ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【マネックス証券】マネックス証券のあれこれ|投資初心者の人にもわかりやすく

おすすめ記事
  • 最終更新日時:

 

f:id:umihiroya:20211106030155p:plain

マネックス証券

 

この記事では「マネックス証券」の情報について解説していきます。

まだマネックス証券の口座開設をしていないひとは早めに開設しましょう。

解説自体は無料ですし、開設には郵送物などもありますので時間が割とかかってしまいます。

 

ちなみに、私もマネックス証券で口座を開設しており、iDeCo(個人年金)はマネックス証券で運用しています。

 

マネックス証券で抑えるポイントは2つです。

  1. マニアックな銘柄や時間外取引を行うならマネックス証券
  2. NASDAQ100インデクス投資を「iDeCo」で行うならマネックス証券

つまりマネックス証券は、割と上級者にとっては非常に使いやすい証券会社となります。

 

銘柄数が多い

比較的大手ネット証券会社より銘柄数が多いです。

とはいえ、そこまでSBI証券と大差はありませんが少しだけ多いという感じです。

 

時間外取引ができる

一番の特徴とも言える、「時間外取引」が可能なのもマネックス証券です。

アメリカ株式市場は、市場が開く前(プレマーケット)、閉まったあと(アフターマーケット)にも取引ができます。

時間外取引で大きく値動きが変動することもありますし、時間外取引が通常時間にも影響することがあります。

よって、かなり情報通な人やトレンドに敏感な人、決算前にトレードしたい人など時間外取引ができる証券会社じゃないと厳しいという人にはおすすめです。

とはいえ、初心者は別にマネックス証券じゃなくても充分大丈夫です。

 

 

iDeCoでNASDAQ100インデクス投資が唯一できる

私はこの理由でマネックス証券を開設しています。

マネックス証券では多くのiDeCo商品があります。

iDeCoは「個人年金」というもので老後のために個人で年金を積み立てるもので非課税と、年金控除が使えてサラリーマンにとっては非常に助かる制度です。

 

iDeCoは多くの投資信託などから商品を選択するのですが、ネット証券会社はたくさんの商品を提供していますが、中でもマネックス証券が一番充実していると思います。

 

NASDAQ100に投資先があるのはマネックス証券のみです。

 

 

  iDeCo実践記事

 

 

 

 

証券会社の選び方や他のおすすめのネット証券会社についても解説しています。

 

  関連記事はこちらから