ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

3M(スリーエム)【MMM】株を売却しました【バリューからグロースへ】

おすすめ記事

先日3M(スリーエム)【MMM】の株を売却したのでその理由などについてお伝えしていきます。

 

f:id:umihiroya:20200902020231j:plain

 

 

この記事の目次 

 

高配当銘柄3M

スリーエムはいわゆる「高配当」銘柄といえる銘柄で配当貴族に列しており、62年連続増配をつづけている名門企業です。

 

f:id:umihiroya:20200902020734j:plain

 

 

60年以上も増配をしている企業ってすごいわね

高配当投資するのであれば持っててもいい銘柄だと思うけどね

 

 

今回、私がスリーエムを売却した理由を結論から申し上げますと、2点あります。

 

株価の成長が鈍化している企業であるということと、私の投資スタイルの変化があったという点です。

 

私が購入したタイミングは、新型コロナによって大幅にすべての株が下がって時であり、マスクの需要があると思ったからです。

 

f:id:umihiroya:20200902020347j:plain

 

 

 

マスクの需要が現在満たされていると同時に一般消費財や建材などを主に扱っている同社は今後株価はゆるやかな「成長・維持」を続けていくと思ったからです。

 

■3Mのチャート

 

 

 

守りの投資より攻めの投資

私の投資スタイルの変化というのは、先日公開したポートフォリオを参考にしていただくとわかりやすく、「バリュー投資からグロース投資」へとシフトしていっていることです。

 

 

umihiro.hateblo.jp

 

 

現在、ハイテク株を中心に株高が続いていますが、ハイテク株を中心としたグロース株に投資することによって大幅なリターンが得られると考えています。

 

 

スリーエムが今後発展しないというわけではなく、もっと急成長する分野や会社に投資するほうが「投資効率」が良いと思ったからです。

 

 

umihiro.hateblo.jp

 

 

「守りの投資より攻めの投資」にしている理由は2つあって、一つは現在は攻めの投資のほうが効率がいいということです。

 

 

そしてもう一つは、ちんたら配当で資産をゆっくり増やしている場合ではないということです。

 

もちろん、老後資金のためにコツコツと資産形成をしたいと願望もありますが、現在は限られた資金、種銭をいかに増やしてそれを運用するかというフェーズです。

 

 

私がもっと50歳、60歳であればスリーエムのような企業に投資して安定した高配当銘柄で配当をチャリンチャリンをもらうのが正解かもしれません。

 

ただ、私はまだまだ資産を増やさなければならないですし、現在は目標としている金融資産1,000万円を目指しています。

のちのちは億り人になりたいな

いまの金融資産からみると夢の話ね

だから、いまはとりあえず1,000万円を作ることを目標にしてる

 

 

umihiro.hateblo.jp

 

手取り20万円のサラリーマンが資産を増やすために

手取り20万円しかない私が資産を最大化するには「グロース株」への集中投資がベストな選択だと思っています。

 

 

今後は、子供ができたり、子育て、そしてマンションなどを購入した場合お金がかかってしまいます。 その前にとりあえず、1,000万円の種銭をつくっておきたいと心のなかで思っています。

まとめ

今回私がスリーエムの株を売った理由は、成長が緩やかすぎるということと、資産をもっとスピードに乗せて増やしたいということからです。

 

 

もちろん、売却益は再投資に使います。 スリーエム自体は安定した高配当銘柄であり、財務状況も安定しています。 決してスリーエムが「だめ」というわけではなく、私の投資スタイルがスリーエムを購入した時期と変化しているからです。

 

最後に、限られた資金のなかで資金を増やそうとするといろいろなことを考えます。 毎日の市場の変化に取り残されないようについていくことが「楽しい」です。

 

これからも順調に資産形成をして、目標の金融資産1000万円を早く達成したいと思います。

 

 

 

  関連記事はこちらから:私の情報源の紹介

 

  関連記事はこちらから

 

 

 

  関連記事:お金に関する記録
●この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。投資の参考にしてみてください。 ●こっち記事は、毎月の収支を家計簿として記録しています。給料から支出も公開しています。特に社会人の人は参考にしてみてください。

 

 

 

参加お題
この記事が参加しているお題(クリックで下に表示します)