ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

365日ライフログを書き続けた結果!1年間ライフログを書いて「分かったこと」「変わったこと」

おすすめ記事

先日、ライフログを書き始めて1年間が経ちました。

これからもライフログを書き続けていくつもりです。

 

今回は少し立ち止まってライフログの結果、私にとってどのようなことが起こったのか、そして何が変わったのかと言うのをまとめていきたいと思います。

 

365日ライフログを書き続けた結果!1年間ライフログを書いて「分かったこと」「変わったこと」

365日ライフログを書き続けた結果!1年間ライフログを書いて「分かったこと」「変わったこと」

 

ライフログの内容

ライフログの内容

ライフログの内容

ライフログの内容としては、レコーディングダイエットとしてダイエットを目的として

 

  • 運動内容
  • 食事内容

 

を毎日書いて記録しておきました。

 

最初の頃は1日ずつ、1記事にまとめていましたが今では1週間分を記事として公開しています。

 

 

 

ライフログを1年間書き続けて分かったこと&変わったこと

ライフログを1年間書き続けて分かったこと&変わったこと

ライフログを1年間書き続けて分かったこと&変わったこと

ライフログを書く習慣が見についた

やはり、毎日ライフログを取るということがその習慣が身につきました。

 

基本的には夜の0時に記事を書き始めるので書かない日に関しては、(まとめて2日分など)やはりソワソワしてしまいます。

 

 

 

どうにか、深夜0時ではなく朝に記入できるようにしていきたいと考えていますがなかなか実行には移せていません。

朝にするのであればその分早く起きて、早く寝ないとね

毎日の充実度が増す(毎日を振り返る癖がつく)

 

ライフログを書く前は1日1日がただ漠然と過ぎ去っていっていました。

 

ただ、ライフログを取り始めて、1日を振り返り「反省」して、よかったことは満足し、そして明日への目標を考えます。

 

そういった積み重ねを行ううちに「毎日の充実度が増した」と思います。

 

1日1日を大切に行きていることを実感するとともに、二度とない1日を過ごしているという感覚を得ています。

 

 

 

毎日継続する自信がついた

 

日々何かを継続するというのは非常に難しいです。

 

3日坊主などという言葉もある通り継続は本当に気合と根性がいると思っています。

 

 

 

 

しかしながら、コツコツと毎日継続することに寄って、自己肯定感のような「自信」がついてきます。

 

「自分はこれだやってるんだ」という自信も深まります。

 

セルフイメージの向上は何をやるに対してプラスの効果があります。

 

食事への意識が変化した

 

食事への対応が変化しました。

 

毎日のライフログの記録の中でカロリー計算やPFCバランスを記載しています。

 

そういった活動はこれまでしたことがなく、食に対する意識が明らかに変化しています。

 

Fitbitのカロリー表(2020年11月11日)

Fitbitのカロリー表(2020年11月11日)

 

自分の体の調子(体自体)の変化に気づく

 

ライフログではあまり大々的に記載していませんが、毎日体重計にも乗るようにしています。

 

毎日の体重の変化によって自分の変化に気づきやすくなります。

 

もちろん、「昨日は食べ過ぎた」とか、「最近なかなか体重が落ちない」といった変化にも気づくことができます。

 

これは毎日体重計に乗るという結果だと思います。

 

体重の推移@fitbit

体重の推移@fitbit

 

体重が最高で15kg痩せた

 

一番大きく、わかりやすい変化としては体重の変化でしょう。

 

体重の変化はライフログの取り始めた当初の74.8kgから最高で58.0kgまで痩せることができています。

 

現在は62kgになっていますが、明らかに体型は変化しています。

 

目に見えて、数字で変化がわかりました。

121時間を失った

逆に失ったものもあります。

 

そうです、時間です。

 

 

ライフログを書き続けることというのは、時間がかかります。

 

ただ、最初は30分以上かかっていた1日分のライフログもいまでは、15分程度でかきあげています。

 

ただ、平均として、20分の記載時間として、365日分121時間を費やしている計算になります。

 

もちろん、もっと時間は取られていると思います。

 

ただし、これ以上の価値ある時間を過ごせていたのかと考えると疑問が残ります。

 

ただ、121時間以上を失ったということは紛れもない事実です。

 

 

まとめ

 

大きく分けると身体的な変化と考え方の変化がライフログを1年間続けてきたことでありました。

 

それは食事に対する意識の変化や「自信」などからくるものであり、痩せたという結果がついてきたわけです。

 

 

ただしそれに伴う大小としては「時間」を失っているわけであり「タダ」ではないというのがわかります。

 

しかしながら、このライフログを記載するコスト(時間)を払ってまで得られるリターンというのは非常に価値あるものだと私は思っています。

 

よって、これからもライフログを書き続けていきたいと思っています。

 

今後も応援のほどよろしくおねがいします。

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加