ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。ダイエットサラリーマンのライフログ、転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【米国株】ファイザー(Pfizer)株を買いました【NYSE: PFE】

おすすめ記事
最終更新日時:

この記事は次のような方にオススメの記事です。

いい高配当の株ないかな?

国内だけではなく、米国株の情報なんかも知りたいな。

わんわん(それって美味しいの?)

 こんな人におすすめの記事です  
  • 現在、中長期的に投資を考えている人にはおすすめです。
  • 米国株で良い株ないかな?
  • 高配当株を探している人。

アラサー、都内在住ダイエットサラリーマンの海野浩康(  @uminoxhiro)が上記の読者様に向けて執筆しました。

アシスタントの空知瑞夏(  @sorachimizuka)よ!こんな人はこの記事読んだほうがいいかもね!

わんわん(飼われてる犬だよ、よかったらこの記事を読んでいってね

 

 この記事で得ることのできる情報   ●米国株「ファイザー」についてだいたいのことを知ることができます。

あとでゆっくり読みたい人は、ブックマークがおすすめよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  この記事の目次

筆者紹介
【筆者情報(  @uminoxhiro)】1日20000歩を継続中体重が74.8kgになり周りに太ってるだのデブだの言われ続けた結果、ウォーキングを中心としたダイエットを開始後3ヶ月体重を63kgに。
マイナス11kgのダイエットに成功。調子に乗って2020年に「サプリメント管理士」を取得。現在では食生活にも力をいれてダイエットを継続中しています。
運動の目標のウォーキング20,000歩を毎日継続しながらその様子を記録しています。毎日の歩数、運動記録、サウナ活動(2019年にサウナ・スパ健康アドバイザーを取得)、食事記録などをまとめた情報を毎日ブログで公開、更新中。
ダイエット(ウォーキング×サウナ)+レコーディングダイエット(PFCバランス×食事)=ブログをブログのテーマの中心とおいています。
詳しいプロフィールはこちらから。

 

  チェックポイント
投資は自己責任。自己責任だからこそ、用意周到にしっかりと情報を集めることが大切です。

ファイザー株を購入しました

コロナショックで世界の金融市場が大荒れの中、資産1,000万円を目指すべく私は投資のスピードをゆるめるわけにはいかず、米国株にまで手を出すようになってしまいました。

4月中頃アメリカの巨大製薬会社である「ファイザー」の株を2つ購入しました。

たった2株かよw

まずは、少しずつだよいきなりドカ買いはしないようにしているし

ファイザーとは

f:id:umihiroya:20200422230927p:plain

ファイザーはアメリカの製薬会社です。

世界での製薬会社の売上No1企業です。*1 世界で始めてペニシリンの量産化に成功した企業です。

1944年のノルマンディー上陸作戦の際、連合国が携帯していたペニシリンの9割がファイザー社が生産したものだったといわれています。

また日本法人もあり、新宿南口から甲州街道を下ると見えてくるビルに自社ビルがあります。

日本法人は100%アメリカファイザー出資の会社になります。

ファイザーの歴史

ファイザー グローバルサイト

ファイザー グローバルサイト

ファイザーの歴史はアメリカの中でも古く、南北戦争時代にさかのぼります。

南北戦争時代の医薬品をファイザーが製造したと言われています。*2

1990年代から積極的な大型買収を繰り返し、高脂血症薬リピトール、抗うつ薬ゾロフト、勃起不全薬バイアグラ、抗炎症剤セレブレックスなどの商品を抱える巨大企業に成長しています。

2003年アメリカのファルマシア社を買収し、世界最大の製薬会社となりました。

有力な新薬を会社ごと買収して収益を上げる手法は「ファイザーモデル」とも呼ばれ、1990年代から進んだ製薬業界再編の旗頭となっています。

買収&買収で巨大企業はさらに巨大企業になっていくのね

バイ●グラもファイザーが開発したんだね

ただ、バイ●グラ以来ファイザー本社が開発した薬がないのも事実だね

稼ぎ頭であるリピトールが2011年に特許が切れています。

後発医薬品の登場によりブロックバスターが無くなり、経営体制の見直しを余儀なくされているのが現状です。

これにより、日本法人を含めて世界規模でのリストラが進められています。

2018年の地域別売上高では、米国が47%、日本が8%、中国が8%、その他が37%。

経営的に結構やばい感じなのかもしれないね

新しい新薬が是が非でもほしい状況がここ数年つづいてるわね。そこでこの新型コロナウイルスだから、なんだかきな臭いわね

会社の歴史や概要も重要だけど、実際株式としての評価はどうなの?

ファイザー株

ファイザー(ヤフーファイナンス)

ファイザー(ヤフーファイナンス)

ファイザーはニューヨーク証券取引所(NYSE:PFE))とロンドン証券取引所(PFZ)に上場している株になります。日本では上場していません。

ファイザー株の特徴

ファイザーはダウ工業株の30社のの構成銘柄でもあります。

アメリカを代表する企業だね、日本で言うCore30みたいなものだね

アメリカというより世界を代表する企業だね

  ダウとは
ダウは日本で言う日経平均株価のようなもので、「ニューヨーク・ダウ」、「ニューヨーク平均株価」ともいわれます。ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「ダウ公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」があります。

 

ファイザー株の特徴としては、増配を続けており、株主には配当で還元し続けているということです。 詳しい数字などは私のブログなどではなくもっと専門的にやっているブログを見たほうが良いかもしれません。私は雰囲気で買ってるので。

雰囲気で買うな

ファイザー株の配当・権利日

  • 2020年01月30日 0.38  2020年03月06日 4.12%
  • 2019年11月07日 0.36  2019年12月02日 3.74%
  • 2019年08月01日 0.36  2019年09月03日 3.92%
  • 2019年05月09日 0.36  2019年06月07日 3.35%
  • 2019年01月31日 0.36  2019年03月01日 3.65%
  • 2018年11月08日 0.34  2018年12月03日 3.08%
  • 2018年08月02日 0.34  2018年09月04日 3.11%
  • 2018年05月10日 0.34  2018年06月01日 3.74%
  • 2018年02月01日 0.34  2018年03月01日 3.67%
  • 2017年11月09日 0.32  2017年12月01日 3.51%
  • 2017年08月02日 0.32  2017年09月01日 3.60%
  • 2017年05月10日 0.32  2017年06月01日 3.81%

 

ファイザーは四半期に一回配当が配られるのね

日本企業は少ないけど、アメリカ企業は割と四半期ごとの配当が多いね

チャリンチャリン入ってくるのは嬉しいわね

 
配当とは?
株式における配当とは株を発行している会社が株主に対して利益を還元することです。所持株数に応じてお金を振り込みます。配当を行っている株は株式の変動が比較的少ないとされています。

 

ファイザー株が長期的目線ならおすすめな3つの理由

世界市場が現在大荒れの中、今後は体力のある会社がまず生き残っていくということが前提になります。

製薬業界のボスであるファイザーはこれからもトップではないかもしれませんが生き残っていくことは間違いないと思います。

次の理由として、市場がこれからも伸び続けるということ、会社の規模がありそして世界的にみても、新興国を含め先進国でもまだまだ医療費というのはあげっていきますし上がり続けていきます。

ファイザー株というのは、そうった成長が見込める市場にあって存在感をして示しているということになります。

最後の理由として、やはり高配当というのがあります。

アメリカ、世界の投資家は非常にシビアです。

よって連続で増配しているというのは株主に対しての還元するという姿勢があるということです。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が苦境に立たされている中、製薬業界は新薬の開発にやっ気になっています。

いうなれば日本企業が旗振り役となって新型コロナウイルスの特効薬をつくって世界に販売してほしいですが、こういった世界規模な動きの中では日本企業が旗振り役となるイメージが残念ながらわきませんでした。

投資家の端くれとして、ファイザーに期待していきたいです

日本の製薬会社にも期待はしてるんだけどね

インカムゲイン(income gain)とは、資産を保有することによって得られる利益のことです。 インカム(income)は定期的に入る収入、所得という意味です。 保有するだけで、定期的、不定期的な収入が期待できます。株式の配当などもインカムゲインにあたります。

 

  関連記事はこちらから

 

 

  参加お題

*1:2013年売上

*2:ファイザー公式ホームページ:ファイザーの歴史より