ウミノマトリクス:世界を勝手に4分割

世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。4年のニート生活に終止符を打ち、社会人の端くれとして野に放たれた1人の物語と思惑 @uminoxhiro

社畜の私が株式投資で「配当金」にこだわる理由

日産自動車の株を先日100株購入した。購入した理由についてはその記事を見てほしいが、私はあるポイントで株式の購入を決めている。

それは「配当金」だ。

今回はその配当金について解説と同時に配当金の魅力についても解説していきたい。

先に行っておくが、株の売買については自己責任だぞ。

配当金とは

配当金とは株式を購入している株主に対して支払われるお金である。企業が業績に応じて1株あたり●●円の配当金を出しますといったものだ。

f:id:umihiroya:20170820202825p:plain

1株10円の配当金が支払われる株を100株もっていれば、配当金は1000円となる。

もっている株の数が多ければ、その分配当金は増える。

 

配当金は持っている株数に応じて支払われるため、1株10円の配当金が支払われる株を1,000,000株持っていれば、10,000,000円の配当金がもらえることになる。

大体、日本株の配当金の年間利回りは平均は2.2%と言われているが、銀行にお金を預けているよりだいぶマシな数字だろう。

Money

利回り

利回りについてはこのように計算する。

【企業ア】

株価1株1000円

配当金20円

配当利回り 配当金20円/株価1000円 2%

 

【企業イ】

株価1株2000円

配当金20円

配当利回り 配当金20円/株価2000円 1%

 

実際は株価は常に変動しているため利回りについてもそれによって変動する。

銀行に預金するよりは遥かに高利率というのがわかるだろうか。

仮に銀行の利率が0.1%だとしても、その10倍の利率を株式配当では教授することができる。銀行はまさに低金利だし、お金を遊ばせているのであれば配当狙いで株式に手を出すのもありだと思う。

銀行の利率が0.1%ってのもありえないんだけどね。そのへんは自分で計算して下さいね!

Piggy Bank

株式にはリスクがつきもの

もちろん、株式にはリスクがある。常に変動する株価。所持している株が買値の半分になることだってあるし、企業が倒産、あるいは業績不振になって株式が紙くず同然になってしまうこともある。

毎日、帝国データバンクには数え切れないほどの倒産情報が掲載されいるし実際会社はどんどん潰れている。

しかしながら、あなたが預金している銀行だって銀行自体が潰れる可能性もある。(救済措置もある)

なんに対してもリスクというものがつきものだというのを認識して置かなければならない。


社畜の私が配当金目当てで株式を買う理由

リスクを覚悟で私は配当金目当てで株式をこれからも買い続けるだろう。大きな理由としては3つある

労働収入ではない収入になる

社畜というのは、労働の対価としてお金を給料としてもらっている。仮に1ヶ月働いたら1ヶ月の給料がもらえるのだ。つまり、時間をお金に変えているという考え方だ。

一方で、配当金などは時間=お金と言うものではない。権利的な収入として時間にとらわれずお金が入金されるのだ。

私が一番魅力として思っているのはこの点だ。

常に株価の動向をチェックする必要はない

配当金や優待目当ての人は株価の動向を常にチェックする必要はあまりない。もちろん、潰れそうだったり、業績があまりにもヤバい場合は別だ。

長期的に保持するということはあまり、株価の動向をチェックすることもなく、1日にチラっとスマホでチェックする程度でもいい。

短期的なトレードをする場合は株価の情報を常に入れて、画面に張り付いていないといけない。

Multi-Monitor Unity Demo

常に値動きに左右される人生なんか嫌だと思う私にとって配当金のほうが非常に都合がいい。特に社畜をしている人にとっては短期的な投資、デイトレードみたいな投資方法は向いていないだろう。

カッコイイだろ

そして最後の理由がカッコイイ。大企業の多くは配当金を出している。中には先日私が購入した日産自動車のように高配当の企業もある。大企業の株主ということは自分の中でモチベーションがあがる。だってかっこいいじゃん?

 

Nissan

以上が、私が配当金目当てで株式を買い続けている理由である。なるべく給料から貯金を作って株購入資金に当てるようにしているが、配当金が入金され配当金で株がかえるようになれば、そのサイクルは早まり、働かずともお金が入ってくる仕組みが出来上がるだろう。(何年先だろうか…)

高配当の株式を探す方法

やっぱりYahoo!ファイナンスがナンバーワン

正直私はアナリストではないため、おすすめの株なんかわかるわけ無いだろ。

しかしながら私が参考にしているサイトを教えよう。

言わずと知れた、Yahoo!ファイナンスだ。

株式情報がしっかりと掲載しているし、口コミなんかもたまに見る。実際はアテにはしていないが、ほしいなと思った株の情報をチェックするにはもってこい。

さらに、このYahoo!ファイナンスで重宝しているのが、このページだ。

Yahoo!ファイナンスのなかにあるのだが、株主優待情報というページがある。ここに株主優待情報はもちろん、配当金の利率なんかもランキング形式で掲載されている。

私はこの情報をもとに高配当の株式をチェックしている。

専門情報や専門知識が必要なサイトはいくらでもあるだろうが、Yahoo!ファイナンスは比較的情報が整理されてわかりやすい印象を持っている。

夢の配当生活に向けて

私が金融商品に手を出し始めたのは大学生の頃だ。当時、ITバブルだのヒルズ族だのがもてはやされて来ており、だれもが一発逆転し夢のセレブ生活に憧れたものだ。しかしんがら大学生の頃に、リーマンショックを経験しFXなどに手を出していた友人は軒並み大打撃を受けた。(私は就職活動で大打撃を受けた)

株式投資にビビることもなく、初めて購入したのはFX投資だった。もちろんうまくいくはずもなく、投資金額の大半を失うことになった。

社会人になり、確実な投資方法として配当金に手を出し始めた。配当金には配当金の確実性がある。FXのように画面に張り付かず、値動きに一喜一憂することもない。(スリルはない)。

配当金が月に5万円でもアレば現在の生活は大きく変化するし、それが20万円になればだいぶ変わってくるだろう。(もちろん、元手をつくるのに時間がかかる。)

確実な権利収入として私は配当金に可能性を感じている。

社畜脱出のための足がかりとして夢の配当金生活を目指して行きたい