ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【御朱印】湯島天神(湯島天満宮)に行ってきました|東京都文京区の御朱印

おすすめ記事

今回は、東京都文京区湯島にある「湯島天神」(ゆしまてんじん)に行ったので、そのレポートを書きたいと思います。

 

湯神天満宮・湯島神社とも言われますが本記事では湯島天神で統一いたします。

湯島天神の特徴

【御朱印】湯島天神

【御朱印】湯島天神

御朱印マトリクス

  • 見どころ:4.5点/10点満点中

※個人的な意見

  • 歴史:458年

(創建されたとされる年)

湯島天神マトリクス

湯島天神マトリクス



比較しやすいようにマトリクスを作ってみたよ

あくまでもこのブログとしての見解だからね

湯島天神の特徴
  湯島天神の特徴
  • 江戸・東京を代表する天満宮です。
  • 江戸三大天神・関東三大天神の一社です。
  • 関東の合格祈願の参拝者はトップです。

 


 

 

 

 

目次

筆者プロフィール

 

筆者紹介
筆者紹介(クリックで下に詳細を表示します)2017年に初の御朱印を記帳。家族のすすめで御朱印を始める。それ以後100を超える神社寺院の御朱印をいただく。 御朱印の他にも城郭巡りが趣味であり全国各地の城郭をめぐる。 大学時代の史学を専攻し専門は中世日本史であり、卒論の研究テーマ「城郭における立地における条件」だった。 教職員免許の地理歴史を保持し、歴史能力検定は2級(日本史)。ブログには御朱印の他、趣味のサウナ、サラリーマンとしての投資、ダイエット記録などを掲載しています。

 

湯島天神に訪れた日

2021年1月29日
  • 2度目の参拝
  • 写真撮影 ・御朱印を頂きました。
2019年11月30日
  • 初めての参拝、御朱印をいただきました。

 

湯島天神の場所

湯島天神の住所
  • 〒113-0034
  • 東京都文京区湯島3丁目30−1

 

湯島天神の御朱印

湯島天神の御朱印のもらい方

湯島天神の御朱印は、参道から拝殿に向かって左手にある社務所でいただけます。

湯島天神の御朱印

2021年1月29日

湯島天神の御朱印

湯島天神の御朱印
2019年11月30日

湯島天神の御朱印

湯島天神の御朱印

これが頂いた御朱印です

 

 

湯島天神の御朱印の値段(当時)

予算:500円

(初穂料・朱印代として)

湯島天神の御朱印帳

湯島天神の御朱印帳

湯島天神の御朱印帳

キティちゃんの御朱印もあるのね!

湯島天神の御祭神

  • 菅原道真

 

 

  関連記事はこちらから

湯島天神のご利益

天之手力雄命のご利益である、勝運・強運・縁結びなどのご利益があると言われております。

 

また天神さまということもあり、志望校への合格、就職の内定祈願など「突破力」にも定評のある神社です。

 

また宝くじの当選アップなどにもご利益があります。(後述)

 

湯島天神の歴史など【あれこれ】

湯島天神

湯島天神

湯島天神は、江戸・東京を代表する天満宮であり学問の神様とされる菅原道真を祀っている神社です。 受験シーズン前になると、多くの受験生が合格祈願に訪れます。

 

458年に雄略天皇の勅命によって、天手力男命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建したとされています。

東京にあるのに相当歴史が古いんだね

南北朝時代(1355年)に住民の請願により、菅原道真を勧請し合祀しました。

 

このときを正式な創建とする説もあります。

 

 

また徳川家康が江戸に入府してから、徳川家の崇敬を受けており学者や文人などからも崇敬されていました。

 

境内には宝物殿もあり、御朱印をいただくと割引料金で入場することができます。

 

湯島天神 宝物殿

湯島天神 宝物殿

 

また梅の名所としても有名で境内には300本の梅の木があり2月から3月にかけて行われる「梅まつり」には40万人の人が訪れといいます。

 

宝くじの起源の「江戸の三富」

湯島天神は「江戸の三富」と称されていました。

「富籤」(富くじ)とは

江戸の三富というのは、「富籤」(富くじ)という寺社普請のための収集方法だったのですが「宝くじ」や「ふくびき」のような要素がありました。

 

 

番号の降ってある御札(富札)を販売し後日抽選するという方法です。

江戸時代初期に流行が加熱し、許可制になっていきます。

江戸幕府が徳川家斉が許可していたのは、「江戸の三富」の寺社のみでした。(時期に再び増えていきます)

「江戸の三富」と呼ばれた寺社は下記の三社になります。

 

 

 

  「江戸の三富」 一覧
  • 湯島天神(文京区)

  • 龍泉寺(目黒区)

  • 感應寺(台東区)

 

  「富籤」の関連記事はこちらです。

宝くじの起源となった「富籤」が行われていた神社で「富塚」があり金運などのご利益があります。(「富の日」限定御朱印もいただきました!)

 

湯島天神は三天神の一社

江戸三天神

湯島天神は江戸三天神に選ばれることがあります。

五條天神社と亀戸天神社はどちらかが三天神なのかは諸説あります。

(亀戸天神は江戸市中ではないため)

 

  江戸三天神 神社一覧

 

関東三天神

なおもう少し広域で「関東」になる関東三天神にも湯島天神は選ばれています。

 

  関東三天神 神社一覧
  • 湯島天満宮(東京都文京区)
  • 亀戸天神社(東京都江東区)
  • 谷保天満宮(東京都国立市)

 

 

 

湯島天神の現地の様子

湯島天神の鳥居

湯島天神の鳥居

湯島天神の鳥居

湯島天神の鳥居

湯島天神の鳥居

銅製の鳥居は1667年ごろに寄進されたものだと言われており、東京都指定有形文化財にも指定されています。

足元にも小さな狛犬がいます。

かわいいね

 

湯島天神の鳥居 狛犬

湯島天神の鳥居 狛犬

 

  関連記事はこちらから
湯島天神の手水舎(てみずや)

湯島天神の手水舎(てみずや)

湯島天神の手水舎(てみずや)

 

湯島天神の撫で牛

湯島天神の撫で牛

湯島天神の撫で牛

湯島天神の撫で牛

湯島天神の撫で牛
湯島天神の狛犬

湯島天神の狛犬

湯島天神の狛犬

湯島天神の狛犬

湯島天神の狛犬




 

 

  関連記事はこちらから

筆者ひとこと

2021年1月29日

実は何度か参拝したことがあるのですが、御朱印をいただいたのが古く、当時の写真が残っていないので最近ふたたび参拝した次第です。

 

と言っても受験生ではないので合格祈願ではありません。

 

転職する前とかに訪れてもいいかもしれませんね。

 

梅の時期にまた参拝してもいいかもしれません。

湯島天神でお祈りした内容

湯島天神の絵馬

湯島天神の絵馬

で、何をお祈りしたの?

受験生でもないから、特にお祈りと言ってもいつもどおり家内安全といつもありがとうございますって。

なんともシンプルね、それにしても絵馬の数がすごいわね!

神様も大変だね!

 

 

 

 

  関連記事はこちらから

 

 

 

  関連記事はこちらから

御朱印ランキング

 

 

  ウミノマトリクス関連マップ(御朱印&サウナ)

 

 

おすすめ御朱印ハンドブック
御朱印「散歩」はこのハンドブックがおすすめです!…(クリックで下に表示します) 私も愛用している御朱印のハンドブックのご紹介です。 見ているだけで楽しくなりますし、「次どこに行こうか」と考える時間も楽しいです。 寺社ごとに詳細な記録や情報・歴史など掲載してありますし、御朱印集めのお散歩に持っていくとより一層楽しめると思います。

 

参加お題
この記事が参加しているお題(クリックで下に表示します)

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加