読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウミノマトリクス:世界を勝手に4分割

世界を勝手に4分割。独自の視点と方法で問題を解決していこう。4年のニート生活に終止符を打ち、社会人の端くれとして野に放たれた1人の物語と思惑 @uminoxhiro

面白い回答をできないのとTPOをわきまえる

面白い回答を求めている質問と、真面目な回答を求めている質問。

 

場面、状況で判断しろというが、

それがなかなか難しい。

 

Men talking

 

■TPOをわきまえて無難な回答

 

私がやってしまったのは、

面白くもなく、正解でもなく、

間違いでもない無難な回答だった。

 

上司からの質問は、

お客様がいる場面で、

雑談になり、

「キャバ嬢って可愛いか?」

という、実にくだらない振りだった。(会話参加者は皆男)

 

私の回答は、「綺麗だし可愛い子もいると思います」

 

知的ぶった、

実にくだらない回答だ。 

 

 

では、

ぶっ飛んだ、回答は適切だったのか。

 

Japan Hostess

 

 

■パターン1

 

「可愛いじゃないですか!大好きですキャバ嬢!」

 

これなら、どうだろうか。

キャラ的には許される範囲だし、

キャバクラに連れて行ってくれたのだろうか。

 

だったら、恥を忍んでそう言えばよかった。

 

 

 

■パターン2

 

「キャバクラなんて言ったことないんでわからないですぅ」

 

これならどうだろうか。

 

連れて行ってくれるなら、

こう言いたいな。

 

ただこれは嘘になる。

 

相手の印象にも残らないだろう。

それこそ、キャバクラにも行ったことない面白くないやつだという烙印を押されそうだ。

 

■パターン3

 

「キャバクラの女性など興味ないでごわす」

 

硬派を気取るのはどうだろう?

これは、私のキャラではない。

 

却下だ。

 

[CEA] Serious Business Talks

 

■結論

 

無難な答えか、大好きアピールの二択だ。

大好きアピールするためには、

必ず経験談が必要なのである程度話せる準備も必要だし、

今後イジられる覚悟も必要。

さらに、理解してくれる相手でないと通用しないし、引かれる。

 

つまり、ハイリスクローリターン。

 

 

一方で、

無難な答えはミドルリスクノーリターンだ。

印象にも残らない上、深堀もされない。

 

ただ、面白いとは思われない。

これはこれできついかもしれない。

 

営業マンとして名前やキャラを売っていくには、インパクトやある程度の勝負は必要になってくる。

 

とっさの判断で、

私にはまだその心構えが足りなかったのかもしれない。