ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【TSM】半導体銘柄の「台湾セミコンダクター」株を購入【海外株式投資】

おすすめ記事

先日、半導体の受託会社である「台湾セミコンダクターマニュファクチャリング」の株を少量購入しました。 (以下:台湾セミコンダクター【TSM】)

  • 英語表記:Taiwan Semiconductor Manufacturing

台湾セミコンダクターは、台湾証券取引所に上場していますが、アメリカのニューヨーク証券取引所にもADR銘柄として上場しているので米国株としても購入ができます。

 

f:id:umihiroya:20200802025710j:plain

時価総額はトヨタを凌ぐ

1987年に台湾で創業した「台湾セミコンダクター」ですが、時価総額は274億ドルで、日本のトヨタ自動車(177億ドル)より上です。

 

 

 

世界の時価総額ランキングでも20位にランクインするほど巨大な企業です。

最新のランキングでは43兆円で10位です。

 

 

台湾企業で、時価総額ランキングのトップ50位の中に入る企業になります。 日本も唯一トヨタのみがランクインしています。

日本の企業は世界ではまったく通用しなくなってきたのね

トヨタのみだからね、衰退国だね

台湾セミコンダクターのチャート

 

 

台湾セミコンダクターのビジネスモデル

f:id:umihiroya:20200802030414j:plain

台湾セミコンダクターのビジネスモデルは半導体の受注生産になります。

 

主な顧客は、Apple【AAPL】やクアルコム【QCOM】、AMD【AMD】、NVIDIA【NVDA】、ファーウェイなどになります。

 

先日、ファーウェイの締め付けによって、ファーウェイの半導体を作らなくなるという情報が錯綜されたものの、その空いた生産ラインに「うちの製品をつくってくれ」と引き合いが後をたたない状況だそうです。

 

台湾セミコンダクターの売上の15%~20%はファーウェイからの売上だったため、5月に株価は一気に急落しましたが、現在では息を吹き返しています。

 

f:id:umihiroya:20200802025909p:plain

 

アメリカのアリゾナでで新工場

アメリカの方針のため大きな顧客を失った台湾セミコンダクターですが、アメリカのアリゾナ州で新しい工場を作ることも決定しています。

(約1兆2900億円の工場)

 

アメリカからの補助金もらい、アメリカでの生産で精密機械を作るということです。 *1

 

1600人の雇用と、月産2万枚のウェーハーの生産能力が期待され2024年の稼働開始を予定しています。 *2

 

中国企業よりも米国企業を選択した結果だね

アメリカ国内で製造していたほうが安全保障の観点からも安心だからね

台湾セミコンダクターは米国の最新鋭ステルス戦闘機「F35」などに搭載される軍用半導体を製造もしています。 ますますもって、アメリカとしては中国(特にファーウェイ)に向けた半導体を作ってほしくないという思惑があります。

インテルに陰りが見えて光を浴びるTSM

f:id:umihiroya:20200802030537p:plain




日本でも馴染みのある「intel」ですが、最近のインテルには陰りが見えています。

 

インテルは、自社で半導体を設計、製造しているのですが、その技術が半年から数年遅れているということが明らかになっています。

 

現在インテル側としては、インテルのチップに欠陥が見つかり、修正を行っているが根本的な解決策が見いだせていない状況になっています。

 

f:id:umihiroya:20200802030455j:plain

 

 

現在、インテルの売上が下がっているわけではありませんが、今後インテルがTSMに半導体の製造を委託するのではないかという憶測もあり、インテルの株価は大暴落し、台湾セミコンダクターに資金が移動しています。

 

 

 

 

世界の最重要企業「台湾セミコンダクター」

現在最も世界で重要な企業のひとつに数えられる「台湾セミコンダクター」です。 世界の名だたる企業からの注文とその心臓部分を握っており、今後の成長も期待ができます。

5Gに向けても追い風

f:id:umihiroya:20200802030334j:plain

今後は、すべての「モノ」がインターネットにつながるという時代がやってきます。

 

(IoT) そういった中で、半導体は必要不可欠な部品です。

さらに、国や大手企業はすでに5Gに対しても設備投資を行っています。 ハイエンドのパソコン、スマートフォンには必要不可欠になります。 *3

まとめ

今後も目が離せない、「台湾セミコンダクター」ですが、私は中長期的な視点でこの銘柄を保有し余裕があるときには買い増しを行っていきたいと思っています。

 

わかりやすく、「優良株」であり、「成長株」であるということは疑いようがないです。 さらに、顧客の多くは世界の名だたる企業であると言うこと、さらには5G関連でもキープレイヤーであるということです。

 

米中貿易摩擦によって、振り回されていることは事実ですが旗色を明確にすることによって「アメリカ」からの投資も今後は増えていくことが見込まれます。

 

 

 

 

  関連記事はこちらから

 

  関連記事はこちらから

 

 

 

  関連記事:お金に関する記録
●この記事は、月々の金融商品の記録を行っています。投資の参考にしてみてください。 ●こっち記事は、毎月の収支を家計簿として記録しています。給料から支出も公開しています。特に社会人の人は参考にしてみてください。

 

 

 

参加お題
この記事が参加しているお題(クリックで下に表示します)
 

*1:台湾TSMC、アリゾナ州工場建設で米政府の補助金確保-用地も選定 - Bloomberg

*2:米国政府の支援でTSMCがアリゾナに約1.3兆円規模の先進的半導体工場を建設 | TechCrunch Japan

*3:TSMC、5G好調で設備投資150億米ドルに引き上げ - EE Times Japan