ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株投資】半導体装置のアプライドマテリアルズから配当金が入金されました【AMAT】

おすすめ記事

今回は配当金入金の報告と、その銘柄の考察についてまとめていきます。

 

f:id:umihiroya:20210627223558p:plain

 

今回、配当があった銘柄は「アプライドマテリアルズ【AMAT】」です。

使用しているSBI証券の明細には6月18日付けでの入金が確認をとれました。

 

【投資は自己責任】投資に対しての注意事項
投資に対しての注意事項…(クリックで下に詳細を表示します) この記事は私が投資している銘柄を中心に主要指数・セクター別の動きなどをまとめていきます。主に私が投資しているのはハイテクグロース株でありFANG+銘柄とNASDAQ100になります。
レバレッジ型の投資やハイテクグロース株には元本を大きく損なうリスクも有るためご注意ください。投資に対してはリスクを許容した上で投資してください。本記事・ブログにおいての個別銘柄・投資信託・ETFなどについては売買を推奨するものではありませんので予めご理解の上、お読みください。本ブログに掲載された銘柄において損失を被った場合においても責任は一切負いません。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

目次:

 

アプライドマテリアルズは、世界最大手の半導体の装置を製造するメーカーになります。

半導体メーカーが基本的にお客さんの会社です。

 

 

  AMAT】銘柄の概要
この銘柄の紹介:…(クリックで下に詳細を表示します)■■*1

 

  最新の株価・銘柄の紹介、財務・銘柄のニュース記事

 

アプライドマテリアルズの配当について

好決算のため、配当は増額

アプライドマテリアルズの決算は非常に好調で、1株あたり0.22ドルから0.24ドルへの増額を発表しています。

 

発表によれば、CEOのゲイリー・ディッカーソンは「お客さまの重要な技術の転換を加速するお役に立てることが、アプライド マテリアルズの成長機会となることを喜ばしく思います。配当金増額は、当社の良好な財務状況を反映するもので、これによってイノベーションを加速し、株主の皆さまに魅力的なキャッシュ還元を提供します」と述べています。

*2

アプライドマテリアルズの配当推移

アプライドマテリアルズの配当推移

アプライドマテリアルズの配当推移

 

AMAT配当    
配当日 配当($) 利回り(%)
2021/05/26 0.24 0.71
2021/02/24 0.22 0.78
2020/11/18 0.22 1.03
2020/08/19 0.22 1.40
2020/05/20 0.22 1.47
2020/02/18 0.21 1.60
2019/11/20 0.21 1.50
2019/08/21 0.21 1.70
2019/05/22 0.21 2.11
2019/02/20 0.20 2.10
2018/11/21 0.20 2.26
2018/08/22 0.20 1.84
2018/05/23 0.20 1.51
2018/02/20 0.20 1.46
2017/11/22 0.10 0.79
2017/08/22 0.10 0.90

 

 *3

アプライドマテリアルズの決算状況

5月20日に発表している決算の状況をおさらいしておきます。

 

  決算
決算を見る(クリックで下に詳細を表示します)

EPS:◎

  • 発表:$1.63
  • 予想:$1.51
  • YoY:45.40%
  • QoQ:14.72%

■売上高:◎

  • 発表:$5.58B
  • 予想:$5.41B
  • YoY:29.03%
  • QoQ:7.53%

アプライドマテリアルズ【AMAT】決算2021年5月20日

アプライドマテリアルズ【AMAT】決算2021年5月20日

 

 

順調に売上も、EPSも上がってるね

これは安定していますわ

配当の使い道

今回の配当金は再投資ではなく別の銘柄の購入資金などにあてる予定です。

 

といっても、がっつり保有しているわけではないので、雀の涙程度しかありませんので使いみちといってもたかがしてれています。

配当目当てではなく成長目当て

もともと、私がアプライドマテリアルズの株を購入した目的は3つあって一つは、今後の「半導体業界」の成長が見込まれるからであるという理由です。

2つ目の理由としては、半導体不足のため半導体装置を購入する(設備投資)する半導体メーカーが短期的にも増えると予想しているからです。

 

そして、最後の理由として半導体を製造するためにはかならず「アプライドマテリアルズ」の装置が必要となるためです。

 

よって、中長期的にみても、短期的に見ても大きく株価を伸ばしていくと予想しているからです。

 

現在執筆時現在は、アプライドマテリアルズの株価は順調に推移しており20%程度の含み益が出ている状態です。

もっと多く投資してればよかったなぁ

そんなん言ったらキリがないわよ

半導体銘柄を売却しSOXLに移行するか思案中

とはいえ、最近はレバレッジの半導体指数に連動したETF【SOXL】を少しずつ買い増ししているので半導体関連の個別株を売却していこうかと考えています。

レバレッジ商品に関してはリスクも考えながら投資してね。

とはいえ、足元では半導体株は軟調で年末年始の勢いが最近は見られません。

 

半導体不足の影響や今後の需要を考えれば自ずと株価は上がってくると思うので心配はしていませんがどこまでヨコヨコに対して我慢できるか握力が試されています。

現在保有している半導体関連銘柄

また、アプライドマテリアルズと同様に半導体装置の銘柄としては、KLAカーテンコール【KLAC】や、ラムリサーチ【LRCX】の株も保有しています。

 

更に半導体銘柄としては、台湾セミコンダクター【TSM】も持っています。

 

さらに、レバレッジNASDAQ100には多くの半導体・半導体装置の銘柄が組み込まれさらにFANG+にはエヌビディアも組み込まれています。

 

私のポートフォリオに影響する半導体の動向は非常に重要となっていますが、その分非常に期待しているということです。

まさにポートフォリオの核となるセクターだよね

半導体銘柄は今後も要チェック

今後も、アプライドマテリアルズだけではなく、半導体関連銘柄には注視していきたいと思っています。

 

また、半導体関連銘柄については、米国株のデイリー記事にて毎日チェックしているので半導体に投資している人はよかったら毎日チェックしてみてください。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

 

  関連記事:ポートフォリオに関する記事
この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。

 

*1:ヤフーファイナンスより

*2:アプライド マテリアルズ 現金配当の増額を発表|アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社のプレスリリース

*3:investing.comより参照