のベスト3入りです。

正直生活がガラリと変わるかもしれません。

Fitbitをおすすめする記事は別に記載しますが。

まず睡眠時間をしっかりと計測してくれるというのは思ったよりもありがたいです。

今週はあまり寝てないな、仕事サボって寝るか…とか。

いっつもサボってない?

サボってるように見せてるだけ

睡眠時間だけではなくなにより歩数が手元でわかるのは便利です。

これによってダイエットが非常にはかどります。

毎日のライフログが残ることで自分の中でしっかりと目標や記録がわかるので日々の変化がわかるようになります。

優秀な目覚まし機能

アラーム機能も優秀です。これまではスマホの目覚ましだけで起きていましたが手首がブルッと震えるので時間がわかるのです。

手元にスマホの通知がわかることもストレス軽減になります。

電話が着ても手元でだれからかわかるしわざわざポケットからスマホを取り出す必要がない分、ストレスは減ります。

ダイエットと生活のリズムに変化を与えてくれたFitbitは是非ともおすすめです。

 

 

サウナ関連

最後に「サウナ関連」です。

これは単体ではないですが新しい世界のサウナと出会えたことです。

コストでいうと…

  1. サウナ・スパ健康アドバイザー(5,000円)
  2. ジムの月会費(12,000円/月)
  3. サウナ入浴料(2万円くらい合計)

サウナに出会えた経緯を簡単にいうと、

  1. 太ってきたダイエットしなきゃ
  2. ジムに入会しよう
  3. ジムに割といいサウナがある
  4. サウナを効率的に入るには
  5. 調べたら「サ道」に出会う

こういった流れの中からサウナに出会えたことです。

サウナ自体はただでは入れません。ジムの月会費を払いますし、ジム以外のサウナにもたくさん行きました。

モノというよりは経験を買っているので商品とは言えませんがサウナをランクインさせてください。

生活の質や健康状態も間違いなく上がっているし、ストレス緩和にも多大な影響をもたらしています。

もちろん背景としてサ道を始めとするサウナブームも影響しているとは思いますが、サウナブームが来ていたからこそ後押しされた部分もあります。

サウナは健康だけではなく美容にもいいしいい出会いだったんじゃない?

まとめ

こうしてみると日々生活を豊かにしてくれるものばかりでした。

他にも購入履歴をみましたが数多くのものを買っていました。

中でもこの3点は「毎日」私の生活を支えてくれているものでなおかつ今年出会えたという共通点があります。

私同様に今年買ってよかったものが本当に心から「いい買い物しなたな」と思えるものだったいいですね。

ダイエットサラリーマンのライフログ

f:id:umihiroya:20191224001631p:plain

設定は目標:歩数月平均 20,000歩/1日ね!2019年12月13日の分なので公開日とはズレがあるけど気にしないでね!

この日の運動内容

  • ウォーキング
  • サウナ
ウォーキング

この日の歩数は…歩数:22,023歩

  • ウォーキング(通勤等・仕事外回り)

この日はウォーキング中心。仕事で外回りの際に多めに歩きました。夕方はヤクルトのイベント参加(嫁が)のため私は神宮球場周辺をグルグルしました。よって帰りは遅くなりジムにはいけませんでしたがしっかりと20,000歩を達成することができました。

いいなぁ!私もつば九郎に会いたかったわ

fitbitログより 運動データ

fitbitログより 運動データ

歩数等の活動記録は腕につけている「Fitbit Charge 3」によるデータ。

この日の「サ活」

本日はサウナにはいけませんでした。残念。

この日の食事

  • コーヒー×2
  • モーニングセットホットサンド
  • 横浜家系ラーメン(のりトッピング)
  • 小ライス
  • ステーキ・ハンバーグセット
  • 生ビール ×1

凄まじいくらい食べてない?もうダイエットやめたの?

体重計に乗っても最近増えていくんだけど…

そらそうよw

目標(ダイエット)に対して一言

目標達成できましたが。メニューを改めて見ると反省しか有りません。やはり晩ごはんが鬼門でしょうか。お昼はどうしてもお腹が減ってしまいますから。こういったメニューになる際は30,000歩くらいあるこうかな。

お腹が空くのは仕方ないけどメニューを考えたほうがいいわね。

ダイエットのリバウンドする人の気持ちがわかってきたような気がします。忘年会シーズンだし、年末年始あるし。不安でしか有りません。

年末年始の太り具合は半端ないからね…気をつけてよ

おまけ:「歩数」グラフ(スマホには反映されないかもしれません)

お題「ネットで買ったお買い物で良かったものは?」

空知瑞夏のプチコーナー(仮)

今回は更新頻度が上がってきて伝えやすくなってきたわね。

更新に対してはあまり突っ込まないで。だいぶ遅れてるから。

更新がブロガーにとっては血液みたいなものよ、血を吐いてでも更新し続けなさい!

はい…(言い訳なんてしてたら何言われるかわからない)

なにか言いたそうだけど、まぁいいわ。前回からの話の続きを始めるわよ。

待ってました!

ロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」の話を少し触れたと思うけど、「経済的自由人」っていう言葉がちょいちょい出てくるの。

そうそう、今回はその経済的自由人ってなんなのかって言うのを教えてくれるって行ってなかった?

そうよ。経済的自由人について話すわ。お金持ちっていうのは2種類のパターンがあるのよ。一般的なイメージのお金持ちって説明できる?

なんとなくだけど、「お金をいっぱい持ってる」てイメージかな。

それじゃ30点よ。お金をたくさん持っていたとしても「経済的自由人」にはなれないの。簡単なたとえ話をすると、宝くじの高額当選者ね。

何億もあたった人は当然お金持ちにであり、経済的自由人っぽいけどね。

お金持ちではあるが、経済的自由人とは言えないの。宝くじの高額当選者の多くは自己破産という結果を招いているわ。それは彼らが経済的自由人ではなかったからよ。

経済的自由人イコールお金持ちってわけじゃないってこと?

そうね、お金持ちではあるけど経済的自由人ではないっとこと。つまりお金持ちという中に経済的自由人という枠があるの。

お金を持っていな人はその名のとおりよ。「お金は持っている人」はさっき言った宝くじの高額当選者や、高収入のサラリーマンなども当てはまるわ。

まったく別物なんだね。

考えとして資産をどれだけ持っているかということに着目すればわかりやすいわ。

資産?車とか家とか?

100点満点の返答をしてくれてありがとう。ロバートキヨサキが定義する資産に車は含まれていないし持ち家でも自分が住んでいる家なんかは資産とは言えないわ。もちろん法律の上では資産だけどね。

車や家は資産じゃないのか。

ここでいう資産というのは「お金を生み出してくれるもの」という意味になるの。

お金を生み出してくれるもの?

そう。お金を生み出してくれるものこそ本当の資産なのよ。

車は金食い虫だからそういう意味じゃ負債になるかもね。

そう、資産と負債をしっかりと分類しなければならないの。資産についてはまたゆっくりと解説していくけど、ここでいう資産の例としては「株」や「債権」貸し出しをしている「不動産」や著作権などの「権利」よ。

ほうほう。なんか難しい話になってきたね。

簡単よ。例えば年利5%の株式配当のある株はお金を作り出してくれているから「資産」ね。逆にお金を作り出さない車は負債にあたるわ。ローンやガソリン代、車検や税金でお金を作り出すどころかお金を吐き出しているからね。

なるほど、お金を作り出すものが「資産」ね。

経済的自由人に話をもどすけど、経済的自由人は普段の生活費を資産で補える人たちのことを言うの。

資産で補う?

そう、資産は自動的にお金を作り出しているわけで、働かなくても資産から生活費をまかなえる状態のことよ。

この概念がしっかりと分かってなければ一生「経済的自由人」にはなれないわ。

ラットレースだね。

そう、ロバートキヨサキがいうラットレースというのは生活費を労働収入だけで支払っていることをいうの。経済的自由人になればいつ仕事をやめても資産から収入があるため生活にはこまらないの。つまり「お金のために働く」必要がなくなるってことなの。

お金のために働く必要がなくなるの?

そういうことよ。多くの人が働いている理由は「お金」のためだけど生活費が資産からの収入でまかなえている状態であれば「働かなくてもいい」のよ。

やっばww

つまりラットレースから抜け出すということは「資産」を構築していくこととちょっけつしていくことなの。

なるほど。

ネットワークビジネスなんかでロバートキヨサキがつかわれるのがねずみ講のような組織を「資産」とみなしていていわゆる権利としているからよ。

ほうほう。だから金持ち父さん貧乏父さんがネットワークビジネスで使われるのか。

このブログではネットワークビジネスやマルチ商法はおすすめしないわ。よくいうのが「不労所得」とか言ってるわね。

不労所得ってことは働かないでもらえる所得のこと?

そうね、実際にはネットワークビジネスはかなりの労働が伴ってくるから不労所得にはならないわ。ごく限られた数%の人のためのビジネスモデルと言っても過言じゃないわ。

そうなんだ。

だから基本的には久しぶりに会う友人から「不労所得」「ロバートキヨサキ」「金持ち父さん貧乏父さん」「権利収入」というワードがでたら99%疑ったほうがいいわね。

よく、ルノアールでそういう話を聞くわww

今回の話のまとめをしておくわね。経済的自由人というのは「資産」から「生活費」をまかなえる収入がある人のこと。これだけは絶対に抑えておいてね!