パワーサラリーマン@ウミノマトリクス

パワーサラリーマンブログ:世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。パワーサラリーマンの物語と思惑 @uminoxhiro

NHKから国民を守る党が当選した3つの理由

f:id:umihiroya:20180203224802p:plain

仮想通貨ランキング

NHKをぶっ壊す」と連呼しNHKの放送をスクルランブル化するという公約のもとNHKから国民を守る党が見事に議席を獲得しました。

私はこの流れは大きなうねりになりNHKだけではなく各方面に飛び火し様々な既得権益をぶっ潰すのではないかと考えています。 NHKから国民を守る党が当選した理由としては大きく3つあると思っております。

f:id:umihiroya:20190801221251p:plain

NHKから国民を守る党 政見放送より

NHKから国民を守る党が当選した3つの理由

シンプルかつ明快な公約と党名

1つはシンプルかつ明快な公約と党名。党名からも推察できるように明確な公約を打ち出し、一点突破で多くの関心をひきつけ「やってくれそう」感を演出することに成功した。

似たような党名で関心を引きつけるとすると、幸福実現党は宗教感が強いですし幸福とはなんなのかは人によって定義が違います。似ているとコンセプトとしては「安楽死制度を考える会」という党名はシンプルではありますが「考える」というのは具現性に欠けます。考えるではなく「安楽死」を導入(廃止)する意思を党名に組み込めば得票数は上がったかも知れません。

自民党に投票しても必ず制度ができるわけではありませんが、NHKから国民を守る党に投票すればNHKをぶっ壊す政策を確実に議論に持っていくという気概が見えていたのです。

圧倒的な口コミのしやすさ

NHKから国民を守る党が当選した2つ目の理由としては「口コミ」です。SNSで連鎖的に口コミが広がる昨今において「特徴的かつ明快なコンセプト」は非常に伝播性があります。ただし、ネットに置いての口コミが直接得票数に繋がるわけではないことは「れいわ新選組」を見ればわかります。

れいわ新選組ツイッターを中心にSNSでは爆発的な人気を感じさせていましたが思いの外得票率は伸びていません。一方でNHKから国民を守る党SNSでもリアルの口コミでも伝播性があったのです。ネタとして人にリアルでも伝えやすいです。NHKというのは誰しもがしっており生活にテレビが関わっていれば少なからず影響があります。宗教色もありませんし、逆に言えば「政治」色も強くないというのは口コミで非常に広がりやすかったのではないでしょうか。

f:id:umihiroya:20190801221419p:plain

口コミのちからは絶大

そのデータの裏付けとしては、NHKから国民を守る党政見放送のYotubeの再生回数です。政見放送というのはNHKが各党、各立候補者に平等に割り当てられた放送です。その政見放送の内容が非常にインパクトに成ったわけです。NHKから国民を守る党NHKが放送しているという時点でネタなのに政見放送内でNHKをぶっ壊すと連呼しているのです。これだけ愉快で面白いことは選挙活動中にはないのではないでしょうか。 実際にその模様がYoutubeを始め様々な箇所アップロードされており、その再生数が500万再生を越えたという報道もあります。

比較として自民党の選挙PR動画再生数より2倍あったのではないかと考えられています。

既得権益層に対する不満

最後の理由としては、NHKだけではなく既得権益に疑問を持っている人が多いということです。日本には様々な既得権益が存在します。「おかしい」と思っていてもなかなか変わらないことが多いのです。

テレビで言えば、NHKそのもの存在を始め、視聴率の集計方法だったり、B-CASカードの存在意義など不可解な点は多い。その他にもパチンコ業界は三店方式で成り立っていたり、JASRACの不透明な権利主張、議員定数を削減すると言って一向に削減する気配がなかったり、先延ばし有耶無耶にして既得権益を守り続けている人たちが多くいるせいで不満が募っていったのです。

その反動としてその標的と成ったのがNHKだったってだけなのです。もちろんNHKにも言い分はあるかも知れませんが、言い逃れできない部分もたくさんあると思います。

そいういった不満分子を上記に上げた理由で、シンプルかつ明快なコンセプトの公約と爆発的な伝播によってNHKから国民を守る党の得票率を押上げたのです。

大きなうねりになるか期待したい

NHKから国民を守る党が得票率を伸ばし議席を獲得した理由は以上の3つの要因は重なり時流も相まって必然だったのかも知れません。今後NHKだけではなく既得権益をぶっ壊すムーブメントの走りになるかも知れないと私は非常に期待しています。