ウミノマトリクス:世界を勝手に4分割

世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。4年のニート生活に終止符を打ち、社会人の端くれとして野に放たれた1人の物語と思惑 @uminoxhiro

マッチングアプリで僕が「いいね」を押したくない女性の5つの特徴

マッチングアプリを活用してもうすぐ2ヶ月になる。2ヶ月を前にして私がどんな人に対して「いいね!」を押しているかを伝える前に、こいつだけには「いいね」を付けたくない!って人を簡単に説明していきたいと思う。

マッチングアプリというのは、簡単にいえば出会い系のアプリだ。婚活や恋活だのという目的で使われてるアプリを使っている。

※マッチングアプリの大まかの説明は前に書いたこちらの記事で確認してもらいたい。

おさらいにはなるが、マッチングアプリでの出会い方はこのような形になる。

f:id:umihiroya:20170816195859p:plain

これは前回使用した画像に多少の加工を加えたものだが、①の赤く囲った部分にフォーカスして話を進めていく。

マッチングアプリアプリは興味関心、好意を抱いた相手に対して「いいね」という意思表示をする必要があるのだが、この「いいね」というのは基本的には有料である。

そしてこの「いいね」を押さなければマッチングどころか、出会いなど発生しない。

つまり、「いいね」という意思表示はスタートラインなのだが、この「いいね」を押したくなる女性と、絶対押したくない女性がいる。

その境目を私なりの見方で説明していきたいと思う。

 

やはり、目に引くのはビジュアルだ

人は見かけで判断してはいけないと言うのはどこかしらの偉い人がいっているように、私も最も内見だと思うが、人は見かけが9割という人もいる。

こうしたアプリやネットの出会いで相手に自分の特徴を伝えるためには、「画像」が「テキスト」しかないのだ。その中で、文章に惹かれるというパターンも多いだろうがやはりビジュアルに惹かれるのが入り口だろう。

  1. ビジュアル
  2. テキスト

こういった順番になるのは致し方ないことだ。それしか判断材料がない。

では、とっても可愛い女性(の写真)があり、それにピンときたら中身(テキスト)に入るのだが、そこから「やっぱりこいつないわ」と思ってしまうのはどこからなのだろう。

前提としては、「写真」は80点以上(自分の中で)だということ。

 

趣味がやたら金がかかりそうな人

私が「ない」と思うってしまうのは、まず趣味がやたら金がかかりそうな人だ。

例えば、趣味がゴルフだったり、海外旅行、クルージング、ダイビングなどは顕著だろう。そういった人は金遣いがあらそうだし、付き合ってもこっちの財布が持たないと考えてしまう。

逆に映画だったり読書なんかが趣味だとお金がかからなさそうだし、それくらいなら付き合えると思う。

(単にお金持ちとマッチングしたいのであればそれもいいと思うが私のリストからは削除される)

体型がぽっちゃりと書いてある

体型がぽっちゃりは大抵は地雷だ。間違いない。

ぽっちゃりなどという可愛い言葉に騙されるやつはこのご時世もういないと信じたいが、ぽっちゃりは単純にデブだ。ややぽっちゃりというのは、デブだ。

もちろんデブ専の人も存在するが、ぽっちゃりというのは当てならないレベルだ。

自分も太ってきたから文句を言えたもんじゃないけどw

職業が自由業、役員、経営者

多くの場合がネットワークビジネスやマルチ商法の可能性がある。ましてや経営者や役員がこんなアプリを使うはずがないだろう。経営者であればリアルイベントで良いはずだし、効率もそっちのほうが断然良いに決まっている。

自由業っていうのはわかりやすく言えばフリーターである。自由であれば出会いはたくさんあるはずだし、アプリを使う必要がないだろう。

まともな人はいないと考えていい。

 

男に金を出させようとしてる女

これは速攻でアウトだ。結局は私の場合デート代は全額だしているのだが、はじめからそんな魂胆でいるような女は好きになれない。これまでどんだけちやほやされてきたのかわからないが、お金目的丸見えの女性は年齢関係なくアウト。

ましてや、30歳以上の女性でお金を出させようとしているのも多数みるが本当に痛いとおもってしまうので即刻変更したほうが良いだろう。

確かに経済力は大切だが、男側としても気持ちよくお金を払いたいものだ。

 

「いいね」をやたらもらっている人

中身(テキスト)も特に問題ないが「いいね」がやたら多いのは「ないね」だ

いいねというのは、1人につき1回あるということで、いいねがおおいというのはそれだけのライバルがいるということ。良いねをもらいすぎている人は、無駄に競争相手が多い中突っ込んでいくようなものだ。

よっぽど優位に立てる自信やスペックがあればいいが、よっぽどのない限り回避する。

勝てない戦をしても時間とお金の無駄である。

Like

どれくらいの「いいね」の数なら撤退するのかは、個人で決めるべきだろうが私の基準は100いいねいれば、いいねを押さないようにしている。100いいねでもライバルが100人いるので多いと思うが、ワンチャンあるのではないかと、ダメ元で押すが結局メッセージは続かないだろう。

 

K-POP、韓国、中国関連がやたら目立つ

理解できないのでNG。K-POP好きや韓国好きは自分の中ではNG。別に好きなのは構わないが、K-POP好きな人とは仲良く慣れる自信がない。自分は韓国嫌いなので(きっぱり)。

Girl's Day Comeback Picture 2017


 

ある程度はフィルターで引っかからないようにする

 持論を踏まえて私が「いいね」を押さないような人を紹介してきたが、ある程度は検索などでフィルターを書けることができる。しかしながら、フィルターから漏れてきた中でも、上記のような女性に当たるときはある。その時は無能検索システムに殺意を覚えるが「次」に切り替えよう。

結局は会ってみないとわからない

実際に出会った理系ガールのかなこさんなんて、結構お金中心に男性を選んでいるということだった。プロフィールにはそれらしいことは一言も記載がなかったが、話していくうちに見えてきた部分だ。

逆に言えば、外見は気にしません、内面重視です見ないな人でも、結局は外見だけで判断でしたいる人も多いため一概にプロフィールや写真だけで判断するのは難しい。

ただし、お互い時間とお金を費やしているため、なるべくはフィルターで「地雷」を回避し文章の奥底に隠された内面を読み取ることは非常に重要だと思う。

早くいい人に巡り会えるためにもしっかりと自分基準のフィルタリングは必要!