ウミノマトリクス

サラリーマンのブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していきます。【米国株投資】【健康-ダイエット-ウォーキング】【御朱印】|転職5回からホワイト企業への転職ノウハウ、サプリメント管理士としての健康ハック、米国株投資・仮想通貨への投資など幅広い雑記ブログ @uminoxhiro

【最新2022年5月】ウォーレン・バフェット保有銘柄【バークシャー・ハサウェイ】

おすすめ記事

投資の神様と言われている著名投資家のウォーレン・バフェット氏の保有銘柄をこの記事では紹介していきます。

 

ウォーレン・バフェット保有銘柄【バークシャー・ハサウェイ】

ウォーレン・バフェット保有銘柄【バークシャー・ハサウェイ】

 

ウォーレン・バフェットは世界的な著名投資家のなかでも最も有名な投資家として世界中の投資家に影響を与える人物になります。

そのバフェットの保有銘柄や売買などを知っておくことでバフェットがどのような考え方や、そしてどのような銘柄やセクターに注目しているのか、わかるかもしれません。

投資を学ぶ上で世界でももっとも成功している投資家の銘柄を知っておくことは決して損ではないのでぜひとも一緒に勉強していきましょう。

 

 

f:id:umihiroya:20211116144436p:plain

 
【この記事の著者】

 【この記事の著者】

【筆者情報( )】@サラリーマン投資家ブロガー(クリックで下に表示します) アラサーで日経平均株価構成銘柄の企業に勤めるサラリーマンブロガーです。
5回の転職を経て現在のホワイト企業に入社。(以前はブラック企業に勤めていました)
米国株を中心に投資を行い運用の大切さ市場の動きやお金の大切さ伝えています。
投資の成績毎日公開ポートフォリオ毎月公開中米国株市場の様子のまとめ記事毎日公開しています。
趣味は野球観戦とサウナ。ダイエット記録とサウナ活動も毎日公開しています。ダイエットではウォーキング毎日20,000歩を目標に850日以上継続中。74.8kgから59kgの減量に成功。ライフログの様子も毎日公開中。
詳しいプロフィールはこちらから。

  

 

バフェット銘柄の注意事項

 

ウォーレン・バフェットは投資界隈では世界的にも非常に影響力と資金力を持っており、バフェットに投資をされた銘柄が暴騰することや、逆にバフェットが売却した銘柄が大幅な下落をすることもあります。

 

バフェットの保有銘柄に関しては、4半期ごとの報告書によって公開されてるよ

いわゆるバフェット銘柄ってやつだね

バフェットが投資をしたからと言って必ずしも上がって行くというわけではありませんし、イナゴのように食いついて高値づかみする可能性もあります。

過去に、金鉱株や航空株などを短期的に売買していたこともありました。

 

 

バフェットはバリュー投資家

基本的にはバフェットの投資戦略は「長期保有」というスタンスと言われているため短期的な利益を求めておらず中長期的な利益を追求しています。

 

なお、グロース株には基本的には投資をせずに、価値があり、市場に評価されず割安感を感じる銘柄に投資する「バリュー投資」と言われています。

 

ウォーレン・バフェット氏が運営している資産運用、投資会社の「バークシャー・ハサウェイ」の株価はこのような推移になっています。

バークシャー・ハサウェイのチャート

 

 

ウォーレン・バフェットの保有銘柄【2022年5月】

アップル AAPL 42.79
バンク・オブ・アメリカ BAC 11.45
アメリカン・エキスプレス AXP 7.8
シェブロン CVX 7.13
コカ・コーラ KO 6.82
クラフト・ハインツ KHC 3.53
ムーディーズ MCO 2.29
オキシデンタル・ペトロリアム OXY 2.13
USバンコープ USB 1.85
アクティビジョン・ブリザード ATVI 1.42
ダビーダ・ヘルスケア・パートナーズ DVA 1.12
HP HPQ 1.04
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン BK 0.99
リバティ・メディア LSXMB 0.95
クローガー KR 0.92
シティグループ C 0.81
ベリサイン VRSN 0.78
ゼネラルモーターズ GM 0.75
パラマウントグローバル PARA 0.72
チャーター・コミュニケーションズ CHTR 0.57
ビザ V 0.51
アマゾン・ドットコム AMZN 0.48
エーオン AON 0.39
マスターカード MA 0.39
スノーフレイク SNOW 0.39
セラニーズ CE 0.31
マッケソン MCK 0.25
ヌー・ホールディングス NU 0.23
RH RH 0.19
Tモバイル TMUS 0.19

 

 

特徴としてまとめると、

株主総会

株主総会はオマハで3年ぶりとなる対面形式で行われました。

 

世界中から多くの株主が集まり、バフェットとチャーリー・マンガーが登壇しました。

今回の総会にはJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、アクティビジョン・ブリザードのCEO、アップルのティム・クックCEOも出席しています。

 

バフェットが語った内容としては、FRBの政策に対しては批判はしていません。 ただ、現在の物価上昇はパンデミックによる大規模な景気刺激策が原因であると述べています。

 

ウォーレン・バフェット(左)とチャーリー・マンガー(右)

ウォーレン・バフェット(左)とチャーリー・マンガー(右)

 

チャーリー・マンガー氏はビットコインに対して発言しており、「投資しない場所」と明言しています。

ビットコインについてはバフェットも同様の姿勢を示しており、「ビットコインは何も生み出さない」と発言していました。

 

バークシャー・ハサウェイの売買

追加投資

 

売却など

 

保有株割合

一覧でも表示していますが、バークシャー・ハサウェイで保有している銘柄の保有割合を円グラフにしました。

 

【2022年5月発表】バークシャー・ハサウェイ上位30銘柄の比率

【2022年5月発表】バークシャー・ハサウェイ上位30銘柄の比率

 

こうしてみるとやはり、アップルの割合が非常に大きく、バークシャー・ハサウェイの興隆をアップルが支えていると言っても過言ではないです。

 

【バフェット関連銘柄】 週間&年間 騰落率マトリクス

 

保有割合が円の大きさになります。

横の軸が年間の軸になり、縦軸が1週間になります。

短期的、中期的に調子のいい銘柄は右上になり、短期、中期的に調子が上がらない銘柄は左下に行くようになっています。

(グーグルスプレッドシートよりグーグルファイナンスを読み込んでいるため更新状況からうまく表示されないこともありますのでご注意ください)

 

まとめ

f:id:umihiroya:20211114111220p:plain

 

世界的な著名投資家であり多大な影響をもたらすウォーレンバフェットの保有銘柄を勉強するだけでも非常に勉強になることが多いと思います。

自分との違いやバフェットが「考えてそうなこと」を考えるだけでも勉強になるのではないでしょうか。

高年齢となり投資手腕などを疑う声もありますが、まだまだその影響力は多大です。

批判されようが、影響力があることは間違いありません、バフェットから学ぶことは多いはずですのでこれからも一緒に勉強してけたらと持っています。

 

 

 

  意見を聞かせてください!
コメントでであなたの意見を教えて下さい!

ブコメはここからできるわ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  twitterで毎日投資成績をつぶやいています!
twitterでも毎日の投資成績と指標の差などをつぶやいています。

 

  複利とは?

 

 

  インデックス投資とは?

 

 

  iDeCo実践記事

 

  関連記事はこちらから

 

  社畜の金融資産ポートフォリオ

 

 

 

  投資関連書籍ランキング【投資初心者おすすめ本】

 

 

 

  関連記事:投資へのパフォーマンス向上のライフハック系記事

 

参加お題

 

にほんブログ村 株ブログへ